Top > Search of Japanese Patents > NUCLEIC ACID BINDING MAGNETIC CARRIER DISPERSION AND METHOD FOR ISOLATING NUCLEIC ACID BY USING THE SAME

NUCLEIC ACID BINDING MAGNETIC CARRIER DISPERSION AND METHOD FOR ISOLATING NUCLEIC ACID BY USING THE SAME

Patent code P150012391
File No. 1791
Posted date Oct 16, 2015
Application number P2007-123039
Publication number P2008-278755A
Patent number P5090056
Date of filing May 8, 2007
Date of publication of application Nov 20, 2008
Date of registration Sep 21, 2012
Inventor
  • (In Japanese)成田 麻子
  • (In Japanese)中 建介
  • (In Japanese)中條 善樹
  • (In Japanese)都藤 靖泰
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
  • (In Japanese)三洋化成工業株式会社
Title NUCLEIC ACID BINDING MAGNETIC CARRIER DISPERSION AND METHOD FOR ISOLATING NUCLEIC ACID BY USING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a magnetic carrier dispersion efficiently isolating a nucleic acid from a biospecimen, a whole blood specimen or a gel carrier after electrophoresis and to provide a method for the automated isolation of the nucleic acids.
SOLUTION: A nucleic acid binding magnetic carrier dispersion (L) containing an activation agent (A) having a cyclic quaternary ammonium group (a) containing a nitrogen atom constituting the quaternary ammonium group as the constituent atom of the ring and bonded to the surface of iron oxide fine particles (P) through a covalent bond (c), and obtained by dispersing a nucleic acid binding magnetic carrier (C) composed of the iron oxide fine particles (P) covered with the activation agent (A) in an aqueous dispersion medium (S). The nucleic acid isolation method contains a step to mix the nucleic acid binding magnetic carrier dispersion (L) with a specimen containing nucleic acids and recover the complex of the nucleic acid and the nucleic acid binding magnetic carrier (C) by magnetic force.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年の遺伝子工学および分子生物学などの分野の進歩により、感染症や遺伝子疾患などについてDNAまたはRNAレベルで分析することが可能になった。特に、PCR法(Polymerase Chain Reaction, Science 230:1350-1354, 1985) やNASBA法(Nucleic Acid Sequence Based Amplification, Nature 350:91-92, 1991 )に代表される核酸増幅方法の発明により、従来であれば、検出が非常に困難であった極微量の核酸の検出が可能となり、遺伝子解析が飛躍的に容易なものとなった。

しかし、生物試料中の核酸を必要により増幅し、検出するためには、試料中の核酸を選択的に取り出す必要がある。これは、通常の生物試料中には核酸以外の夾雑物質、例えばタンパク質、脂質、糖類などが大量に含まれており、これらが増幅や検出に悪影響を及ぼす可能性が少なくない。従ってあらかじめ試料中の夾雑物質を除き、核酸を単離する操作が必要となる。

この核酸の単離法としては、磁性酸化物を含む磁性シリカ粒子を核酸結合性磁性担体として用いる核酸単離方法(例えば、特許文献1参照)が知られている。しかし、磁性担体と目的とする核酸との結合性が弱く、試料中の夾雑物質による吸着阻害への影響を受け、核酸の回収率が低下する現象が多く見られた。
【特許文献1】
特開平11-262387号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、核酸を含有すると考えられる試料から核酸を単離するための核酸結合性磁性担体分散体および核酸単離方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
4級アンモニウム基を構成する窒素原子を環の構成原子とする環状4級アンモニウム基(a)を有し、酸化鉄微粒子(P)の表面と共有結合(c)で結合した活性剤(A)を有する核酸結合性磁性担体分散体(L)であって、該活性剤(A)で被覆された該酸化鉄微粒子(P)からなる核酸結合性磁性担体(C)が、水性分散媒(S)中に分散されてなることを特徴とする核酸結合性磁性担体分散体(L)。

【請求項2】
 
共有結合(c)がSi-O-Fe結合である請求項1に記載の核酸結合性磁性担体分散体(L)。

【請求項3】
 
環状4級アンモニウム基(a)が、イミダゾリウム基である請求項1または2に記載の核酸結合性磁性担体分散体(L)。

【請求項4】
 
酸化鉄微粒子(P)が0.005~15μmの数平均粒子径を有する請求項1~3のいずれか1項に記載の核酸結合性磁性担体分散体(L)。

【請求項5】
 
請求項1~4のいずれか1項に記載される核酸結合性磁性担体分散体(L)、洗浄用緩衝液、および核酸を核酸結合性磁性担体(C)から分離する溶離液を含む核酸単離用試薬キット。

【請求項6】
 
請求項1~4のいずれか1項に記載される核酸結合性磁性担体分散体(L)を、核酸を含有する試料と混合し、該混合物から核酸と核酸結合性磁性担体(C)の複合体を磁力により回収する工程を含む核酸単離方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007123039thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close