Top > Search of Japanese Patents > BUCKLING PREVENTION SHEET AND PUNCTURE INSTRUMENT SET

BUCKLING PREVENTION SHEET AND PUNCTURE INSTRUMENT SET

Patent code P150012007
File No. 464
Posted date Jun 1, 2015
Application number P2013-188780
Publication number P2015-054057A
Patent number P6295044
Date of filing Sep 11, 2013
Date of publication of application Mar 23, 2015
Date of registration Feb 23, 2018
Inventor
  • (In Japanese)青柳誠司
  • (In Japanese)鈴木昌人
  • (In Japanese)高橋智一
Applicant
  • (In Japanese)学校法人関西大学
Title BUCKLING PREVENTION SHEET AND PUNCTURE INSTRUMENT SET
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide, as one subject, a buckling prevention sheet capable of suppressing buckling of an extra fine needle, when puncturing an object by using the extra fine needle, and to provide, as another subject, a puncturing instrument set capable of puncturing an object, while suppressing buckling of the extra fine needle.
SOLUTION: A buckling prevention sheet includes a sheet body having a Young's modulus of 0.007 MPa or higher and 20.0 MPa or lower. The sheet body is arranged on the surface to be punctured of an object, when puncturing the object with an extra fine needle, and the extra fine needle penetrates the inner part.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

治療、検査等の目的で、人間、動物の皮膚等の対象物に注射針、穿刺針等の針を穿刺して、体内に薬品を注入したり、体内から血液や組織を採取したりすることが行なわれている。

針を対象物である人間や動物の皮膚に刺す場合には、穿刺に伴う痛み等の刺激を伴う。そこでかかる刺激を低減するために、近年、極細の針を用いることが検討されている。

例えば、特許文献1には、外径が50μmと極めて細く形成された穿刺用の極細針が記載されている。

しかし、かかる極細針は強度が弱いため、穿刺した対象物の表面や内部で折れ曲がる(座屈する)ことがあり、目的の位置まで穿刺できないおそれがあるという問題があった。

また、人間や動物の皮膚等の対象物の内部で極細針が座屈した場合には、人間や動物により強い痛みを与えるおそれがあるという問題があった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、対象物に極細針を穿刺する際に対象物の表面に配置される座屈防止シート、極細針を有する穿刺器具を備える穿刺器具セットに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
対象物に穿刺可能な極細針を有する穿刺器具と、
ヤング率が0.03MPa以上4.5MPa以下であるシート体のみを有し、前記極細針を前記対象物に穿刺する際に、前記対象物の穿刺する表面に前記シート体が配置され、前記極細針が内部を貫通する座屈防止シートと、を備え、
前記シート体の厚みは、0.3mm以上1.0mm以下であり、
前記シート体は、ポリジメチルシロキサンを含み、
前記極細針は、30μm以上120μm以下の外径を有する、穿刺器具セット。

【請求項2】
 
前記極細針は、タングステン、ステンレス、チタンからなる群から選択される少なくとも一種の金属からなる、請求項1に記載の穿刺器具セット。

【請求項3】
 
前記シート体のヤング率は、0.12MPa以上0.4MPa以下である、請求項1又は2に記載の穿刺器具セット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close