Top > Search of Japanese Patents > SELF-INJECTION PHASE-LOCKED LOOP

SELF-INJECTION PHASE-LOCKED LOOP meetings

Patent code P150012361
File No. 2015-3
Posted date Oct 14, 2015
Application number P2015-178499
Publication number P2017-055295A
Patent number P6513535
Date of filing Sep 10, 2015
Date of publication of application Mar 16, 2017
Date of registration Apr 19, 2019
Inventor
  • (In Japanese)吉村 勉
Applicant
  • Josho Gakuen Educational Foundation
Title SELF-INJECTION PHASE-LOCKED LOOP meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a self-injection phase-locked loop capable of automatically injecting an injection signal to be self-injected, into a VCO in a negative feedback manner.
SOLUTION: A self-injection phase-locked loop 1 comprises: a VCO 11 that outputs an oscillation output signal of an oscillation frequency corresponding to a control voltage; a PFD 13 which compares phases and frequencies between the oscillation output signal and a reference signal, and outputs a comparison result signal indicating a result of the comparison; a CP 19 which converts the comparison result signal into a current or a voltage; an LPF 20 which generates the control voltage, in accordance with the current or the voltage converted by the CP 19, to be output to the VCO 11; a variable delay device 16 for outputting an injection signal formed by delaying the oscillation output signal by a variable delay time; and a delay controller 15 which controls the delay time of the variable delay device 16. The injection signal is injected into the VCO 11, and the delay controller 15 controls the delay time in such a manner that the injection signal injected into the VCO 11 is negatively fed back.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、発振器に発振周波数に極めて近い摂動を与えて、その印加信号に同期させるインジェクションロックが知られており、集積回路においては、1970年代のAdlerらの研究がある(非特許文献1参照)。

近年、自己注入(self-injection)を用いた発振回路についても研究されており、位相同期回路(PLL:Phase Locked Loop)において、自己注入同期を行うことも行われている(非特許文献2参照)。その非特許文献2に記載されている自己注入同期においては、発振器からの発振信号を遅延ケーブルで遅延させ、帰還位相を移相器で調整した上で発振器に注入することが行われている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、位相同期回路において負帰還となるように自己注入を行う自己注入位相同期回路に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
制御電圧に応じた発振周波数の発振出力信号を出力する電圧制御発振器と、
前記発振出力信号と基準信号との位相及び周波数を比較し、当該比較の結果を示す比較結果信号を出力する位相周波数比較器と、
前記比較結果信号に応じて前記制御電圧を生成して前記電圧制御発振器に出力する電圧発生器と、
前記発振出力信号を可変な遅延時間だけ遅延させた注入信号を出力する可変遅延器と、
前記可変遅延器の遅延時間を制御する遅延制御器と、を備え、
前記注入信号は、前記電圧制御発振器に注入され、
前記遅延制御器は、前記電圧制御発振器に注入される注入信号が、前記発振出力信号に対してπ/2より大きく、3π/2より小さい位相だけ遅れるように遅延時間を制御する、自己注入位相同期回路。

【請求項2】
 
前記注入信号を前記電圧制御発振器に注入するかどうかを切り替える切替器と、
前記注入信号が、前記発振出力信号が前記基準信号に同期するまでは注入されず、同期した後に注入されるように前記切替器を制御する注入制御器と、をさらに備えた、請求項1記載の自己注入位相同期回路。

【請求項3】
 
前記可変遅延器から出力された注入信号の強度及びパルス幅の少なくとも一方を変更した注入信号を出力するパルス発生器をさらに備えた、請求項1または請求項2記載の自己注入位相同期回路。

【請求項4】
 
前記発振出力信号を分周し、分周後の発振出力信号を前記位相周波数比較器及び前記可変遅延器に出力する分周器をさらに備え、
前記パルス発生器は、前記可変遅延器から出力された注入信号のパルス幅を少なくとも変更する、請求項3記載の自己注入位相同期回路。

【請求項5】
 
前記パルス発生器は、前記可変遅延器から出力された注入信号の強度を少なくとも変更するものであり、
前記発振出力信号を用いてノイズ量を検出するノイズ検出器と、
前記ノイズ検出器によって検出されたノイズ量に応じた強度の注入信号が出力されるように前記パルス発生器を制御する強度制御器と、をさらに備え、
前記パルス発生器から出力される注入信号の強度は、検出されたノイズ量が多いほど大きくなり、検出されたノイズ量が少ないほど小さくなるように前記強度制御器によって制御される、請求項3または請求項4記載の自己注入位相同期回路。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015178499thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close