Top > Search of Japanese Patents > BACTERIAL DISEASE CONTROL AGENT AND CONTROL METHOD FOR GRAMINEOUS PLANT, AND SEED COATED WITH CONTROL AGENT

BACTERIAL DISEASE CONTROL AGENT AND CONTROL METHOD FOR GRAMINEOUS PLANT, AND SEED COATED WITH CONTROL AGENT

Patent code P150011901
File No. J166
Posted date Apr 20, 2015
Application number P2013-192200
Publication number P2015-059090A
Patent number P6191052
Date of filing Sep 17, 2013
Date of publication of application Mar 30, 2015
Date of registration Aug 18, 2017
Inventor
  • (In Japanese)篠原 弘亮
  • (In Japanese)根岸 寛光
  • (In Japanese)對馬 誠也
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京農業大学
Title BACTERIAL DISEASE CONTROL AGENT AND CONTROL METHOD FOR GRAMINEOUS PLANT, AND SEED COATED WITH CONTROL AGENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technique relating to a microorganism control agent with less environmental load, which is effective for controlling a bacterial disease such as a rice seedling wilt bacteria disease, a rice-in-husk wilt bacteria disease (a seedling putrefactive disease), and a rice-in-husk wilt bacteria disease (a rice-in-husk wilt disease) arising in a raising-seedling period, and an ears-forming period of a gramineous plant.
SOLUTION: A bacterial disease control agent includes at least one species selected from the group consisting of a culture liquid, a culture supernatant, and bacterial cells of nonpathogenic Pantoea ananatis bacteria for controlling a bacterial disease of a gramineous plant of at least one species selected from the group consisting of a rice seedling wilt bacteria disease, a rice-in-husk wilt bacteria disease (a seedling putrefactive disease), and a rice-in-husk wilt bacteria disease (a rice-in-husk wilt disease). A control method of a bacterial disease of a gramineous plant includes a control treatment step of attaching the bacterial disease control agent to seeds or ears. Also provided are seeds of a gramineous plant coated with the bacterial disease control agent.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近代農業では、効率的に食糧を確保するため、いわゆる化学農薬を中心とした病害虫防除技術が発達してきた。しかしながら、化学農薬を長年にわたり過度に使用した結果、生態系の乱れ、残留農薬による食品の安全性、化学農薬を使用する農業者の健康被害、などの問題がクローズアップされ、安心・安全という観点から、毒性や残留性の低い農薬への転換が求められ、そこからさらに減農薬、無農薬への取り組みが求められつつある。

こうした流れの中、農薬の使用等による環境負荷の軽減に配慮した環境保全型農業に適合した病害虫防除技術(例えば微生物防除剤)が注目されている。「微生物防除剤」とは、自然界に生息する「病原菌から植物を守る微生物」や「害虫から植物を守る微生物」を活用して作物を病害虫などの被害から守る製剤のことであり、作物、人間や環境に対する負荷が少なく、食の安全・安心確保に大きく貢献するものと期待されている。

このような背景から、本発明者らは、微生物による病害虫の防除技術として、ハーバスピリラム(Herbaspirillum)属細菌を用いたイネ科植物の細菌病害の防除に有効な細菌病防除剤などに関する技術を開示した(特許文献1)。

一方、パントエア アナナティス(Pantoea ananatis)細菌(旧名称:エルビニア アナナス(Erwinia ananas))を用いたイネ内穎褐変病の防除に関する技術が知られている(特許文献2)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、パントエア アナナティス細菌を用いたイネ科植物の細菌病害の防除に有効な細菌病防除剤およびイネ科植物の細菌病害の防除方法並びに該防除剤をコートしたイネ科植物の種子に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
非病原性パントエア アナナティス(Pantoea ananatis)細菌の培養液、培養上清液又は菌体懸濁液からなる群から選択される少なくとも1種を含む、イネ苗立枯細菌病を防除するための細菌病防除剤であって、
前記パントエア アナナティス(Pantoea ananatis)細菌が、パントエア アナナティス(Pantoea ananatis)R31株(寄託番号:MAFF311647)又はR32株(寄託番号:MAFF311648)である、イネ苗立枯細菌病を防除するための細菌病防除剤

【請求項2】
 
請求項1に記載の細菌病防除剤をイネ科植物の種子に付着させる防除処理工程を有するイネ苗立枯細菌病の防除方法。

【請求項3】
 
前記防除処理工程が、前記細菌病防除剤に前記種子を浸漬する工程である、請求項2に記載のイネ苗立枯細菌病の防除方法。

【請求項4】
 
前記種子浸漬工程における浸漬処理温度が、10~30℃である、請求項3に記載のイネ苗立枯細菌病の防除方法。

【請求項5】
 
請求項1に記載の細菌病防除剤をイネ科植物の種子にコートした種子。

【請求項6】
 
請求項1に記載の細菌病防除剤を含む液にイネ科植物の種子を浸漬処理することによって該細菌病防除剤を該種子にコートした種子。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013192200thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close