Top > Search of Japanese Patents > GROWTH PROMOTER FOR ANIMALS AND PLANTS

GROWTH PROMOTER FOR ANIMALS AND PLANTS

Patent code P150012352
File No. KG0125-JP01
Posted date Oct 8, 2015
Application number P2013-221483
Publication number P2015-081252A
Patent number P6345408
Date of filing Oct 24, 2013
Date of publication of application Apr 27, 2015
Date of registration Jun 1, 2018
Inventor
  • (In Japanese)藤原 伸介
  • (In Japanese)秀瀬 涼太
Applicant
  • (In Japanese)学校法人関西学院
Title GROWTH PROMOTER FOR ANIMALS AND PLANTS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a growth promoter for animals and plants having better effect than straight chain polyamine.
SOLUTION: A growth promoter for animals and plants comprises branched chain polyamine or long chain polyamine.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ポリアミンは、第一級アミノ基(第一級アミンから水素を除去した1価の官能基(-NHR(Rは脂肪族炭化水素基を表わす)))が3つ以上結合した脂肪族炭化水素の総称である。

ポリアミンは様々な生命現象に関与している低分子の塩基性物質である。多くの生物により産生されるポリアミンは、直鎖脂肪族炭化水素(本明細書において、「直鎖ポリアミン」という。)である。

直鎖ポリアミンについて、これまでに植物の生長を促進する作用(特許文献1)、動物の寿命を延長させる作用(特許文献2)、RNA安定化作用(特許文献3)等が報告されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、動植物用成長促進剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
分岐鎖ポリアミン又は長鎖ポリアミンを含有する、動物用成長促進剤であって、
前記長鎖ポリアミンが、下記式(III)で表わされる長鎖ポリアミンである、動植物用成長促進剤
【化3】
 
(省略)
(式中、R16~R19は、同一又は異なって、炭素数2~6の、置換されていてもよい、アルキル基又はアルケニル基であり、かつR17及びR18は、それぞれ、繰り返し単位毎に同一であっても異なっていてもよく、n8及びn9は、同一又は異なって、3以下の整数であり、いずれかが2又は3である。)。

【請求項2】
 
前記分岐鎖ポリアミンが、下記式(I)で表わされる3級ポリアミン、又は下記式(II)で表される4級ポリアミンである、請求項1に記載の動植物用成長促進剤
【化1】
 
(省略)
(式中、R1は、炭素数4~6の、置換されていてもよい、アルキル基又はアルケニル基であり、R4及びR6は、同一又は異なって、炭素数2~6の、置換されていてもよい、アルキル基又はアルケニル基であり、かつn1~n3は、0である。)
【化2】
 
(省略)
(式中、R7、R11、R13及びR15は、同一又は異なって、炭素数2~6の、置換されていてもよい、アルキル基又はアルケニル基であり、かつn4~n7は、0である。
)。

【請求項3】
 
前記分岐鎖ポリアミン及び長鎖ポリアミンが、好熱菌により産生されうるものである、請求項1に記載の動植物用成長促進剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close