Top > Search of Japanese Patents > SINGLE NUCLEOTIDE POLYMORPHISM RELATED TO BOVINE FAT-CROSSING AND UTILIZATION THEREOF

SINGLE NUCLEOTIDE POLYMORPHISM RELATED TO BOVINE FAT-CROSSING AND UTILIZATION THEREOF achieved

Patent code P150012393
File No. 1824
Posted date Oct 16, 2015
Application number P2007-235628
Publication number P2009-065861A
Patent number P5281775
Date of filing Sep 11, 2007
Date of publication of application Apr 2, 2009
Date of registration May 31, 2013
Inventor
  • (In Japanese)山田 宜永
  • (In Japanese)三宅 武
  • (In Japanese)谷口 幸雄
  • (In Japanese)佐々木 義之
  • (In Japanese)森田 光夫
  • (In Japanese)佐々木 整輝
  • (In Japanese)伊藤 智仁
  • (In Japanese)村上 博
  • (In Japanese)助川 慎
  • (In Japanese)高萩 陽一
  • (In Japanese)森松 文毅
  • (In Japanese)藤田 達男
  • (In Japanese)渡邉 直人
  • (In Japanese)伊藤 雅之
  • (In Japanese)志賀 一穂
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
  • (In Japanese)一般社団法人家畜改良事業団
  • (In Japanese)日本ハム株式会社
  • (In Japanese)大分県
Title SINGLE NUCLEOTIDE POLYMORPHISM RELATED TO BOVINE FAT-CROSSING AND UTILIZATION THEREOF achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for predicting the bovine fat-crossing ability by judging the bovine fat-crossing ability according to a genotype analysis, to provide a method for determining the genotype and to provide a kit used therefor.
SOLUTION: The SNP (single nucleotide polymorphism) in at least one site ranging from the first exon initiating point to the -1,736 bp site of bovine EDG1 gene, from the first exon initiating point to the -652 bp site of bovine TTN gene or from the first exon initiating point to the +22,220 bp site of bovine MBL1 gene is analyzed by PCR-RFLP (polymerase chain reaction-restriction fragment length polymorphism). Thereby, the bovine fat-crossing ability is predicted and the genotype is determined.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

「霜降り」や「サシ」と称されるウシの脂肪交雑は牛肉の肉質を評価、判定する上で重要な因子であり、脂肪交雑形成能力の高い個体とそうでない個体をウシの肥育の早期に判別し、それらの能力に合った肥育計画を立てることができれば、肉用牛の生産において非常に望ましい。さらに、その能力を早期に判定できれば、世代間隔を短縮することができ、育種改良に多大の貢献をする。
このような事情に鑑み、ウシの脂肪交雑形成能力を遺伝子型解析により判定すべく、従来から、ウシの脂肪交雑形成に関与する責任遺伝子の探索、同定が試みられている。例えば、特許文献1ではウシの脂肪細胞分化のマスターキーといわれているウシPPARγ遺伝子の1つであるウシPPARγ2の変異体が開示されている。
また、ウシの脂肪交雑形成に影響する遺伝子を特定することを目的として、系統的に脂肪交雑形成能力の異なることが判明しているウシ群間で、脂肪交雑形成が始まる前後8~14ヶ月齢の時期に発現するmRNA量を調べ、配列既知の5つの候補遺伝子を選抜した報告(平成17年3月27日~29日開催の日本畜産学会第104回大会発表)や、これらの遺伝子のゲノム配列を決定し、いくつかの遺伝子において一塩基多型(SNP)が存在するとの報告(平成17年9月11日、12日開催の日本動物遺伝育種学会第6回大会ポスター発表)がある。
さらに、血管伸長に関連すると推測されるウシEDG1遺伝子の+166bp部位と、+3698bp部位にSNPが存在し、それらがウシの脂肪交雑形成能力の予測、遺伝子型判定に利用できることが判明しており、特許出願されている(特願2006-080720号)。
【特許文献1】
特開2001-8688号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ウシ脂肪交雑形成に関わる一塩基多型およびその利用に関する。さらに詳しくは、ウシ脂肪交雑形成に関わる新規な一塩基多型に基づいてウシの遺伝子型を判定し、ウシの脂肪交雑形成能力を予測する方法およびキットに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ウシのTTN遺伝子であって、第1エキソン開始点から-652bp部位の塩基がC/Tホモまたはヘテロ型またはウシのMBL1遺伝子であって、第1エキソン開始点から+22220bp部位の塩基がA/Gホモまたはヘテロ型であるウシの脂肪交雑形成能力に関与する遺伝子多型を有するウシのTTN遺伝子またはウシのMBL1遺伝子

【請求項2】
 
ウシのTTN遺伝子の第1エキソン開始点から-652bp部位およびウシのMBL1遺伝子の第1エキソン開始点から+22220bp部位から選ばれる少なくとも1部位における一塩基多型(SNP)タイプを判定することを特徴とするウシの脂肪交雑形成能力の予測および遺伝子型判定方法。

【請求項3】
 
ウシのTTN遺伝子の第1エキソン開始点から-652bp部位およびウシのMBL1遺伝子の第1エキソン開始点から+22220bp部位におけるSNPタイプを判定する請求項2記載の方法。

【請求項4】
 
SNPタイプの判定を制限酵素断片長多型(RFLP)分析により行う請求項2記載の方法。

【請求項5】
 
ウシのTTN遺伝子の第1エキソン開始点から-652bp部位を含む領域を増幅するプライマー対およびウシのMBL1遺伝子の第1エキソン開始点から+22220bp部位を含む領域を増幅するプライマー対から選ばれる少なくとも1組のプライマー対を含む請求項2記載の方法によるウシの脂肪交雑形成能力の予測および遺伝子型判定用キット。

【請求項6】
 
さらに、制限酵素を含む請求項5記載のキット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close