Top > Search of Japanese Patents > LIQUID-CRYSTALLINE POLYAMINOURETHANE, PRODUCTION INTERMEDIATE THEREOF AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

LIQUID-CRYSTALLINE POLYAMINOURETHANE, PRODUCTION INTERMEDIATE THEREOF AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Patent code P150012346
File No. OU-0201
Posted date Oct 8, 2015
Application number P2012-121366
Publication number P2013-245321A
Patent number P5998403
Date of filing May 28, 2012
Date of publication of application Dec 9, 2013
Date of registration Sep 9, 2016
Inventor
  • (In Japanese)氏家 誠司
  • (In Japanese)那谷 雅則
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人大分大学
Title LIQUID-CRYSTALLINE POLYAMINOURETHANE, PRODUCTION INTERMEDIATE THEREOF AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new liquid-crystalline polymer capable of responding at ≤100°C or even at room temperature, especially a liquid-crystalline polyaminourethane which is a main chain type thermotropic liquid-crystalline polymer; and to provide a production intermediate effective in producing the liquid-crystalline polyaminourethane; and a method for producing the liquid-crystalline polyaminourethane and its production intermediate.
SOLUTION: A main chain type thermotropic liquid-crystalline polymer having a bent part introduced into a main chain through amino group and benzene ring, and a photo-responsive mesogen core, a urethane bond and a flexible methylene chain introduced into the main chain is produced by reacting a compound having an ω-halogenated alkyl group with an amine and polymerizing with a diisocyanate.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、液晶性高分子は、その高い配向性を利用して、高性能材料や高機能性材料への応用がなされてきた。特に、主鎖型サーモトロピック液晶性高分子の工業的な応用については数多くの提案(例えば、特許文献1)がなされている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、液晶性ポリアミノウレタン、その製造中間体、およびそれらの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記式(1)
【化1】
 
(省略)
(式中、R1は
【化2】
 
(省略)
のいずれかの基を表し、R2は
【化3】
 
(省略)
のいずれかの基を表し、R3は
【化4】
 
(省略)
のいずれかの基を表し、R4は
【化5】
 
(省略)
のいずれかの基を表し、R5は
【化6】
 
(省略)
のいずれかの基を表す。xは2~12の整数、yは2~6の整数、zは2~12の整数を表す。)
で示される繰り返し単位を有する液晶性ポリアミノウレタン。

【請求項2】
 
下記式(2)
【化7】
 
(省略)
(式中、R1は
【化8】
 
(省略)
のいずれかの基を表し、R2は
【化9】
 
(省略)
のいずれかの基を表し、R3は
【化10】
 
(省略)
のいずれかの基を表し、R4は
【化11】
 
(省略)
のいずれかの基を表す。xは2~12の整数、yは2~6の整数、zは2~12の整数を表す。)
で示されるジオール化合物。

【請求項3】
 
2つの1,4-フェニレン基がアゾ基もしくはビニレン基で連結されるとともに、α-ヒドロキシアルキレンエーテル基、及びω-ハロゲン化アルキレンエーテル基を有するハロゲン基含有化合物と、
片末端にアルコール性ヒドロキシル基を有する第2級アミンと
を反応させて下記式(2)
【化12】
 
(省略)
(式中、R1は
【化13】
 
(省略)
のいずれかの基を表し、R2は
【化14】
 
(省略)
のいずれかの基を表し、R3は
【化15】
 
(省略)
のいずれかの基を表し、R4は
【化16】
 
(省略)
のいずれかの基を表す。xは2~12の整数、yは2~6の整数、zは2~12の整数を表す。)
で示されるジオール化合物とし、ジイソシアナートと重合させることにより下記式(1)
【化17】
 
(省略)
で示される繰り返し単位を有する液晶性ポリアミノウレタンを製造する方法。

【請求項4】
 
2つの1,4-フェニレン基がアゾ基もしくはビニレン基で連結されるとともに、α-ヒドロキシアルキレンエーテル基、及びω-ハロゲン化アルキレンエーテル基を有するハロゲン基含有化合物と、
片末端にアルコール性ヒドロキシル基を有する第2級アミンと
を反応させて下記式(2)
【化18】
 
(省略)
(式中、R1は
【化19】
 
(省略)
のいずれかの基を表し、R2は
【化20】
 
(省略)
のいずれかの基を表し、R3は
【化21】
 
(省略)
のいずれかの基を表し、R4は
【化22】
 
(省略)
のいずれかの基を表す。xは2~12の整数、yは2~6の整数、zは2~12の整数を表す。)
で示されるジオール化合物を製造する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012121366thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close