Top > Search of Japanese Patents > PULSE MEASURING APPARATUS, AND SAFETY CONFIRMATION REPORT SYSTEM USING THE SAME

PULSE MEASURING APPARATUS, AND SAFETY CONFIRMATION REPORT SYSTEM USING THE SAME

Patent code P150012180
File No. H24-024
Posted date Aug 5, 2015
Application number P2012-237487
Publication number P2014-087387A
Patent number P6238187
Date of filing Oct 29, 2012
Date of publication of application May 15, 2014
Date of registration Nov 10, 2017
Inventor
  • (In Japanese)田中 幹也
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title PULSE MEASURING APPARATUS, AND SAFETY CONFIRMATION REPORT SYSTEM USING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a pulse measuring apparatus capable of correctly measuring a pulse without influence of user's body movement.
SOLUTION: A pulse measuring apparatus comprises: body-conducted sound detection means for acquiring a pulse signal by detecting an arterial sound or cardiac sound; and data processing means comprising a pulse rate calculation unit for calculating a pulse rate on the basis of the pulse signal acquired by the body-conducted sound detection means.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、脈拍検知を活用して安否確認を行うシステムが知られている(特許文献1参照。)。
特許文献1に記載されたシステムは、脈拍を測定する手段を備える安否確認装置を含み、脈拍の測定結果を活用して利用者の安否確認を行う。

前記脈拍を測定する手段は、赤外線発光ダイオードから出る赤外線を血管に当てて、そこからの吸収量又は反射量の大小をフォトトランジスタで測定して脈拍の検知を行う。そのため、利用者が安静にしていない状態では前記赤外線の光軸がずれて脈波信号にノイズが乗ることとなり、脈拍を正確に測定できない問題がある。

そこで、前記安否確認装置は、利用者の体の動きを測定する手段をさらに備え、利用者の体の動きがある場合には、当該利用者の体の動きの測定結果に基づいて安否を判定し、利用者の体の動きがない場合には、当該利用者の脈拍の測定結果に基づいて安否を判定している。

しかしながら、前記安否確認装置は、脈拍を測定する手段と、利用者の体の動きを測定する手段とを備えるため、装置構成が複雑化する問題がある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、拍計測装置を用いた安否確認通報システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
動脈音又は心音を検知し、脈拍信号を取得する体導音検知手段と、
前記体導音検知手段が取得する脈拍信号に基づいて脈拍数を算出する脈拍数算出部を有するデータ処理手段と、
を備える脈拍計測装置を用いた安否確認通報システムであって、
前記体導音検知手段は、ソフトシリコンで封止されたコンデンサマイクロホンを有する体導音センサであり、
前記データ処理手段は、GPS機能付き端末であり、前記脈拍数算出部で算出した脈拍数に基づいて利用者の安否を判定する安否判定部をさらに有し、
前記データ処理手段は、前記体導音検知手段が取得する脈拍信号を自己相関処理して自己相関データを生成する信号処理部をさらに有し、前記脈拍数算出部は、前記信号処理部で生成される自己相関データに基づいて脈拍数を算出することを特徴とする
前記利用者の位置情報及び安否情報を通信手段により管理者に通知する安否確認通報システム。

【請求項2】
 
前記体導音検知手段が取得する脈拍信号を無線通信手段により前記データ処理手段に送信する請求項1記載の安否確認通報システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012237487thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close