Top > Search of Japanese Patents > EVALUATION VALUE CALCULATION PROGRAM, EVALUATION VALUE CALCULATION METHOD, AND INFORMATION PROCESSING DEVICE

EVALUATION VALUE CALCULATION PROGRAM, EVALUATION VALUE CALCULATION METHOD, AND INFORMATION PROCESSING DEVICE UPDATE_EN

Patent code P150012124
File No. S2015-0066-N0
Posted date Jul 2, 2015
Application number P2014-216756
Publication number P2016-083063A
Date of filing Oct 23, 2014
Date of publication of application May 19, 2016
Inventor
  • (In Japanese)山際 伸一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人筑波大学
Title EVALUATION VALUE CALCULATION PROGRAM, EVALUATION VALUE CALCULATION METHOD, AND INFORMATION PROCESSING DEVICE UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To digitize the skills of athletic ability.
SOLUTION: An evaluation value calculation program makes a computer execute a step for storing first acceleration data showing the acceleration of a slider in a shoulder width direction obtained when the slider sliding by using an exercise device performs at least one right and left turn, and a step for calculating an evaluation value showing the skills of the slider's turn by using the first acceleration data.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

スキーなどの運動を行う人間の動きを、加速度センサなどの小型センサにより計測し、人間の各種の運動情報を定量化する装置がある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、評価値算出プログラム、評価値算出方法、情報処理装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
コンピュータに、
運動器具を用いて滑走する滑走者が少なくとも1回の左右のターンを行うことで得られた前記滑走者の肩幅方向の加速度を示す第1加速度データを記憶するステップと、
前記第1加速度データを用いて前記滑走者のターンの巧拙を示す評価値を算出するステップと、
を実行させる評価値算出プログラム。

【請求項2】
 
前記コンピュータに、前記評価値を算出するステップにおいて、前記第1加速度データに基づき、前記ターンのテンポの評価値を算出させる
請求項1に記載の評価値算出プログラム。

【請求項3】
 
前記第1加速度データは、前記滑走者が所定テンポの音を聞きながら左右のターンを行ったときの肩幅方向の加速度を示し、
前記コンピュータに、前記評価値を算出するステップにおいて、前記第1加速度データに基づいて、前記ターンの1ターンの時間の長さの逆数の前記所定テンポに対する分散を算出させ、前記分散の大きさに応じた前記ターンのテンポの評価値を算出させる
請求項2に記載の評価値算出プログラム。

【請求項4】
 
前記コンピュータに、
前記記憶するステップにおいて、前記ターンを行うことで得られた前記滑走者の身体軸方向の加速度を示す前記第2加速度データをさらに記憶させ、
前記評価値を算出するステップにおいて、前記第1加速度データ及び前記第2加速度データに基づき、前記ターンの対称性の評価値を算出させる
請求項1から3のいずれか1つに記載の評価値算出プログラム。

【請求項5】
 
前記コンピュータに、前記評価値を算出するステップにおいて、前記第1加速度データ及び前記第2加速度データを前記第1加速度データ及び前記第2加速度データを前記ターンの右ターンの加速度データと左ターンの加速度データとに分類して前記右ターンの特徴を示す右ターン特徴値及び前記左ターンの特徴を示す左ターン特徴値を算出させ、前記右ターン特徴値と前記左ターン特徴値との類似性に応じた前記ターンの対称性の第1評価値を算出させる
請求項4に記載の評価値算出プログラム。

【請求項6】
 
前記コンピュータに、前記評価値を算出するステップにおいて、前記第1加速度データ及び前記第2加速度データを前記第1加速度データ及び前記第2加速度データを前記ターンの右ターンの加速度データと左ターンの加速度データとに分類して前記右ターンを行っている時間及び前記左ターンを行っている時間を算出させ、前記右ターンを行っている時間と前記左ターンを行っている時間との類似性に応じた前記ターンの対称性の第2評価値を算出させる
請求項4または5に記載の評価値算出プログラム。

【請求項7】
 
前記コンピュータに、前記評価値を算出するステップにおいて、前記第1加速度データに基づき前記ターンのダイナミックさの評価値を算出させる
請求項1から6のいずれか1項に記載の評価値算出プログラム。

【請求項8】
 
前記コンピュータに、前記評価値を算出するステップにおいて、前記第1加速度データに基づいて、前記ターンの右ターンの加速度の絶対値の最大値および左ターンの加速度の最大値の絶対値を算出させ、前記右ターンの加速度の絶対値の最大値及び左ターンの加速
度の最大値の絶対値の大きさに応じた前記ターンのダイナミックさの評価値を算出させる請求項7に記載の評価値算出プログラム。

【請求項9】
 
コンピュータが、
運動器具を用いて滑走する滑走者が少なくとも1回の左右のターンを行うことで得られた肩幅方向の第1加速度データを記憶し、
前記第1加速度データを用いて前記滑走者のターンの巧拙を示す評価値を算出する、
ことを含む滑走者のターン技術の評価値算出方法。

【請求項10】
 
運動器具を用いて滑走する滑走者が少なくとも1回の左右のターンを行うことで得られた肩幅方向の第1加速度データを記憶する記憶装置と、
前記第1加速度データを用いて前記滑走者のターンの巧拙を示す評価値を算出するプロセッサと、
を備える情報処理装置。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014216756thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close