Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR MANUFACTURING CYLINDRICAL FOLDING STRUCTURE, DEVICE FOR MANUFACTURING CYLINDRICAL FOLDING STRUCTURE, AND CYLINDRICAL FOLDING STRUCTURE

METHOD FOR MANUFACTURING CYLINDRICAL FOLDING STRUCTURE, DEVICE FOR MANUFACTURING CYLINDRICAL FOLDING STRUCTURE, AND CYLINDRICAL FOLDING STRUCTURE meetings

Patent code P150011916
File No. S2013-1247-N0
Posted date Apr 20, 2015
Application number P2013-164614
Publication number P2015-033772A
Patent number P6256867
Date of filing Aug 7, 2013
Date of publication of application Feb 19, 2015
Date of registration Dec 15, 2017
Inventor
  • (In Japanese)萩原 一郎
  • (In Japanese)石田 祥子
  • (In Japanese)野島 武敏
Applicant
  • (In Japanese)学校法人明治大学
Title METHOD FOR MANUFACTURING CYLINDRICAL FOLDING STRUCTURE, DEVICE FOR MANUFACTURING CYLINDRICAL FOLDING STRUCTURE, AND CYLINDRICAL FOLDING STRUCTURE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To avoid complication of designs of products of various kinds using a cylindrical folding structure which becomes a curved cylindrical body.
SOLUTION: A cylindrical structure, in which a flat surface development part 101 is virtually expressed in a three-dimensional space, is divided into plural cylindrical members in a direction orthogonal to an axial direction, the divided cylindrical member is developed on a two-dimensional plane, a two-dimensional development plan, which includes at least one a strip development plan corresponding to the developed cylindrical member, is produced, and a polygonal line development plan production part 103 produces a polygonal line development plan provided with a polygonal line on the strip development plan in such a manner that the polygonal line development plan becomes bilateral symmetry with respect to a center axis passing a center in an axial direction width of the cylindrical member.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来より、外形が小さくなる折り畳み状態と、外形が大きくなる展開状態との間で変形するように折り畳み/展開可能な折り畳み構造物として、折り線に囲まれた各パーツを重ね合せるように折り畳むことが可能な筒状(円筒状、角筒状、円錐状及び角錐状)折り畳み構造物が知られている(例えば特許文献1参照)。

また、従来の筒状折り畳み構造物には、展開した状態で軸線が湾曲する筒形状(トーラス形状)となる構造物が知られている(例えば非特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、筒状折り畳み構造物の製造方法、筒状折り畳み構造物の製造装置、及び、筒状折り畳み構造物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
平面展開部が、
3次元空間に仮想的に表現される筒状構造物を軸方向と直交する方向で複数の筒状部材に分割して、分割した前記筒状部材を2次元平面に展開し、展開された前記筒状部材に対応する帯板展開図を少なくとも1つ含む2次元展開図を作成し、
折線作成部が、
前記平面展開部が分割した前記筒状部材の軸方向の幅と同じ長さの幅を有する複数の対称帯板図形を含み、予め決められた角度で対称軸に交わる折線が前記対称帯板図形内に設けられた2次元折線図を作成し、
折線展開図作成部が、
前記平面展開部により作成された前記2次元展開図と、前記折線作成部により作成された前記2次元折線図とに基づいて、前記筒状部材の軸方向の幅における中心を通過する中心軸に対して左右対称となるように、前記帯板展開図に折線を設けた折線展開図を作成する
ことを特徴とする筒状折り畳み構造物の製造方法。

【請求項2】
 
前記折線展開図作成部が、
前記筒状部材を展開した前記帯板展開図の外縁と前記折線とが交わる点を連結した接続線を描画して前記折線展開図を作成することを特徴とする請求項1に記載の筒状折り畳み構造物の製造方法。

【請求項3】
 
前記折線展開図作成部は、
前記接続線によって囲まれた領域を接合部と決定することを特徴とする請求項2に記載の筒状折り畳み構造物の製造方法。

【請求項4】
 
前記折線展開図作成部は、
前記折線展開図に基づき作成された前記筒状折り畳み構造物において、前記接合部が平面状態となるような折線を前記接合部に設けることを特徴とする請求項3に記載の筒状折り畳み構造物の製造方法。

【請求項5】
 
前記折線展開図作成部が、
前記対称帯板図形の前記対称軸と前記筒状部材の前記中心軸とを一致させた状態で前記帯板展開図と前記対称帯板図形を重ねて、前記筒状部材を展開した前記帯板展開図の外縁と前記折線とが交わる点を連結した前記接続線を描画することを特徴とする請求項2から4のうちいずれか一項に記載の筒状折り畳み構造物の製造方法。

【請求項6】
 
前記折線展開図作成部は、
前記帯板展開図の外縁を等角写像変換して湾曲した湾曲帯板展開図を作成するとともに、前記対称帯板図形を等角写像変換して湾曲した湾曲帯板図形を作成し、前記湾曲帯板展開図と前記湾曲帯板図形を重ねて、前記湾曲帯板展開図の外縁と前記湾曲帯板図形の折線とが交わる点を連結した前記接続線を描画することを特徴とする請求項5に記載の筒状折り畳み構造物の製造方法。

【請求項7】
 
前記折線展開図作成部は、
前記中心軸上に設けられる谷折り節点に接続される谷折り線と、前記中心軸上に前記谷折り節点と交互に設けられる山折り節点に接続される山折り線とを前記折線展開図に設けるともに、前記谷折り線節点に接続される前記谷折り線の数よりも2つ少ない山折り線を前記谷折り節点に接続させ、前記山折り線節点に接続される前記山折り線の数よりも2つ少ない谷折り線を前記山折り節点に接続させることを特徴とする請求項1から4のうちいずれか一項に記載の筒状折り畳み構造物の製造方法。

【請求項8】
 
前記平面展開部は、
前記軸方向と直交する方向に異なる長さで前記複数の筒状部材に分割して、分割した前記筒状部材を2次元平面に展開し、展開された前記筒状部材に対応する帯板展開図を少なくとも1つ含む2次元展開図を作成することを特徴とする請求項1から7のうちいずれか一項に記載の筒状折り畳み構造物の製造方法。

【請求項9】
 
前記折線展開図作成部は、
前記筒状構造物が一定曲率で湾曲している場合、前記中心軸に対して左右対称となるように前記帯板展開図に折線を設けた帯板折線図を複製して、複数の前記帯板折線図を連結させることにより、前記折線展開図を作成することを特徴とする請求項1から7のうちいずれか一項に記載の筒状折り畳み構造物の製造方法。

【請求項10】
 
請求項1から8のうちいずれか一項に記載の筒状折り畳み構造物の製造方法によって作成された前記折線展開図に基づき製造されたことを特徴とする湾曲した筒状折り畳み構造物。

【請求項11】
 
3次元空間に仮想的に表現される筒状構造物を軸方向と直交する方向で複数の筒状部材に分割して、分割した前記筒状部材を2次元平面に展開し、展開された前記筒状部材に対応する帯板展開図を少なくとも1つ含む2次元展開図を作成する平面展開部と、
前記平面展開部が分割した前記筒状部材の軸方向の幅と同じ長さの幅を有する複数の対称帯板図形を含み、予め決められた角度で対称軸に交わる折線が前記対称帯板図形内に設けられた2次元折線図を作成する折線作成部と、
前記平面展開部により作成された前記2次元展開図と、前記折線作成部により作成された前記2次元折線図とに基づいて、前記筒状部材の軸方向の幅における中心を通過する中心軸に対して左右対称となるように、前記帯板展開図に折線を設けた折線展開図を作成する折線展開図作成部と、
を備えることを特徴とする筒状折り畳み構造物の製造装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013164614thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close