Top > Search of Japanese Patents > MICROPARTICULATED PEROVSKITE FILM AND FUNCTIONAL ELEMENT USING THE SAME

MICROPARTICULATED PEROVSKITE FILM AND FUNCTIONAL ELEMENT USING THE SAME meetings

Patent code P150012195
File No. 2014-085
Posted date Aug 20, 2015
Application number P2015-110392
Publication number P2016-222492A
Patent number P6501303
Date of filing May 29, 2015
Date of publication of application Dec 28, 2016
Date of registration Mar 29, 2019
Inventor
  • (In Japanese)當摩 哲也
  • (In Japanese)モハマド シャヒドゥザマン
  • (In Japanese)山本 晃平
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title MICROPARTICULATED PEROVSKITE FILM AND FUNCTIONAL ELEMENT USING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a perovskite type crystal film for use in a photovoltaic material of a hybrid thin-film solar cell that is microparticulated into a nanolevel and has high functionality.
SOLUTION: The microparticulated perovskite film is produced by coating and drying a solution prepared by dissolving a precursor substance producing a perovskite crystal and an ionic liquid in a solvent. The precursor substance is a mixture of halogenated alkyl amine and a halogenated metal; the ionic liquid is an imidazolium salt; and the solvent is an amide-based solvent. The method for producing a microparticulated perovskite film produces a crystal film having higher functionality with largely changed optical characteristics or the like as compared with the conventional perovskite film while the ionic liquid suppresses the rapid volatilization of the solvent by adding the ionic liquid to the solution having the precursor substance dissolved in the solvent.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

光吸収の機能に有機と無機の材料を組み合わせたハイブリッド型の薄膜太陽電池の分野において、ペロブスカイト型結晶を光発電材料に用いた例が報告されている(非特許文献1)。
この分野において光発電変換効率のさらなる向上や安定した性能、耐久性等の改善が要求されている。

特許文献1には溶液中でナノ粒子を形成するのにイオン液体を用いた例が開示されているが、この技術は溶液中でナノ粒子を形成するためのものであり、結晶膜の形成過程でナノ微粒子化を図ったものではない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明はペロブスカイト型結晶膜に関し、特にナノサイズレベルに微粒子化された結晶膜に係る。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ペロブスカイト型結晶を生成する前駆体物質とイオン液体とを溶媒に溶解した溶液を塗布及び乾燥し、その後にアニーリング処理することで得られる、微粒子化ペロブスカイト膜の製造方法。

【請求項2】
 
前記前駆体物質は、ハロゲン化アルキルアミンとハロゲン化金属との混合物であることを特徴とする請求項1記載の微粒子化ペロブスカイト膜の製造方法。

【請求項3】
 
前記イオン液体は、イミダゾリム塩、ピリジニウム塩、アンモニウム塩、ピロリジニウム塩、ホスホニウム塩、スルホニウム塩のうち、いずれか1つ以上であることを特徴とする請求項1又は2記載の微粒子化ペロブスカイト膜の製造方法。

【請求項4】
 
前記溶媒は、アミド系溶媒、ブチロラクトン、ジメチルスルホキシドのうちいずれかであることを特徴とする請求項1~3のいずれかに記載の微粒子化ペロブスカイト膜の製造方法。

【請求項5】
 
請求項1~4のいずれかに記載の方法で製造された微粒子化ペロブスカイト膜を用いたことを特徴とする機能性素子の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015110392thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close