Top > Search of Japanese Patents > NOVEL COMPOUND AND OXYGEN CONCENTRATION MEASUREMENT REAGENT USING THE SAME

NOVEL COMPOUND AND OXYGEN CONCENTRATION MEASUREMENT REAGENT USING THE SAME meetings

Patent code P150012276
File No. S2013-1410-N0
Posted date Sep 4, 2015
Application number P2013-244186
Publication number P2015-101570A
Patent number P6319874
Date of filing Nov 26, 2013
Date of publication of application Jun 4, 2015
Date of registration Apr 13, 2018
Inventor
  • (In Japanese)吉原 利忠
  • (In Japanese)村山 沙織
  • (In Japanese)飛田 成史
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title NOVEL COMPOUND AND OXYGEN CONCENTRATION MEASUREMENT REAGENT USING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a light emission reagent to quantify the oxygen concentration of micro environment such as a cell from a change in light emission spectrum with high sensitivity in real time.
SOLUTION: This invention provides a compound that comprises a linker, an oxygen concentration responsive phosphorophore comprising a cationic iridium complex that binds to a first end of the linker, and a fluorophore that binds to a second end of the linker. Specifically, the following compound is used to measure oxygen concentration.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

細胞のようなミクロな構造体の特定の部位の酸素濃度を非侵襲的かつ高感度に計測する方法として、発光プローブ法は非常に有効である。一般に発光プローブを用いた酸素濃度計測法は、プローブ分子の発光が酸素分子との衝突によって消光を受けること、すなわち、発光プローブの発光強度が酸素濃度に依存して変化することを利用する。発光強度の変化から酸素濃度を求める方法は、プローブ分子の濃度と励起光強度分布が均一な場合には正確な値を与えるが、細胞内酸素濃度計測のように、プローブ分子の濃度分布が均一でない場合には、濃度の影響を受けてしまい、解析が困難になる。そこで、濃度の影響を受けない方法として、発光寿命の変化を利用する方法が考えられている。しかし、一般に発光寿命の測定にはパルスレーザーのような高価な光源と高度な光計測技術が必要なため、装置が大掛かりになってしまうという欠点を有する。

本発明者は先行技術(特許文献1:WO 2010/044465)として、上記原理に基づいた酸素濃度測定試薬(下記化合物C343-Pro4-BTP)を開発し、溶液中および脂質膜中における酸
素濃度定量を行った。また、C343-Pro4-BTPを用いて培養細胞内の酸素濃度計測を試みた
。しかし、C343-Pro4-BTPは、脂溶性が高すぎるため細胞への移行性が低く、定性的な評
価に止まることが分かった。
【化1】
(省略)

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は新規化合物およびそれを利用した酸素濃度測定試薬に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
リンカーと、該リンカーの第1の端に結合した酸素濃度応答性りん光団と、該リンカーの第2の端に結合した蛍光団とを含む化合物であって、
前記酸素濃度応答性りん光団の三重項準位が、前記蛍光団の三重項準位よりも小さいことを特徴とし、かつ
前記リンカーがアミノ酸残基数4~20のポリプロリン又は以下の構造を有し、
【化1】
 
(省略)
前記酸素濃度応答性りん光団がカチオン性イリジウム錯体を含む基であり、以下の(1)、(2)または(3)の構造を有し、
【化2】
 
(省略)
前記蛍光団が以下のいずれかの基を含む化合物。
【化3】
 
(省略)

【請求項2】
 
下記化合物である、請求項1に記載の化合物。
【化4】
 
(省略)

【請求項3】
 
下記化合物のいずれかである、請求項1に記載の化合物。
【化5】
 
(省略)

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれか一項に記載の化合物を含む酸素濃度測定試薬。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013244186thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close