Top > Search of Japanese Patents > PHOTOCATALYST, COATING AND STERILIZATION DEVICE

PHOTOCATALYST, COATING AND STERILIZATION DEVICE meetings

Patent code P150011938
File No. S2014-1571-N0
Posted date Apr 27, 2015
Application number P2014-189980
Publication number P2016-059878A
Patent number P6510782
Date of filing Sep 18, 2014
Date of publication of application Apr 25, 2016
Date of registration Apr 12, 2019
Inventor
  • (In Japanese)楊 英男
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人筑波大学
Title PHOTOCATALYST, COATING AND STERILIZATION DEVICE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a titanium dioxide-based photocatalyst showing oxidation-reduction action by visible light, a coating prepared with the photocatalyst, and a sterilization device comprising the coating.
SOLUTION: A photocatalyst according to the present invention comprises titanium dioxide nanoparticles comprising metal silver and silver phosphate.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、二酸化チタン(TiO2)の光触媒作用は、水および空気浄化の分野で非常に注目されている(例えば、非特許文献1、2参照)。しかしながら、例えば、電子・ホールペアの組換が速い、可視光により酸化還元反応(光触媒反応)を示さない、二酸化チタンナノ粒子の分離に非常に手間が掛かる等の問題が、二酸化チタンの実用化を阻害している(例えば、非特許文献3~5参照)。特に、従来の二酸化チタン系の光触媒は、紫外光の照射により酸化還元反応を示すものの、可視光の照射では酸化還元反応を示さないため、太陽光のみでは十分な光触媒活性を示さなかった。それゆえに、従来の光触媒を用いるには、光触媒に紫外光を照射するための光源が必要であるという問題があった。従って、これらの問題を解決するための新しい光触媒の開発が望まれていた。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、光触媒、これを用いた塗膜、および、これを備えた殺菌デバイスに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
金属銀と、リン酸銀とを含む二酸化チタンナノ粒子からなり、
銀(Ag)とチタン(Ti)とのモル比であるAg/Tiが1/10~1/5であることを特徴とする光触媒。

【請求項2】
 
前記金属銀および前記リン酸銀に由来する銀イオンが、前記二酸化チタンの結晶子構造の中に均一に分布していることを特徴とする請求項1に記載の光触媒。

【請求項3】
 
請求項1または2に記載の光触媒を用いて形成されたことを特徴とする塗膜。

【請求項4】
 
前記塗膜は、2層以上4層以下であることを特徴とする請求項3に記載の塗膜。

【請求項5】
 
請求項3または4に記載の塗膜を備えたことを特徴とする殺菌デバイス。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close