Top > Search of Japanese Patents > BLASTOCYST AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

BLASTOCYST AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME commons

Patent code P150012166
Posted date Jul 31, 2015
Application number P2015-055960
Publication number P2016-174553A
Date of filing Mar 19, 2015
Date of publication of application Oct 6, 2016
Inventor
  • (In Japanese)吉川 史隆
  • (In Japanese)岩瀬 明
  • (In Japanese)堀 勝
  • (In Japanese)水野 正明
  • (In Japanese)田中 宏昌
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋大学
Title BLASTOCYST AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a human blastocyst for growing a blastocyst with a high density of inner cell mass (ICM) and a method for producing the same.
SOLUTION: A method for producing a human blastocyst comprises a plasma irradiation step that irradiates culture medium with nonequilibrium atmospheric pressure plasma, and a fertilized egg culture step that cultures a fertilized egg in the culture medium irradiated with nonequilibrium atmospheric pressure plasma.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

体外受精技術は、家畜の品種改良やヒトの不妊治療に応用されている。体外受精においては、例えば、次のような手順を実施する。まず、生体外で卵子と精子とを受精させて受精卵を生産する。次に、その受精卵を胚盤胞の段階まで培養する。そして、その胚盤胞を子宮に移植する。

特許文献1には、受精卵を培養する培養装置および培養方法について開示されている。この培養装置は、チャネルを有する。そして、チャネルの内部に受精卵と培養液とを充填する。そして、そのチャネルの姿勢を変更したり、チャネルを介して受精卵に物理的刺激を与える(特許文献1の段落[0032]-[0039]等参照)。これにより、受精卵の培養環境が、より生体に近いものとなる旨が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本明細書の技術分野は、胚盤胞とその生産方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
胚盤胞の生産方法において、
培養液に非平衡大気圧プラズマを照射するプラズマ照射工程と、
非平衡大気圧プラズマを照射した培養液で受精卵を培養する受精卵培養工程と、
を有すること
を特徴とする胚盤胞の生産方法。

【請求項2】
 
請求項1に記載の胚盤胞の生産方法において、
前記非平衡大気圧プラズマのプラズマ密度とプラズマ照射時間との積であるプラズマ密度時間積は、
3×1016sec・cm-3以上3×1018sec・cm-3以下であること
を特徴とする胚盤胞の生産方法。

【請求項3】
 
胚盤胞において、
非平衡大気圧プラズマを照射した培養液で受精卵を培養したものであること
を特徴とする胚盤胞。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015055960thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close