Top > Search of Japanese Patents > WAVE POWER GENERATION SYSTEM AND WAVE POWER GENERATION PLANT

WAVE POWER GENERATION SYSTEM AND WAVE POWER GENERATION PLANT commons

Patent code P150012280
File No. KP06-087
Posted date Sep 8, 2015
Application number P2007-070054
Publication number P2008-231967A
Patent number P4821008
Date of filing Mar 19, 2007
Date of publication of application Oct 2, 2008
Date of registration Sep 16, 2011
Inventor
  • (In Japanese)神吉 博
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人神戸大学
Title WAVE POWER GENERATION SYSTEM AND WAVE POWER GENERATION PLANT commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a wave power generation system and a wave power generation plant enhanced in power generating efficiency more than before.
SOLUTION: This wave power generation system 100 comprises a gyro wave power generation device 1; a floating body 2 formed in a square ring shape having longitudinal and lateral lengths different from each other; flanges 3, 4 formed at the general centers of the short sides of the floating body 2, respectively; and a chain 6 having one ends connected to the flanges 3, 4 and the other end from which an anchor 5 is suspended.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

本発明者は、すでに下記特許文献1、2において、ジャイロ式波力発電装置を開示している。

具体的には、特許文献1、2のものは、浮体と、該浮体に支持されたジャイロと、前記ジャイロのジンバル軸に増速手段を介して接続した発電機とを備え、波浪による浮体の揺動により前記ジャイロのジンバルを回転させ、発電機を駆動して発電を行うようにしたジャイロ式波力発電装置であり、特に特許文献1においては、前記浮体をドーナツ状に形成するとともに、その内筒部内に少なくとも1個の鉛直なジンバル軸を有するジャイロを配設したことを特徴とするジャイロ式波力発電装置である。

【特許文献1】
特開2005-207332号公報
【特許文献2】
国際公開番号WO02/077369号A1

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、波浪のエネルギーを利用して電力を得ることができる波力発電システム及び波力発電プラントに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
浮体と、該浮体に支持されたジャイロと、前記ジャイロのジンバル軸に増速手段を介して接続した発電機とを備え、波浪による浮体の揺動により前記ジャイロのジンバルを回転させ、前記発電機を駆動して発電を行うようにしたジャイロ式波力発電装置を1つ以上有している波力発電システムであって、
前記浮体が、縦横の長さが異なる矩形環状部材であり、
前記矩形環状部材が短手方向に揺動した際、前記ジャイロ式波力発電装置が、最大発電効率を発揮できうるものであり、
前記ジャイロ式波力発電装置の直下に位置するとともに、前記揺動の方向に対して垂直に対向する前記矩形環状部材における各短辺の中央部から吊り下げられたアンカーがさらに設けられていることを特徴とする波力発電システム。

【請求項2】
 
前記ジャイロ式波力発電装置が、前記浮体の短手方向に並列され且つ中心に対して点対称の位置に配設された少なくとも1対の前記ジャイロを有しており、
前記1対のジャイロの回転方向が、お互いに逆となっていることを特徴とする請求項1記載の波力発電システム。

【請求項3】
 
前記ジャイロ式波力発電装置と前記浮体との間に、前記ジャイロ式波力発電装置を昇降させることができる昇降機が設けられていることを特徴とする請求項1又は2に記載の波力発電システム。

【請求項4】
 
重りを有するとともに前記重りを昇降させることができる昇降機が、前記ジャイロ式波力発電装置の上に設けられていることを特徴とする請求項1又は2に記載の波力発電システム。

【請求項5】
 
請求項1~4に記載の波力発電システムを水上に1列に並べたものを複数列配設したものであり、
隣り合う前記波力発電システムのそれぞれのジャイロ式波力発電装置が、波浪の進行方向に対して重複しないように且つ密に配設されていることを特徴とする波力発電プラント。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007070054thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close