Top > Search of Japanese Patents > CULTIVATION METHOD, SEEDLING RAISING METHOD, ULTRASONIC DISEASE CONTROL DEVICE, DISEASE CONTROL METHOD, PRODUCTION METHOD, AND PLANT BODY OR SEEDLING

CULTIVATION METHOD, SEEDLING RAISING METHOD, ULTRASONIC DISEASE CONTROL DEVICE, DISEASE CONTROL METHOD, PRODUCTION METHOD, AND PLANT BODY OR SEEDLING

Patent code P150012112
Posted date Jul 1, 2015
Application number P2014-034912
Publication number P2014-193150A
Patent number P6482053
Date of filing Feb 26, 2014
Date of publication of application Oct 9, 2014
Date of registration Feb 22, 2019
Priority data
  • P2013-035518 (Feb 26, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)吉田 隆延
  • (In Japanese)水上 智道
  • (In Japanese)有江 力
  • (In Japanese)寺岡 徹
  • (In Japanese)金丸 雄太郎
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
  • (In Japanese)国立大学法人東京農工大学
Title CULTIVATION METHOD, SEEDLING RAISING METHOD, ULTRASONIC DISEASE CONTROL DEVICE, DISEASE CONTROL METHOD, PRODUCTION METHOD, AND PLANT BODY OR SEEDLING
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technique which, by irradiating plants under cultivation with ultrasonic waves, induces disease resistance in the plants to produce plant bodies or seedlings that control or are resistant to disease.
SOLUTION: A tomato wilt disease suppression effect was examined by ultrasonic treatment over the growing period (cultivation period). In the tests, tomatoes were sequentially seeded, nursed, inoculated, and grown in pots filled with sterilized soil, and were continually irradiated with ultrasonic waves during this process. As a result, the wilt disease suppression effect of ultrasonic treatment was seen over the growth period. Specifically, as shown in the result of example 1, a large suppression effect of the incidence of disease was observed, with 0.54 in the ultrasonic treatment area compared to 1.61 for non-treated area. Further, in the VMA combined use area, an incidence of disease is 0.27, confirming an increase in the disease suppression effect.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

植物病害による食料生産の減収は、理想的な収量の15%以上に及ぶと想定されている。現状では植物病害の防除には化学物質特に病原に対する殺菌作用を有する農薬(殺菌剤)が使用されることが一般的である。しかしながら、耐性菌の出現、食料への残留や環境影響等から、化学農薬にたよらない病害防除技術の確立が社会的に求められている。

近年、農業生産現場でも、環境保全に対する関心が高まり、環境への負荷を低減するため、農薬・化学肥料の使用量を極力減少させた栽培技術に取組む生産者が増加している。さらに、有機農業推進法が施行され、環境負荷低減を目指した生産技術に関する研究開発も大学、公立試験機関等で推進しており、化学農薬に依存しない新しい防除技術の開発が望まれている。

そのような技術として各種のものが提案されている。例えば、植物病害虫防除用照明装置において、灰色カビ病、うどんこ病等の糸状菌の胞子形成や菌糸の成長を確実に抑制し、植物に病害抵抗性を確実に誘導して病害発生、植物育成障害を低減し、植物体の花芽形成等への影響を抑え、夜行性害虫の防除を効率的に行う方法がある(例えば特許文献1参照)。また、同様に光を用いた技術として、植物病害防除用照明装置では、光出力の調整を必要としない簡便な構成であり、紫外線照射による植物への葉焼け障害を防ぎつつ植物の病害抵抗性を誘発するのに必要な紫外線照射量を確保し、植物病害を抑制する方法が提案されている(特許文献2参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、植物性の糸状菌対して病害抵抗性を誘導し糸状菌病を防除する糸状菌病防除方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
栽培対象の植物に超音波を照射して糸状菌による病害を防除する糸状菌病防除方法であって、
前記栽培対象はトマトであり、
前記糸状菌による病害はうどんこ病であり、
前記超音波は、周波数20~40kHzであり、パルス幅5ミリ秒を、150ミリ秒のパルス間隔で12回出力したものと30ミリ秒のパルス間隔で10回出力したものとを交互に発生されたものである
ことを特徴とする糸状菌病防除方法。

【請求項2】
 
栽培対象の植物に超音波を照射して糸状菌による病害を防除する糸状菌病防除方法であって、
前記栽培対象はトマトであり、
前記糸状菌による病害は萎凋病であり、
前記超音波は、周波数20~40kHzであり、パルス幅5ミリ秒を、150ミリ秒のパルス間隔で12回出力したものと30ミリ秒のパルス間隔で10回出力したものとを交互に発生されたものである
ことを特徴とする糸状菌病防除方法。

【請求項3】
 
栽培対象の植物に超音波を照射して糸状菌による病害を防除する糸状菌病防除方法であって、
前記栽培対象はキャベツであり、
前記糸状菌による病害は萎黄病であり、
前記超音波は、周波数20~40kHzであり、パルス幅5ミリ秒を、150ミリ秒のパルス間隔で12回出力したものと30ミリ秒のパルス間隔で10回出力したものとを交互に発生されたものである
ことを特徴とする糸状菌病防除方法。

【請求項4】
 
栽培対象の植物に超音波を照射して糸状菌による病害を防除する糸状菌病防除方法であって、
前記栽培対象はイネであり、
前記糸状菌による病害はイネいもち病であり、
前記超音波は、周波数20~40kHzであり、パルス幅5ミリ秒を、150ミリ秒のパルス間隔で12回出力したものと30ミリ秒のパルス間隔で10回出力したものとを交互に発生されたものである
ことを特徴とする糸状菌病防除方法。

【請求項5】
 
前記超音波を照射する期間は、生育期間であることを特徴とする請求項1~4までのいずれかに記載の糸状菌病防除方法。

【請求項6】
 
前記超音波を照射する期間は、育苗期間であることを特徴とする請求項1~5までのいずれかに記載の糸状菌病防除方法。

【請求項7】
 
前記超音波の照射とともに、前記栽培対象の植物に対してプラントアクチベーターによる処理を施すことを特徴とする請求項1~6までのいずれかに記載の糸状菌病防除方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014034912thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close