Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING MICRO-CAPSULES OR BEADS

METHOD FOR PRODUCING MICRO-CAPSULES OR BEADS

Patent code P150012122
File No. 4758,S2015-0064-N0
Posted date Jul 2, 2015
Application number P2014-220430
Publication number P2016-087479A
Date of filing Oct 29, 2014
Date of publication of application May 23, 2016
Inventor
  • (In Japanese)武井 孝行
  • (In Japanese)吉田 昌弘
  • (In Japanese)寺園 圭太
  • (In Japanese)中西 和樹
  • (In Japanese)金森 主祥
  • (In Japanese)早瀬 元
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title METHOD FOR PRODUCING MICRO-CAPSULES OR BEADS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing a capsule having high inclusion efficiency and high versatility.
SOLUTION: This invention relates to a method for producing micro-capsules or beads characterized by disposing monomer droplets or polymer droplets in which inclusion materials are dispersed or dissolved on a water- and oil-repellent or water-repellent flat plate material. This invention also relates to micro-capsules or beads produced by the method.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

農業、工業、医療の各分野において、農薬、接着剤、インク、蓄熱材、医薬品等を内包した直径数cmから数μmの微小カプセル又はビーズが、ハンドリング性の向上、内包物質の外部環境からの保護及び内包物質の放出速度の制御を可能にするために用いられている。

内包物質をカプセル等に内包する方法として、界面重合法、その場重合法、液中乾燥法等が知られている。界面重合法では、疎水性モノマーと親水性モノマーを用いて、それらを油水界面で重合反応をさせて粒子を形成させる。また、その場重合法では、内包物質及び壁材としてのモノマーを含む溶液を撹拌により別の液体中に分散させ、液滴状にした後に、モノマーを重合させて内包物質をカプセルに内包する(例えば、特許文献1、2)。また、液中乾燥法では、内包物質が分散又は溶解した溶液を、水又は油の媒体中に分散し、その後、加熱又は減圧によって、ポリマー等の壁材が溶解している溶媒を除去して壁材を形成する(例えば、特許文献3)。しかし、界面重合法では、モノマーの組み合わせが制限される。また、その場重合法や液中乾燥法では、撹拌による応力負荷や各物質同士の親和性により、カプセル壁材を含む液滴が固化してカプセル壁が形成する前に、内包物質が他方の液体中に漏洩してしまうため、内包物質の内包効率は、多くの場合、40%未満にとどまる。

また、内包効率が高いカプセルの製造方法として、スプレードライ法が知られているが、この方法では、得られるカプセルは、直径が数十μm以下のものに限られ、さらに、揮発性物質の内包効率は低い。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は微小カプセル又はビーズの製造方法及び該方法で製造された微小カプセル又はビーズに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
内包物質が分散又は溶解したモノマー液滴又はポリマー液滴を撥水撥油性又は撥水性の平板材料上に配置することを特徴とする微小カプセル又はビーズの製造方法。

【請求項2】
 
内包物質が分散又は溶解したモノマー液滴を平板材料上で重合することを含む微小カプセル又はビーズの製造方法であって、モノマーが疎水性モノマーであり、平板材料が撥水撥油性材料であるか、又は、モノマーが親水性モノマーであり、平板材料が撥水性材料である、請求項1の微小カプセル又はビーズの製造方法。

【請求項3】
 
モノマーが疎水性モノマーであり、平板材料が撥水撥油性材料である請求項2の微小カプセル又はビーズの製造方法。

【請求項4】
 
重合が熱重合又は光重合である請求項2又は3の微小カプセル又はビーズの製造方法。

【請求項5】
 
撥水撥油性の平板材料が、ポリシロキサン構造及びパーフルオロアルキル構造を有するエアロゲル又はキセロゲルのシリコーン製モノリス体である請求項1~4のいずれか1項の微小カプセル又はビーズの製造方法。

【請求項6】
 
疎水性モノマーが(メタ)アクリレート、スチレン系モノマー及びジビニルベンゼンから選ばれる少なくとも1種である請求項2~5のいずれか1項の微小カプセル又はビーズの製造方法。

【請求項7】
 
請求項1~6のいずれか1項の方法で製造された微小カプセル又はビーズ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close