Top > Search of Japanese Patents > APPARATUS, METHOD AND PROGRAM FOR MEASUREMENT OF PERCEPTION THRESHOLD

APPARATUS, METHOD AND PROGRAM FOR MEASUREMENT OF PERCEPTION THRESHOLD meetings

Patent code P150012356
File No. 2014-5
Posted date Oct 14, 2015
Application number P2015-019826
Publication number P2016-140637A
Patent number P6534531
Date of filing Feb 4, 2015
Date of publication of application Aug 8, 2016
Date of registration Jun 7, 2019
Inventor
  • (In Japanese)川野 常夫
  • (In Japanese)福井 裕
Applicant
  • Josho Gakuen Educational Foundation
Title APPARATUS, METHOD AND PROGRAM FOR MEASUREMENT OF PERCEPTION THRESHOLD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To eliminate a false answer or an arbitrary answer of an examinee, and measure a perception threshold (flicker value) with high accuracy.
SOLUTION: A control unit 4 performs provisional perception threshold measurement and reliability determination measurement. In the provisional perception threshold measurement, the control unit 4 makes multiple LEDs 21 blink by varying frequency mutually in a 1 Hz pitch and makes an examinee P answer the LED 21 having the frequency fr of the upper limit capable of discriminating a blink. In the reliability determination measurement, the control unit 4 divides multiple LEDs 21 into left and right two groups, blinks the LED 21 of a first group (left side group) in frequency of (fr-1), blinks the LED 21 of a second group (right side group) in the frequency (>50 Hz) in which the examinee P cannot discriminate the blink, and makes the examinee P answer like the provisional perception threshold measurement. In the reliability determination measurement, the control unit 4 outputs the frequency fr as a perception threshold when the LED 21 disposed in the boundary between the first group and the second group is answered, and performs re-measurement other than that.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、知覚閾値の測定として、被検者に高速で点滅する光を見せ、その光の点滅周波数を減少変化させた時に点滅感覚が発生する周波数閾値(点滅を弁別することができる点滅周波数の上限側の閾値。視覚閾値)を測定することが知られている。この視覚閾値の測定は、フリッカー値測定、CFF(Critical Fusion Frequency)値測定などと呼ばれている。

フリッカー値は、精神的疲労若しくは身体的疲労の蓄積とともに減少する傾向があることが知られている。このため、フリッカー値は、人の精神的疲労や身体的疲労の度合いを定量的に評価するための評価値として利用され、フリッカー値測定器も商品化されている。

従来のフリッカー値測定器は、一般に、LEDなどの光源を1個有し、その光源の点滅周波数を増加若しくは減少させて被検者に点滅が弁別可能な限界の点滅周波数(視覚閾値)を回答させることによってフリッカー値を測定している。

また、特許文献1には、液晶ディスプレイやCRTなどのリフレッシュレートが一定の表示装置を用いてフリッカー値測定を可能にする方法が提案されている。この方法は、液晶ディスプレイに、丸形の画像を所定の周期で当画像の「明」と「暗」の輝度差(コントラスト)を変化させるように表示させ、その画像を見た被検者にチラツキを感じるようになる時点を回答させ、その回答時の画像の輝度差を用いてフリッカー値を求める方法である。この方法は、点滅光の点滅周期が一定であっても「明」と「暗」の輝度差によっては被検者がチラツキを感じる場合があるという特性に基づき、画像の輝度差とフリッカー値との相関関係を用いて、被検者がチラツキを感じる限界の画像のコントラストからフリッカー値を求めるものである。

また、従来のフリッカー測定器や特許文献1に記載のフリッカー値測定方法は、被検者に見せる光源が1個であるため、測定に比較的長い時間を要するという欠点があるので、非特許文献1には、光源を一列に配列した複数個のLEDからなる光源列で構成し、各LEDの点滅周波数が配列方向に単調に増加若しくは減少するように、点滅周波数を相互に異ならせて各LEDを同時に点滅させる方法が提案されている。

この方法では、被検者に光源列の点滅発光を見せ、点滅が弁別できないLEDと隣り合った点滅が弁別できるLEDを被検者に回答させ、そのLEDの点滅周波数をフリッカー値(視覚閾値)として出力する。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、被検者の知覚器に断続的な刺激を与え、被検者が刺激の断続を弁別できる発生頻度の上限値(以下、「知覚閾値」という。)を測定する知覚閾値測定装置、知覚閾値測定方法及び知覚閾値測定プログラムに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
複数の光源を配列してなる光源列を有し、その光源列の各光源から発光強度が交互に変化する明滅光を当該明滅に関する周波数を互いに異ならせて被検者の視覚器に与え、当該被検者に明滅を弁別できない光源の隣に配列された明滅を弁別できる境界の光源を回答させ、その境界の光源に基づいて、前記被検者が明滅を弁別できる周波数の閾値を知覚閾値として測定する知覚閾値測定装置において、
隣り合う光源の明滅に関する周波数が前記複数の光源の配列方向に単調増加又は単調減少するという第1の発光条件で、前記光源列の各光源から明滅光を発生させる第1の明滅光発生手段と、
前記第1の発光条件で明滅光を発生させた前記光源列に対する前記被検者の前記境界の光源に関する第1の回答に基づいて、前記知覚閾値を算出する知覚閾値算出手段と、
前記光源列内の任意の光源を設定する光源設定手段と、
前記複数の光源の配列方向において前記光源設定手段が設定した光源と当該光源よりも一方側に配列された複数の光源とを第1のグループとし、前記光源設定手段が設定した光源よりも他方側に配列された複数の光源を第2のグループとするように前記複数の光源を二分し、前記第1のグループに対する明滅に関する周波数を前記被検者が明滅を弁別でき、かつ、前記知覚閾値算出手段の算出した知覚閾値よりも所定量だけ異なる値とし、前記第2のグループに対する明滅に関する周波数を前記被検者が明滅を弁別できない領域にある、前記知覚閾値よりも5Hz以上大きい値とする第2の発光条件で、前記光源列の各光源から明滅光を発生させる第2の明滅光発生手段と、
前記第2の発光条件で明滅光を発生させた前記光源列に対する前記被検者の前記境界の光源に関する第2の回答に基づいて、前記第1の回答の信頼性を判定する判定手段と、
前記判定手段が信頼性有りと判定した場合、前記知覚閾値算出手段が算出した知覚閾値を出力する出力手段と、
を備えたことを特徴とする、知覚閾値測定装置。

【請求項2】
 
記第1、第2の明滅光発生手段は、前記光源列の光源数よりも少ない複数の光源を1組とし、前記光源列から配列方向に1組単位で一部の光源を順番に抽出して各組の光源を明滅させる、請求項1に記載の知覚閾値測定装置。

【請求項3】
 
前記判定手段が信頼性有り判定した場合、前記光源列を前記第2の明滅光発生手段で明滅発光させて前記被検者に前記境界の光源に関する回答を行わせる処理を再度行う再測定手段をさらに備え、
前記出力手段は、前記判定手段が信頼性有りと判定した場合に、前記知覚閾値算出手段が算出した知覚閾値を出力することに代えて、前記判定手段が前記再測定手段による再測定での前記被検者の回答に信頼性があると判定した場合に、前記知覚閾値算出手段が算出した知覚閾値を出力する、請求項1又は2に記載の知覚閾値測定装置。

【請求項4】
 
配列された複数の光源を有する光源列の各光源から発光強度が交互に変化する明滅光を当該明滅に関する周波数を互いに異ならせて被検者に見せ、当該被検者に明滅を弁別できない光源の隣に配列された明滅を弁別できる境界の光源を回答させ、その境界の光源に基づいて、前記被検者が明滅を弁別できる周波数の閾値を知覚閾値として測定する知覚閾値測定方法であって、
隣り合う光源の明滅に関する周波数が前記複数の光源の配列方向に単調増加又は単調減少するという第1の発光条件で、前記光源列の各光源から明滅光を発生させる第1のステップと、
前記第1のステップで明滅光を発生させた光源列に対する前記被検者の前記境界の光源に関する第1の回答に基づいて、前記知覚閾値を算出する第2のステップと、
前記光源列内の任意の光源を設定する第3のステップと、
前記複数の光源の配列方向において前記第3のステップで設定した光源と当該光源よりも一方側に配列された複数の光源とを第1のグループとし、前記第3のステップで設定した光源よりも他方側に配列された複数の光源を第2のグループとするように前記複数の光源を二分し、前記第1のグループに対する明滅に関する周波数を前記被検者が明滅を弁別でき、かつ、前記第1のステップで算出し知覚閾値よりも所定量だけ異なる値とし、前記第2のグループに対する明滅に関する周波数を前記被検者が明滅を弁別できない領域にある、前記知覚閾値よりも5Hz以上大きい値とする第2の発光条件で、前記光源列の各光源から明滅光を発生させる第4のステップと、
前記第2の発光条件で明滅光を発光させた前記光源列に対する前記被検者の前記境界の光源に関する第2の回答に基づいて、前記第1の回答の信頼性を判定する第5のステップと
備えたことを特徴とする、知覚閾値測定方法。

【請求項5】
 
複数の光源を配列してなる光源列を有し、その光源列の各光源から発光強度が交互に変化する明滅光を当該明滅に関する周波数を互いに異ならせて被検者に見せ、当該被検者に明滅を弁別できない光源の隣に配列された明滅を弁別できる境界の光源を回答させ、その境界の光源に基づいて、前記被検者が明滅を弁別できる周波数の閾値を知覚閾値として測定する知覚閾値測定装置を制御するコンピュータに実行させる知覚閾値測定プログラムであって、
前記コンピュータを、
隣り合う光源明滅に関する周波数が前記複数の光源の配列方向に単調増加又は単調減少するという第1の発光条件で、前記光源列の各光源から明滅光を発生させる第1の明滅光発生手段
前記第1の発光条件で明滅光を発生させた前記光源列に対する前記被検者の前記境界の光源に関する第1の回答に基づいて、前記知覚閾値を算出する知覚閾値算出手段
前記光源列内の任意の光源を設定する光源設定手段
前記複数の光源の配列方向において前記光源設定手段が設定した光源と当該光源よりも一方側に配列された複数の光源とを第1のグループとし、前記光源設定手段が設定した光源よりも他方側に配列された複数の光源を第2のグループとするように前記複数の光源を二分し、前記第1のグループに対する明滅に関する周波数を前記被検者が明滅を弁別でき、かつ、前記知覚閾値算出手段が算出した知覚閾値よりも所定量だけ異なる値とし、前記第2のグループに対する明滅に関する周波数を前記被検者が明滅を弁別できない領域にある、前記知覚閾値よりも5Hz以上大きい値とする第2の発光条件で前記光源列の各光源から明滅光を発生させる第2の明滅光発生手段
前記第2の発光条件で明滅光を発生させた前記光源列に対する前記被検者の前記境界の光源に関する第2の回答に基づいて、前記第1の回答の信頼性を判定する判定手段
前記判定手段が信頼性有りと判定した場合に、前記知覚閾値算出手段が算出した知覚閾値を出力する出力手段として機能させるための知覚閾値測定プログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015019826thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close