Top > Search of Japanese Patents > WAVE POWER GENERATION SYSTEM AND WAVE POWER GENERATION PLANT

WAVE POWER GENERATION SYSTEM AND WAVE POWER GENERATION PLANT commons foreign

Patent code P150012279
File No. KP05-108
Posted date Sep 8, 2015
Application number P2006-145760
Publication number P2007-315288A
Patent number P4810662
Date of filing May 25, 2006
Date of publication of application Dec 6, 2007
Date of registration Sep 2, 2011
Inventor
  • (In Japanese)神吉 博
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人神戸大学
Title WAVE POWER GENERATION SYSTEM AND WAVE POWER GENERATION PLANT commons foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a wave power generation system and a wave power generation plant for more efficiently and economically generating electric power at a deep or shallow place than conventional one by devising the way of using gyroscope type wave power generation devices.
SOLUTION: The wave power generation system comprises two gyroscope type wave power generation devices 1a, 1b, a rod material 20 (a supporting structure) on which one end of each of the gyroscope type wave power generation devices 1a, 1b is mounted via each of universal joints 18a, 18b, and a foundation 21 for fixing the rod member 20 at its lower end to a water bottom. Each of the gyroscope type wave power generation devices 1a, 1b is connected at one end to each of the universal joints 18a, 18b so as to be rockable in the vertical direction and in the longitudinal direction relative to the moving direction of waves.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

本発明者は、すでに下記特許文献1、2において、ジャイロ式波力発電装置を開示している。

具体的には、特許文献1、2のものは、浮体と、該浮体に支持されたジャイロと、前記ジャイロのジンバル軸に増速手段を介して接続した発電機とを備え、波浪による浮体の揺動により前記ジャイロのジンバルを回転させ、発電機を駆動して発電を行うようにしたジャイロ式波力発電装置であり、特に特許文献1においては、前記浮体をドーナツ状に形成するとともに、その内筒部内に少なくとも1個の鉛直なジンバル軸を有するジャイロを配設したことを特徴とするジャイロ式波力発電装置である。

【特許文献1】
特開2005-207332号公報
【特許文献2】
国際公開番号WO02/077369号A1

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、波浪のエネルギーを利用して電力を得ることができる波力発電システム及び波力発電プラントに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
浮体と、該浮体に支持されたジャイロと、前記ジャイロのジンバル軸に増速手段を介して接続した発電機とを備え、波浪による浮体の揺動により前記ジャイロのジンバルを回転させ、前記発電機を駆動して発電を行うようにしたジャイロ式波力発電装置を1つ以上有している波力発電システムであって、
海底に一端が固定され、他端が海上にまで延設された支持構造物をさらに備え、
前記ジャイロ式波力発電装置の一端が自在継手を介して前記支持構造物に固定され、前記ジャイロ式波力発電装置が揺動自在になっているとともに、
前記ジャイロ式波力発電装置の揺動と前記ジンバル軸の揺動とが一致するように、前記ジンバル軸が配設されていることを特徴とする波力発電システム。

【請求項2】
 
前記支持構造物の自在継手の上部又は下部に固設された棒部材と、前記棒部材の中央以外の部分と前記ジャイロ式波力発電装置の途中部分との間に架橋される制動部材とを備えていることを特徴とする請求項1記載の波力発電システム。

【請求項3】
 
前記ジャイロ式発電装置に連結された連結部材を前記支持構造物方向に引張って、前記支持構造物に沿って折り畳み固定する折り畳み機構を備えていることを特徴とする請求項1又は2に記載の波力発電システム。

【請求項4】
 
浮体と、該浮体に支持されたジャイロと、前記ジャイロのジンバル軸に増速手段を介して接続した発電機とを備え、波浪による浮体の揺動により前記ジャイロのジンバルを回転させ、発電機を駆動して発電を行うようにしたジャイロ式波力発電装置を1つ以上有している波力発電システムであって、
大型浮体をさらに備え、
前記ジャイロ式波力発電装置の一端が自在継手を介して前記大型浮体に接続され、前記ジャイロ式波力発電装置が揺動自在になっているとともに、
前記ジャイロ式波力発電装置の揺動と前記ジンバル軸の揺動とが一致するように、前記ジンバル軸が配設されていることを特徴とする波力発電システム。

【請求項5】
 
前記大型浮体における前記自在継手から波浪の進行方向の前方側部分又は後方側部分と、前記ジャイロ式波力発電装置の途中部分とに架橋される制動部材を備えていることを特徴とする請求項4記載の波力発電システム。

【請求項6】
 
前記大型浮体が、波浪の進行方向に対して前後に長い棒状浮体であることを特徴とする請求項4又は5に記載の波力発電システム。

【請求項7】
 
前記大型浮体が、
浮体と、該浮体に支持されたジャイロと、前記ジャイロのジンバル軸に増速手段を介して接続した発電機とを備え、波浪による浮体の揺動により前記ジャイロのジンバルを回転させ、発電機を駆動して発電を行うものであり、かつ、
前記浮体をドーナツ状に形成するとともに、その内筒部内に少なくとも1個の鉛直なジンバル軸を有するジャイロを配設した大型ジャイロ式波力発電装置であることを特徴とする請求項4又は5に記載の波力発電システム。

【請求項8】
 
前記ジャイロ式波力発電装置が揺動する際の上下運動の方向が、波浪の進行方向に対して略垂直となっていることを特徴とする請求項1~7のいずれか1項の記載の波力発電システム。

【請求項9】
 
請求項1~8に記載の波力発電システムのうち少なくとも1種以上を複数組み合わせてなることを特徴とする波力発電プラント。

【請求項10】
 
隣り合う前記波力発電システムのそれぞれのジャイロ式波力発電装置が、波浪の進行方向に対して重複しないように且つ密に配設されていることを特徴とする請求項9記載の波力発電プラント。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006145760thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close