Top > Search of Japanese Patents > WIND TURBINE

WIND TURBINE meetings

Patent code P150011975
Posted date May 11, 2015
Application number P2013-009436
Publication number P2014-141901A
Patent number P6034205
Date of filing Jan 22, 2013
Date of publication of application Aug 7, 2014
Date of registration Nov 4, 2016
Inventor
  • (In Japanese)島田 邦雄
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福島大学
Title WIND TURBINE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a wind turbine which can enhance rotation efficiency not only in a low wind speed region but also in a high wind speed region.
SOLUTION: A wind turbine comprises a rotating shaft 2 and a plurality of blades 3 in each of which one end is a fixed end 31 fixed to the rotating shaft 2 and the another end is a free end. Each blade 3 is inclined so as to be positioned at the downstream side in a flow direction of a gas as progressing toward the outside of the rotating shaft 2 in the radial direction from the fixed end 31. The free end is formed so as to be bent while progressing toward the outside of the rotating shaft in the radial direction. Furthermore, each blade 3 has an elevation angle. In the wind turbine, the rotating shaft 2 rotates by the fact that the blades 3 receive gas flowing in the direction of the rotating shaft. Each blade 3 is structured so as to elastically deformable. By this construction, when the rotating shaft 2 rotates, the blades 3 are elastically deformed so as to erect by receiving a centrifugal force.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

特許文献1には従来の風車が開示されている。この特許文献1記載の風車は、回転軸と、この回転軸の周囲に固定された複数のブレードとを備えており、いわゆるプロペラ型の風車を構成する。

プロペラのブレードは、回転軸に対して略直交するように回転軸の径方向に長く形成されている。各ブレードは、回転軸の径方向の内側の端部が回転軸の周囲に固定されており、径方向の外側の端部が自由端となっている。このブレードは、気体の流れに対して迎角を有している。この迎角は、固定端から自由端にかけて、螺旋状に捩じられることで形成されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、風車に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
回転軸と、
一端が前記回転軸に固定された固定端部であると共に他端が自由端部である複数のブレードとを備え、
前記各ブレードは、前記固定端部から前記回転軸の径方向の外側に向かうほど気体の流れ方向の下流側に位置するように傾斜し、前記自由端部が前記回転軸の径方向の外側に向かって折曲形成され、且つ当該ブレードは迎角を有するものであり、
前記回転軸方向に流れる気体を前記ブレードで受けることで前記回転軸が回転する風車であって、
前記各ブレードは、弾性変形可能に構成されており、これにより前記回転軸が回転すると、遠心力を受けて起立するように弾性変形するものである
ことを特徴とする風車。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013009436thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close