Top > Search of Japanese Patents > SULFUR OXIDE REMOVING MATERIAL

SULFUR OXIDE REMOVING MATERIAL

Patent code P150012369
Posted date Oct 16, 2015
Application number P2011-141699
Publication number P2013-006160A
Patent number P5881980
Date of filing Jun 27, 2011
Date of publication of application Jan 10, 2013
Date of registration Feb 12, 2016
Inventor
  • (In Japanese)濱崎 竜英
Applicant
  • (In Japanese)学校法人大阪産業大学
Title SULFUR OXIDE REMOVING MATERIAL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a desulfurizing agent which allows compactification of a desulfurization apparatus, is easy to be filled in and removed from the desulfurization apparatus, can facilitate the maintenance of the desulfurization apparatus, and has high removal capability of a sulfur oxide.
SOLUTION: Water that contains impurities including at least a minute amount of an iron component and a calcium component is treated by iron bacteria to recover sludge, and a gas that contains the sulfur oxide is made to pass through the sludge to remove the sulfur oxide in the gas.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

工場等からの排煙には、硫黄成分が含有されている場合が多く、大気汚染の原因となるため、排煙脱硫装置により、排煙中の硫黄成分を除去する方法が通常行われている。

この排煙脱硫の方法としては、湿式石灰法や湿式ソーダ法、湿式水酸化マグネシウム法等の湿式法や、活性コークスを用いた吸着方式の乾式法等が知られている。また、脱硫装置をコンパクト化し、脱硫装置への充填・除去が容易で、脱硫装置の維持管理が簡単とする目的で、水酸化鉄を主成分とするリモナイト((株)日本リモナイト製脱硫化水素剤:リモニック(登録商標))を用いる方法が検討されている(特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、大気や排煙等の気体からの硫黄酸化物除去材、及び大気や排煙等の気体から硫黄酸化物を除去する方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
鉄バクテリア法を用いた浄水場で得られる、鉄バクテリア法により生じる汚泥であって、鉄、マンガン、及びカルシウムの各成分を含む汚泥からなる硫黄酸化物除去材。

【請求項2】
 
鉄バクテリア法を用いた浄水場において、少なくとも微量の鉄成分、マンガン成分及びカルシウム成分を含む不純物を含有する水を鉄バクテリアによって処理して、鉄、マンガン、及びカルシウムの各成分を含む汚泥を回収し、
この汚泥に硫黄酸化物を含有する気体を通過させることにより、上記気体中の硫黄酸化物を除去する、気体からの硫黄酸化物除去方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close