Top > Search of Japanese Patents > COMPOUND, METHOD FOR PRODUCING COMPOUND, CROSSLINKING AGENT FOR POLYMER USING THE COMPOUND AND METHOD THEREFOR

COMPOUND, METHOD FOR PRODUCING COMPOUND, CROSSLINKING AGENT FOR POLYMER USING THE COMPOUND AND METHOD THEREFOR UPDATE_EN commons

Patent code P150011988
File No. P2013-225420
Posted date May 29, 2015
Application number P2013-225420
Publication number P2015-086163A
Patent number P6201173
Date of filing Oct 30, 2013
Date of publication of application May 7, 2015
Date of registration Sep 8, 2017
Inventor
  • (In Japanese)赤井 昭二
  • (In Japanese)岩倉 いずみ
  • (In Japanese)織作 恵子
Applicant
  • Kanagawa University
Title COMPOUND, METHOD FOR PRODUCING COMPOUND, CROSSLINKING AGENT FOR POLYMER USING THE COMPOUND AND METHOD THEREFOR UPDATE_EN commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a compound having reactivity equivalent to that of a compound having a plurality of formyl groups (or keto groups) in one molecule and also whose handling is easy, and a method for producing the compound.
SOLUTION: Provided is a cyclic (cage-like) acetal compound represented by the following formula (1)[Ra to Rd respectively independently represent H or an alkyl group]. Also provided is a method for producing a compound represented by the formula (1), obtained by irradiating a solution including a sugar compound in which at least one hydroxyl group is substituted with an aralkyloxy group or the like and primary alcohol with a pulse laser having a central wavelength within the range of 400 to 600 nm.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

周知のように、アルデヒド化合物は各種化学品の合成に広く用いられている。このような例として、特にポリマーの合成を挙げることができる。例えばホルムアルデヒドは、メラミン樹脂の構成単位であるメラミンやフェノール樹脂の構成単位であるフェノール等のように求核性を有するモノマー単位と縮合して化学結合を形成できるので、これらのモノマーを縮合反応によってポリマーとする際は勿論のこと、ポリマーとなった後であっても、ポリマー鎖に含まれるモノマー単位同士を架橋して熱硬化させる際にも用いられる。これらのポリマーにアルデヒド化合物を作用させて得られる熱硬化性は、メラミン樹脂においては焼き付けにより自動車等の表面に強固な保護皮膜を形成させるのに用いられているし、フェノール樹脂においては所望とする形状とされた丈夫な硬化物を得るために用いられている。

近年では、半導体デバイスにおける回路のパターニングのために用いられるポジ型レジストの皮膜形成成分として、比較的分子量の小さなフェノール樹脂であるノボラックが用いられており、こうしたノボラックに所望とする皮膜形成性や残膜特性を付与するためにアルデヒド化合物を用いた架橋が行われている。これらのポジ型レジストでは、より高精細化するパターンの形成に対応するために極めてシビアな特性が要求されており、こうした要求に応えるための手段の一つとして、分子内に二つのホルミル基を有するジアルデヒド類をノボラックの架橋のために用いることが提案されている(例えば、特許文献1を参照)。このように、1分子中に複数の架橋部位(ホルミル基)を有する化合物を架橋剤として用いることも特性付与のための一つの方法といえる。

また、フェノール化合物をアルデヒド化合物で縮合させてオリゴマー化したものが、エポキシ樹脂の分野でも用いられている。この場合、数個のフェノール分子をアルデヒド化合物で縮合させてオリゴマーとし、そこに含まれるフェノール性の水酸基にエピクロルヒドリンを作用させてエポキシ基を導入する。こうして得られたエポキシ樹脂は、周知のように、電子部品における封止材料や、炭素繊維と複合化させて航空機や自動車等の構造材料等として用いられている。これらのエポキシ樹脂においても、様々な要求特性に応えるために、枝分かれ構造等を持つものが種々市販されており、こうした枝分かれ構造を形成させるためにも分子内に複数のホルミル基を有する化合物が必要となる。

ところで、アルデヒド化合物に含まれるホルミル基は比較的高い反応性を有するので、架橋剤等といった低分子の化合物に対して複数のホルミル基を持たせるのは、化学的な安定性という観点から難しい面もある。こうした化合物は、化学合成によって得るのが難しいばかりでなく、安定性に乏しいためにハンドリングが困難な場合も多い。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、新規な化合物、その製造方法、並びに当該化合物を用いたポリマーの架橋剤及び方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記化学式(2)で表される化合物。
【化1】
 
(省略)

【請求項2】
 
下記化学式(6)で表される糖化合物と、メタノールと、を含む溶液に、400nm~600nmのいずれかに中心波長を有するパルスレーザーを照射することを特徴とする、下記化学式(2)で表される化合物の製造方法。
【化2】
 
(省略)
【化3】
 
(省略)
(上記化学式(6)中、Phはフェニル基であり、Bnはベンジル基である。)

【請求項3】
 
請求項1記載の化合物を含むことを特徴とする、アルデヒド化合物によって架橋されるポリマーのための架橋剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close