Top > Search of Japanese Patents > NEW USE OF RAGE POLYPEPTIDE

NEW USE OF RAGE POLYPEPTIDE

Patent code P150012247
File No. 2005-017
Posted date Sep 1, 2015
Application number P2006-069908
Publication number P2007-244253A
Patent number P4951755
Date of filing Mar 14, 2006
Date of publication of application Sep 27, 2007
Date of registration Mar 23, 2012
Inventor
  • (In Japanese)山本 博
  • (In Japanese)米倉 秀人
  • (In Japanese)渡邉 琢夫
  • (In Japanese)山本 靖彦
  • (In Japanese)原島 愛
  • (In Japanese)唐澤 忠宏
  • (In Japanese)志村 敏史
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title NEW USE OF RAGE POLYPEPTIDE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for screening a therapeutic agent for diseases related to bacteria having flagella; to provide a method for detecting the bacteria having the flagella; to provide a method for collecting the bacteria having the flagella and to provide the therapeutic agent for the diseases related to the bacteria having the flagella.
SOLUTION: A method for evaluating effects of a test substance as the therapeutic agent for the diseases related to the bacteria having the flagella on the basis of actions of the test substance on the bond of an RAGE (receptor for advanced glycation endproducts) polypeptide to the flagella is provided. The method for detecting the bacteria having the flagella comprises bringing the RAGE polypeptide into contact with a test sample and detecting the bacteria bonded to the RAGE polypeptide as the bacteria having the flagella. The method for collecting the bacteria having the flagella in a sample comprises bringing the RAGE polypeptide into contact with the sample and bonding the bacteria having the flagella in the sample to the RAGE polypeptide. The therapeutic agent for the diseases related to the bacteria having the flagella comprises the RAGE polypeptide.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

膜結合型RAGE (Receptor for advanced gylcation endproducts)は、Sternらのグループにより,AGE (advanced gylcation endproducts, 後期糖化反応生成物)の細胞表面特異受容体として分離されその一次構造が決定された(非特許文献1)。膜結合型RAGEは,イムノグロブリンスーパーファミリーに属する1回膜貫通型の受容体で、V,C1,C2の3つのイムノグロブリンドメインからなる細胞外領域と短い細胞内領域とを有する。AGEとはグルコースなどの還元糖とタンパク質のアミノ基との非酵素的な反応、グリケーションによって生ずる構造体の総称であり、糖尿病合併症、動脈硬化、神経変性疾患さらには老化にも関与すると注目されているものである。膜結合型RAGEにAGEが結合すると、活性酸素種の産生を経て転写因子NFκBの活性化を引き起こし、血管障害性の遺伝子群の活性化をおこすと考えられている。

RAGEの分子量は当初35 kDaとされたが、これは精製途中で分解されたものと考えられ、現在では糖鎖修飾を受けたヒトRAGEの完全長は55 kDaであることが分かっている。RAGEは免疫グロブリンスーパーファミリーに属し、細胞外領域に3つの免疫グロブリン様ドメインを持つ。そして最もN末端にある免疫グロブリン可変領域様ドメイン部分の内部にAGEリガンド結合部位がある。近年、RAGEはマルチリガンドレセプターとして認識されるに至り、AGE以外のリガンドとして、アルツハイマー病の脳に蓄積するアルツハイマー・アミロイドタンパク、癌転移との関連および炎症との関連が指摘されているhigh mobility group box 1 (HMGB-1)、免疫系細胞から分泌される炎症メディエーターS100/calgranulinなどが報告され、RAGEが様々な病態に関与している可能性が考えられている。

本発明者らは、RAGEには一つの遺伝子から選択的スプライシングによって作り出される新しい分子種が存在することを見出した。以前から知られている完全長膜結合型RAGEに比べ、新たに見出されたアイソフォームの一つはC端側の膜貫通領域を欠き分泌型となるRAGEである。この分泌型RAGEタンパクは血管内皮培養細胞から実際に分泌され、ヒトの血中や様々な組織にも存在することより、内在性分泌型RAGE(endogenous secretory RAGE, esRAGE)と命名した(特許文献1)。esRAGEはリガンド結合部位を持つため、細胞外でリガンドを捕捉することによりリガンドと細胞表面の膜型RAGEとの結合を阻害する働きを持つと考えられる。

これまでにRAGEポリペプチドの機能に関しては種々の報告がある(非特許文献2および3)。しかしながら、RAGEポリペプチドと細菌の鞭毛との結合に関する報告はなされていない。

【特許文献1】
特開2003-12586号公報
【非特許文献1】
J. Biol. Chem. 267: 14998-15004 (1992)
【非特許文献2】
J. Clin. Invest. 113: 1641-1650 (2004)
【非特許文献3】
J. Clin. Invest. 115: 1267-1274 (2005)

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、鞭毛を有する細菌に関連する疾患に対する治療薬のスクリーニング方法、鞭毛を有する細菌の検出方法、鞭毛を有する細菌の収集方法、および鞭毛を有する細菌に関連する疾患に対する治療剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
Receptor for advanced gylcation endproducts (RAGE) ポリペプチドと、フラジェリン、細菌由来の鞭毛、または鞭毛を有する細菌との結合に対する被検物質の作用に基づいて、該被検物質の、鞭毛を有する細菌に関連する疾患に対する治療薬としての効果を評価する方法。

【請求項2】
 
RAGE ポリペプチドと、フラジェリン、細菌由来の鞭毛、または鞭毛を有する細菌との結合に対する増強的効果に基づいて該被検物質を評価することを特徴とする、請求項1記載の方法。

【請求項3】
 
下記の工程を含む請求項1または2記載の方法:
1) RAGE ポリペプチドと、フラジェリン、細菌由来の鞭毛、または鞭毛を有する細菌と、被検物質とを混合し、該混合物中における、RAGE ポリペプチドと、フラジェリン、細菌由来の鞭毛、または鞭毛を有する細菌との結合量(A)を測定する、
2) RAGE ポリペプチドと、フラジェリン、細菌由来の鞭毛、または鞭毛を有する細菌とを混合し、該混合物中における、RAGE ポリペプチドと、フラジェリン、細菌由来の鞭毛、または鞭毛を有する細菌との結合量(B)を測定する、
3) 結合量(A)と結合量(B)との相違に基づき、該被検物質の、鞭毛を有する細菌に関連する疾患に対する治療薬としての効果を評価する。

【請求項4】
 
被検試料中の、鞭毛を有する細菌を検出する方法であって、
RAGE ポリペプチドと被検試料とを接触させ、RAGE ポリペプチドと結合した細菌を鞭毛を有する細菌として検出する方法。

【請求項5】
 
RAGE ポリペプチドを含有する、鞭毛を有する細菌の検出用試薬。

【請求項6】
 
RAGE ポリペプチドを含有する、鞭毛を有する細菌の検出用キット。

【請求項7】
 
試料中の、鞭毛を有する細菌を収集する方法であって、
RAGE ポリペプチドと試料とを接触させ、該試料中の、鞭毛を有する細菌をRAGE ポリペプチドと結合させる工程を含む方法。

【請求項8】
 
RAGE ポリペプチドを含有する、鞭毛を有する細菌の収集用試薬。

【請求項9】
 
RAGE ポリペプチドを含有する、鞭毛を有する細菌の収集用キット。

【請求項10】
 
RAGE ポリペプチドを含有する、鞭毛を有する細菌に関連する疾患の治療剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close