Top > Search of Japanese Patents > CONTAMINATED SOIL TREATING METHOD

CONTAMINATED SOIL TREATING METHOD

Patent code P150012204
File No. 2014-015
Posted date Aug 20, 2015
Application number P2014-194423
Publication number P2016-064354A
Patent number P6493728
Date of filing Sep 24, 2014
Date of publication of application Apr 28, 2016
Date of registration Mar 15, 2019
Inventor
  • (In Japanese)長谷川 浩
  • (In Japanese)澤井 光
  • (In Japanese)塚越 義則
  • (In Japanese)石渡 寛之
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
  • (In Japanese)西松建設株式会社
Title CONTAMINATED SOIL TREATING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a contaminated soil treating method that is at low cost and has a high reliability.
SOLUTION: The contaminated soil treating method includes a step of washing a contaminated soil with a washing solution in which a chelating agent is added, and a step of bringing the washed contaminated soil into contact with an immobilization-treatment agent, and thereby is characterized, a reduction in the elution amount of harmful metal with respect to an elution amount test, is achieved.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

平成15年の土壌汚染対策法の施行以降、汚染土壌の報告件数が増加傾向にあり、人の健康や生活環境に悪影響を及ぼす汚染土壌の環境修復技術の開発が求められている。
同土壌汚染対策法には有害物質の溶出量基準と含有量基準が定められている。
溶出量基準は、自然環境中で雨水や地下水等の接触により土壌から溶出しうる量を想定したものである。
含有量基準は重金属類を直接摂取したときに胃の中で溶け出すリスクを判定したものである。

特許文献1には、土壌にまず酸化剤を添加し、重金属-有機物複合体の有機物を酸化することにより、この複合体を分解した後に重金属固定化剤を重金属に直接作用させる技術を開示する。
しかし、土壌中の重金属を減らすことなくそのまま土壌中に残存させることは、安定性や安定期間の問題があり不安が残る。
特許文献2には、重金属類で汚染された土壌をグルコン酸アルカリ金属塩からなるキレート剤で洗浄する技術を開示する。
しかし、キレート剤洗浄にて土壌中の有害金属の含有量を減らす効果があり、有用であるものの完全に除去するのは困難である。
本発明者らの実験検討ではキレート剤洗浄にて有害金属の含有量が低減できるものの溶出量試験では土壌中に残存しているキレート剤等の影響により有害金属の溶出量が増大する問題があった。
そこで本発明者らは土壌中の有害金属の含有量を低減し、且つ溶出量試験にて溶出量の低減を図ることを検討した結果、本発明に至った。

Field of industrial application (In Japanese)

人為及び自然由来の有害金属により汚染されている土壌の浄化処理方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
汚染土壌を生分解性キレート剤として、3-ヒドロキシ-2,2’-イミノ二コハク酸(HIDS)を添加した洗浄液で洗浄するステップと、
前記洗浄された汚染土壌を固定化処理剤と接触させるステップとを有することで、溶出量試験に対する有害金属の溶出量の低減を図ったものであり、
前記固定化処理剤はカキ殻であることを特徴とする汚染土壌の処理方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014194423thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close