Top > Search of Japanese Patents > SPRAY COATING FILM OF Ni-BASED INTERMETALLIC COMPOUND ALLOY, SPRAY COATING FILM COATED MEMBER, AND METHOD OF FORMING SPRAY COATING FILM

SPRAY COATING FILM OF Ni-BASED INTERMETALLIC COMPOUND ALLOY, SPRAY COATING FILM COATED MEMBER, AND METHOD OF FORMING SPRAY COATING FILM

Patent code P150012118
Posted date Jul 2, 2015
Application number P2014-170603
Publication number P2015-063752A
Patent number P6447859
Date of filing Aug 25, 2014
Date of publication of application Apr 9, 2015
Date of registration Dec 14, 2018
Priority data
  • P2013-175624 (Aug 27, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)高杉 隆幸
  • (In Japanese)金野 泰幸
  • (In Japanese)沖 幸男
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人大阪府立大学
  • (In Japanese)学校法人近畿大学
Title SPRAY COATING FILM OF Ni-BASED INTERMETALLIC COMPOUND ALLOY, SPRAY COATING FILM COATED MEMBER, AND METHOD OF FORMING SPRAY COATING FILM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a spray coating film which has superior high-temperature strength and hardness characteristics, and superior oxidation resistance.
SOLUTION: A spray coating film is an alloy film formed by subjecting metal powder to spray coating, and characterized in containing an Ni intermetallic compound alloy having an alloy composition of 100 atom% in total including 69-82 atom% Ni. Further, it is preferred that the spray coating film has a lamellar structure comprising an L12 phase and a DO22 phase, a double diploid structure comprising a pro-eutectoid L12 phase and an (L12 phase+DO22 phase) eutectoid structure, a metal structure having an irregular solid solution phase, an L12 single-phase structure, or a metal structure having a second phase dispersed in the L12 phase.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

防錆、防食、耐熱、耐食、耐摩耗、肉盛などの目的で、基材上に溶射皮膜を形成することが知られている(例えば、特許文献1、2参照)。

溶射皮膜は、溶射材料を加熱により溶融又は軟化させ、溶融又は軟化した溶射材料を基材に衝突させることにより形成される。このため、溶射皮膜は、皮膜形成速度が速く、様々な種類の基材上に形成できることなどの利点を有する。また、基材上に溶射皮膜を形成することにより、基材が高温物質や腐食性物質に直接接触することを防止することができ、基材の変質、変形、腐食、摩耗などを防止することができる。

また、溶射皮膜には、その目的に応じて、防錆性、防食性、耐熱性、耐食性、耐摩耗性などが求められる。

一方、高温強度特性や耐酸化性、軽量性に優れたNi基金属間化合物合金が知られている(例えば、特許文献3、4参照)。この合金は主に鋳造により作製されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、Ni基金属間化合物合金の溶射皮膜、溶射皮膜被覆部材および溶射皮膜の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
溶射皮膜と、基材とを備え、
前記溶射皮膜は、前記基材上に金属粉末を溶射することにより形成された合金皮膜であ
前記溶射皮膜は、69~82原子%のNiと、5~13原子%のAlと、9.5~17.5原子%のVとを含む合計100原子%の合金組成を有するNi基金属間化合物合金を含み、
前記Ni基金属間化合物合金は、L12相を有する金属組織を有し、
前記溶射皮膜と前記基材との界面近傍における前記L12相は、前記溶射皮膜の他の部分の前記L12相に比べ微細化されていることを特徴とする溶射皮膜被覆部材。

【請求項2】
 
前記Ni基金属間化合物合金は、L12相とD022相からなるラメラ組織、又は初析L12相と(L12相+D022相)共析組織とからなる2重複相組織を有する請求項1に記載の溶射皮膜被覆部材

【請求項3】
 
前記合金組成は、69~78原子%のNiと、5~13原子%のAlと、9.5~17.5原子%のVと、1~4.5原子%のNbおよび3~6原子%のTaのいずれか一方と、不可避不純物とからなる請求項1又は2に記載の溶射皮膜被覆部材

【請求項4】
 
前記Ni基金属間化合物合金は、前記Ni基金属間化合物合金中の前記合金組成の金属の総重量に対して5~500重量ppmのBを含む請求項1~3のいずれか1つに記載の溶射皮膜被覆部材

【請求項5】
 
69~82原子%のNiと5~13原子%のAlと9.5~17.5原子%のVとを含む合計100原子%の組成を有する金属粉末を基材に溶射し、前記基材の表面上に合金皮膜を形成する工程と、
溶射により形成された前記合金皮膜を前記基材と共に800℃以上1350℃以下の温度で熱処理する工程とを含む溶射皮膜の製造方法。

【請求項6】
 
前記合金皮膜を形成する工程は、プラズマ溶射により前記合金皮膜を形成する工程である請求項5に記載の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014170603thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close