Top > Search of Japanese Patents > BLOOD PRESSURE MEASUREMENT DEVICE

BLOOD PRESSURE MEASUREMENT DEVICE

Patent code P150012214
File No. N14077
Posted date Aug 24, 2015
Application number P2015-044261
Publication number P2015-231512A
Patent number P6525138
Date of filing Mar 6, 2015
Date of publication of application Dec 24, 2015
Date of registration May 17, 2019
Priority data
  • P2014-100284 (May 14, 2014) JP
Inventor
  • (In Japanese)石澤 広明
  • (In Japanese)児山 祥平
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title BLOOD PRESSURE MEASUREMENT DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a blood pressure measurement device capable of highly accurately detecting the blood pressure using a method for detecting waveform data of a pulse wave using a sensor.
SOLUTION: The blood pressure measurement device includes a sensor 10 for detecting a pulse wave, and a processing part 30 for calculating a blood pressure value of a subject on the basis of waveform data of the pulse wave acquired by the sensor 10. The processing part 30 includes data processing means that estimates a blood pressure value from acquisition data of the pulse wave on the basis of a calibration equation formulated based on correlation between the waveform data of the pulse wave and a measured value of the blood pressure. Further, the processing part includes data analysis means for formulating the calibration equation on the basis of the correlation between the waveform data of the pulse wave and the measured value of the blood pressure.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

血圧は人の健康状態を示す生体情報としてしばしば測定される。本出願人は、非侵襲的方法により連続的に血圧を計測する装置として、被検者の脈波検出位置にファイバブラッググレーティング(FBG)センサを取り付け、複数の測定部位の脈波の時間差から被検者の血圧値を測定する装置を提案した(特許文献1)。
被検者の脈波に基づいて血圧値を検知する方法には、動脈波形に基づいて、一周期の時間、動脈波形が最低値から最大値になるまでの時間等を検出して、最高血圧と最低血圧を検出する方法(特許文献2)、脈波から加速度脈波を算出して、加速度脈波から得られる情報から人体の最高血圧値、最低血圧値を求める方法(特許文献3)等がある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、脈波の波形データに基づいて血圧値を検知する血圧測定装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
脈波を検出するセンサと、
前記センサによって取得された脈波の波形データに基づいて、被検者の血圧値を算出する処理部とを備え、
前記処理部は、脈波の波形データと血圧の実測値との相関関係に基づいて構築された検量式に基づいて、脈波の取得データから血圧値を推定するデータ処理手段と、前記脈波の波形データと、血圧の実測値との相関関係に基づいて検量式を構築するデータ解析手段とを備え、
前記データ解析手段は、
前記脈波の波形データから切り出しした1周期の脈波の波形データについて、波長変位量を規格化する波長変位規格化処理を施す手段と、
波長変位規格化処理を施した波形データと血圧値との相関関係を、波長変位規格化処理を施した波形データを説明変数とし、実測して得られた血圧値を目的変数として回帰分析方法により解析し、その解析結果に基づいて検量式を決定する手段と、
を備えることを特徴とする血圧測定装置。

【請求項2】
 
前記データ解析手段は、
前記脈波の波形データのうち、最も周期が短い脈波の時間幅で取得した脈波の波形データを切り出しする時間幅規格化処理手段を備えることを特徴とする請求項1記載の血圧測定装置。

【請求項3】
 
前記データ解析手段は、回帰分析方法としてPLS回帰分析方法を利用することを特徴とする請求項1または2記載の血圧測定装置。

【請求項4】
 
前記処理部は、被検者の収縮期血圧と拡張期血圧の少なくとも一方を算出することを特徴とする請求項1~3のいずれか一項記載の血圧測定装置、

【請求項5】
 
前記センサとして、ファイバブラッググレーティングセンサを使用し、
該ファイバブラッググレーティングセンサを用いて前記脈波の波形データを検出する光ファイバセンサシステムを備えることを特徴とする請求項1~4のいずれか一項記載の血圧測定装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015044261thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close