Top > Search of Japanese Patents > MICROBIAL FUEL CELL

MICROBIAL FUEL CELL meetings

Patent code P150012285
File No. S2015-0323-N0
Posted date Sep 9, 2015
Application number P2014-262963
Publication number P2016-122615A
Patent number P6547998
Date of filing Dec 25, 2014
Date of publication of application Jul 7, 2016
Date of registration Jul 5, 2019
Inventor
  • (In Japanese)冨永 昌人
  • (In Japanese)森村 茂
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人佐賀大学
Title MICROBIAL FUEL CELL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a microbial fuel cell for generating electric power by using microorganism existing in moisture sludge.
SOLUTION: In a microbial fuel cell having an anode electrode and a cathode electrode which is electrically connected to the anode electrode, the anode electrode is disposed in moisture sludge containing microorganism which decomposes organic materials and produces electrons, and the electrons produced by the microorganism contained in the moisture sludge are withdrawn by the anode electrode to generate electric power. The microbial fuel battery is usable as a so-called "sludge battery" in which microorganism contained in moisture sludge decomposes organic materials in the sludge to generate electrons and the thus-generated electrodes are taken out to an external circuit to thereby generate electric power.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

微生物燃料電池は、生物分解性基質で利用できるエネルギーの一部を電気へと変換するために微生物を触媒様に使用する燃料電池である。微生物燃料電池として、一方の電極(アノード電極)に有機物を分解して発生した電子を利用して、他方の電極(カソード電極)で酸素を還元することにより発電を行う燃料電池であり、微生物の有機物分解の代謝反応から電子を外部回路に取り出すことにより、微生物を触媒とした有機物の化学エネルギーから電気エネルギーを取り出すことができる。

従来より、微生物燃料電池として、微生物を担持したアノード電極を使用した燃料電池(例えば、特許文献1参照)、有機物を分解する微生物を収容する第1の槽と、プロトン透過膜を介して該第1の槽に隣接する第2の槽とを備え、各槽には電極が配設された構成の燃料電池(例えば、特許文献2,3参照)等が報告されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、微生物を利用して発電する微生物燃料電池に関する。特に湿泥中に存在する微生物を利用して発電する微生物燃料電池に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アノード電極と前記アノード電極に電気的に接続されるカソード電極とを備え、泥砂を含む湿泥における発電のための微生物燃料電池であって、
前記泥砂を含む湿泥が干潟であり、
前記アノード電極が有機物を分解して電子を産生する微生物を含む湿泥の内部に、当該アノード電極の周囲に泥砂によるアノードの研磨を抑制するための仕切りを設けて配置され(但し、前記アノード電極が前記仕切りに固定されている態様を除く。)、前記湿泥に含まれる微生物によって産生された電子をアノード電極で回収し、前記カソード電極が外部の酸素含有雰囲気に配置され、前記電子によりカソード電極において酸素を還元することによって発電することを特徴とする微生物燃料電池。

【請求項2】
 
前記泥砂によるアノードの研磨を抑制するための仕切りが、上端及び下端が開放した円柱状プラスチックの仕切りである請求項1に記載の微生物燃料電池。

【請求項3】
 
微生物燃料電池を用いた、泥砂を含む湿泥における発電方法であって、
前記泥砂を含む湿泥が干潟であり、
前記微生物燃料電池は、アノード電極と前記アノード電極に電気的に接続されるカソード電極とを備え、
前記アノード電極が有機物を分解して電子を産生する微生物を含む湿泥の内部に、当該アノード電極の周囲に泥砂によるアノードの研磨を抑制するための仕切りを設けて配置され(但し、前記アノード電極が前記仕切りに固定されている態様を除く。)、前記カソード電極が外部の酸素含有雰囲気に配置され、
前記湿泥に含まれる微生物によって産生された電子をアノード電極で回収し、当該電子によりカソード電極において酸素を還元することによって発電することを特徴とする発電方法。

【請求項4】
 
前記泥砂によるアノードの研磨を抑制するための仕切りが、上端及び下端が開放した円柱状プラスチックの仕切りである請求項3に記載の発電方法。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014262963thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close