Top > Search of Japanese Patents > VISCOELASTICITY VARIABLE DEVICE

VISCOELASTICITY VARIABLE DEVICE meetings

Patent code P150012237
File No. 2013-049
Posted date Sep 1, 2015
Application number P2013-176534
Publication number P2015-045369A
Patent number P6110763
Date of filing Aug 28, 2013
Date of publication of application Mar 12, 2015
Date of registration Mar 17, 2017
Inventor
  • (In Japanese)井上 敏郎
  • (In Japanese)小松崎 俊彦
Applicant
  • (In Japanese)本田技研工業株式会社
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title VISCOELASTICITY VARIABLE DEVICE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To reduce power consumption of a viscoelasticity variable device.
SOLUTION: A viscoelasticity variable device 1 includes magnetic magneto-rheological elastomer 2 in which magnetic particles 12 are dispersed and whose elasticity changes according to an applied magnetic field, a permanent magnet 3 which applies a magnetic field to the magnetic magneto-rheological elastomer, and an electromagnet 4 which applies a magnetic field to the magnetic magneto-rheological elastomer and changes the magnetic field. The electromagnet generates the magnetic field in the same direction of the magnetic field of the permanent magnet or the opposite direction thereof.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

磁場の作用により磁気分極する磁性粒子を粘弾性エラストマの内部に分散させた磁気粘弾性エラストマが公知となっている(例えば、特許文献1)。磁気粘弾性エラストマ中の磁性粒子は、磁場が印加されたときに、分極し、互いに磁気的結合を形成する。これにより、粘弾性エラストマは、内部に磁性粒子が連鎖的に結合した網目構造が形成され、弾性率(剛性)及び粘性率が増大する。磁性粒子の分極及び磁気的結合の程度は、印加される磁場の強さに応じて変化するため、印加する磁場の強さ及び向きを制御することによって磁気粘弾性エラストマの粘弾性を制御することができる。磁場を印加する磁場印加手段としては、発生する磁場の強さ及び向きを変更可能な電磁石が用いられる。粘弾性可変装置は、エネルギーの伝達や吸収、防振のための装置として利用され、例えば自動車のエンジンマウントや、ブッシュ、ダンパ、ショックアブソーバ、クラッチ、荷重センサ等に利用される。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、粘弾性可変装置に関する。粘弾性可変装置は、印加される磁場の強さに応じて弾性率が変化する磁気粘弾性エラストマと、磁気粘弾性エラストマに磁場を印加する磁場印加手段とを有する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
中心軸線を有し、磁性粒子が内部に分散され、印加される磁場の強さに応じて弾性率が変化する磁気粘弾性エラストマと、
その中心軸が前記磁気粘弾性エラストマの前記中心軸線と一致するように設けられ、前記磁気粘弾性エラストマに磁場を印加すると共に、印加する磁場を変化させる電磁石と、
前記磁気粘弾性エラストマに磁場を印加する永久磁石と、
前記永久磁石を、前記電磁石が発生する磁場に応じて前記磁気粘弾性エラストマの前記中心軸線に沿って変位可能に支持する永久磁石支持部材とを有し、
前記電磁石は、その中心軸が前記磁気粘弾性エラストマの前記中心軸線と一致するように配置された環状のコイルを有し、前記永久磁石の磁場と同じ向き、又は前記永久磁石の磁場と反対の向きの磁場を発生し、
前記永久磁石支持部材は、前記永久磁石を前記中心軸線に沿って前記コイルの中心部に対して出没可能に支持することを特徴とする粘弾性可変装置。

【請求項2】
 
前記磁気粘弾性エラストマの側面に沿うように接合され、かつ前記電磁石に接合された磁性体を更に有し、
前記磁性体は、前記永久磁石及び前記電磁石の磁場によって磁化されることを特徴とする請求項1に記載の粘弾性可変装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013176534thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close