Top > Search of Japanese Patents > ACCESS CONTROL METHOD, ACCESS CONTROL SYSTEM, AND RADIO COMMUNICATION DEVICE

ACCESS CONTROL METHOD, ACCESS CONTROL SYSTEM, AND RADIO COMMUNICATION DEVICE

Patent code P150012403
File No. 3602
Posted date Oct 16, 2015
Application number P2012-092332
Publication number P2013-223042A
Patent number P5780654
Date of filing Apr 13, 2012
Date of publication of application Oct 28, 2013
Date of registration Jul 24, 2015
Inventor
  • (In Japanese)大槻 暢朗
  • (In Japanese)杉山 隆利
  • (In Japanese)守倉 正博
  • (In Japanese)藤井 陽平
Applicant
  • (In Japanese)日本電信電話株式会社
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title ACCESS CONTROL METHOD, ACCESS CONTROL SYSTEM, AND RADIO COMMUNICATION DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an access control method that reduces packet collision and improves communication quality.
SOLUTION: An access control method is for a first radio device employing a first radio scheme in which access control is performed by carrier sense, a second radio device employing a second radio scheme using the same frequency band as the first radio scheme, and a third radio device employing the first radio scheme and second radio scheme to transmit radio signals. The access control method includes the steps of: the third radio device transmitting a channel reservation signal to the first radio device over a period when the second radio device transmits and receives radio signals; the first radio device stochastically increasing a period when carrier sense is performed after receiving the channel reservation signal; and the first radio device performing carrier sense over an increased period after expiration of a channel reserved period, and transmitting a signal if a radio signal is not detected.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、センサネットワークとしてIEEE802.15.4規格を使用したWSN(Wireless sensor network)が注目されている。IEEE802.15.4規格のセンサネットワークはLR-WPANs(Low rate wireless personal area networks)とも呼ばれており、小型で省電力である。現在WSNが利用できる世界共通の無線周波数帯としてはISMバンドである2.4GHz帯がある。

しかし、2.4GHz帯は電子レンジや温熱治療機器等の通信システム以外での使用に加え、通信システムでもWLAN(Wireless LAN(無線LAN);IEEE802.11b/g)など、様々な機器によって使用されている。そのため、2.4GHz帯はWSNにとって干渉の影響の大きい周波数帯となっている。特に、オフィス環境や各家庭で使用する場合にはWLANが広く普及しているため、2.4GHz帯におけるWSNとWLANとの共存が大きな課題となっている。

非特許文献1において提案されているH-STA(Hybrid station)を利用した方式は、WLANのSTA(端末)とWSNのPAN-C(Personal area network coordinator)とを統合し、WSNのPAN-Cがビーコンフレーム送信前にWLANにおいてRTS/CTS/CTS-to-selfフレームを送信し、他のWLAN端末にNAV(Network Allocation Vector)期間を設定(チャネル予約信号送信)することにより、WLANとWSNの通信を時間的に棲み分けるという方式である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、複数の無線方式が同一の周波数帯で通信を行う環境におけるアクセス制御を行うアクセス制御方法、アクセス制御システム及び無線通信装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
キャリアセンスによりアクセス制御を行う第1の無線方式に帰属する第1の無線装置と、前記第1の無線方式と同一の周波数帯を用いる第2の無線方式に帰属する第2の無線装置と、前記第1の無線方式及び前記第2の無線方式の双方に帰属する第3の無線装置とが、無線信号を送信するためのアクセス制御方法であって、
前記第3の無線装置が、前記第2の無線装置が無線信号を送受信する期間を予約するため前記第1の無線装置に対してチャネル予約信号を送信するチャネル予約信号送信ステップと、
前記第1の無線装置が、前記チャネル予約信号を受信した後に、キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させるキャリアセンス期間制御ステップと、
前記第1の無線装置が、チャネルが予約された期間が満了した後に、前記増加した期間に渡ってキャリアセンスを行い、無線信号が検出されない場合に、信号を送信する信号送信ステップと
を有し、
前記キャリアセンス期間制御ステップでは、前記第1の無線装置が、受信した前記チャネル予約信号が前記第3の無線装置により送信されたことを検出したときに前記キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させることを特徴とするアクセス制御方法。

【請求項2】
 
キャリアセンスによりアクセス制御を行う第1の無線方式に帰属する第1の無線装置と、前記第1の無線方式と同一の周波数帯を用いる第2の無線方式に帰属する第2の無線装置と、前記第1の無線方式及び前記第2の無線方式の双方に帰属する第3の無線装置とが、無線信号を送信するためのアクセス制御方法であって、
前記第3の無線装置が、前記第2の無線装置が無線信号を送受信する期間を予約するため前記第1の無線装置に対してチャネル予約信号を送信するチャネル予約信号送信ステップと、
前記第1の無線装置が、前記チャネル予約信号を受信した後に、キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させるキャリアセンス期間制御ステップと、
前記第1の無線装置が、チャネルが予約された期間が満了した後に、前記増加した期間に渡ってキャリアセンスを行い、無線信号が検出されない場合に、信号を送信する信号送信ステップと
を有し、
前記第1の無線方式に帰属するアクセスポイント装置が、前記第3の無線装置により送信された前記チャネル予約信号を受信した際に、前記キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させるための制御信号を送信する制御信号送信ステップをさらに有し、
前記キャリアセンス期間制御ステップでは、前記第1の無線装置が、前記制御信号を受信した際に前記キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させることを特徴とするアクセス制御方法。

【請求項3】
 
キャリアセンスによりアクセス制御を行う第1の無線方式に帰属する第1の無線装置と、前記第1の無線方式と同一の周波数帯を用いる第2の無線方式に帰属する第2の無線装置と、前記第1の無線方式及び前記第2の無線方式の双方に帰属する第3の無線装置とが、無線信号を送信するためのアクセス制御方法であって、
前記第3の無線装置が、前記第2の無線装置が無線信号を送受信する期間を予約するため前記第1の無線装置に対してチャネル予約信号を送信するチャネル予約信号送信ステップと、
前記第1の無線装置が、前記チャネル予約信号を受信した後に、キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させるキャリアセンス期間制御ステップと、
前記第1の無線装置が、チャネルが予約された期間が満了した後に、前記増加した期間に渡ってキャリアセンスを行い、無線信号が検出されない場合に、信号を送信する信号送信ステップと
を有し、
前記第3の無線装置が、前記キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させるための制御信号を送信する制御信号送信ステップをさらに有し、
前記キャリアセンス期間制御ステップでは、前記第1の無線装置が、前記制御信号を受信した際に前記キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させることを特徴とするアクセス制御方法。

【請求項4】
 
前記第1の無線装置が、前記チャネルが予約された期間が満了した後に、自身のパケットの再送確率を測定し、該パケットの再送確率の値が所定のしきい値以下の場合に、増加させた前記キャリアセンスを行う期間を増加させる確率を元に戻すことを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載のアクセス制御方法。

【請求項5】
 
キャリアセンスによりアクセス制御を行う第1の無線方式に帰属する第1の無線装置と、前記第1の無線方式と同一の周波数帯を用いる第2の無線方式に帰属する第2の無線装置と、前記第1の無線方式及び前記第2の無線方式の双方に帰属する第3の無線装置とによって構成し、無線信号を送信するためのアクセス制御を行うアクセス制御システムであって、
前記第3の無線装置は、
前記第2の無線装置が無線信号を送受信する期間を予約するため前記第1の無線装置に対してチャネル予約信号を送信するチャネル予約信号送信手段を備え、
前記第1の無線装置は、
前記チャネル予約信号を受信した後に、キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させるキャリアセンス期間制御手段と、
ャネルが予約された期間が満了した後に、前記増加した期間に渡ってキャリアセンスを行い、無線信号が検出されない場合に、信号を送信する信号送信手段とを備え、
前記キャリアセンス期間制御手段は、前記第1の無線装置が、受信した前記チャネル予約信号が前記第3の無線装置により送信されたことを検出したときに前記キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させることを特徴とするアクセス制御システム。

【請求項6】
 
キャリアセンスによりアクセス制御を行う第1の無線方式に帰属する第1の無線装置と、前記第1の無線方式と同一の周波数帯を用いる第2の無線方式に帰属する第2の無線装置と、前記第1の無線方式及び前記第2の無線方式の双方に帰属する第3の無線装置とによって構成し、無線信号を送信するためのアクセス制御を行うアクセス制御システムであって、
前記第3の無線装置は、
前記第2の無線装置が無線信号を送受信する期間を予約するため前記第1の無線装置に対してチャネル予約信号を送信するチャネル予約信号送信手段を備え、
前記第1の無線装置は、
前記チャネル予約信号を受信した後に、キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させるキャリアセンス期間制御手段と、
チャネルが予約された期間が満了した後に、前記増加した期間に渡ってキャリアセンスを行い、無線信号が検出されない場合に、信号を送信する信号送信手段とを備え、
前記第1の無線方式に帰属するアクセスポイント装置は、
前記第3の無線装置により送信された前記チャネル予約信号を受信した際に、前記キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させるための制御信号を送信する制御信号送信手段を備え、
前記キャリアセンス期間制御手段は、前記第1の無線装置が、前記制御信号を受信した際に前記キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させることを特徴とするアクセス制御システム。

【請求項7】
 
キャリアセンスによりアクセス制御を行う第1の無線方式に帰属する第1の無線装置と、前記第1の無線方式と同一の周波数帯を用いる第2の無線方式に帰属する第2の無線装置と、前記第1の無線方式及び前記第2の無線方式の双方に帰属する第3の無線装置とによって構成し、無線信号を送信するためのアクセス制御を行うアクセス制御システムであって、
前記第3の無線装置は、
前記第2の無線装置が無線信号を送受信する期間を予約するため前記第1の無線装置に対してチャネル予約信号を送信するチャネル予約信号送信手段と、
キャリアセンス期間を確率的に増加させるための制御信号を送信する制御信号送信手段とを備え、
前記第1の無線装置は、
前記チャネル予約信号を受信した後に、キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させるキャリアセンス期間制御手段と、
チャネルが予約された期間が満了した後に、前記増加した期間に渡ってキャリアセンスを行い、無線信号が検出されない場合に、信号を送信する信号送信手段とを備え、
前記キャリアセンス期間制御手段は、前記第1の無線装置が、前記制御信号を受信した際に前記キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させることを特徴とするアクセス制御システム。

【請求項8】
 
キャリアセンスによりアクセス制御を行う第1の無線方式に帰属する第1の無線装置と、前記第1の無線方式と同一の周波数帯を用いる第2の無線方式に帰属する第2の無線装置と、前記第1の無線方式及び前記第2の無線方式の双方に帰属し、前記第2の無線装置が無線信号を送受信する期間を予約するため前記第1の無線装置に対してチャネル予約信号を送信するチャネル予約信号送信手段を備える第3の無線装置とによって構成し、無線信号を送信するためのアクセス制御を行うアクセス制御システムにおいて、前記第1の無線装置として動作する無線通信装置であって、
前記チャネル予約信号を受信した後に、キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させるキャリアセンス期間制御手段と、
ャネルが予約された期間が満了した後に、前記増加した期間に渡ってキャリアセンスを行い、無線信号が検出されない場合に、信号を送信する信号送信手段とを備え、
前記キャリアセンス期間制御手段は、前記第1の無線装置が、受信した前記チャネル予約信号が前記第3の無線装置により送信されたことを検出したときに前記キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させることを特徴とする無線通信装置。

【請求項9】
 
キャリアセンスによりアクセス制御を行う第1の無線方式に帰属する第1の無線装置と、前記第1の無線方式と同一の周波数帯を用いる第2の無線方式に帰属する第2の無線装置と、前記第1の無線方式及び前記第2の無線方式の双方に帰属し、前記第2の無線装置が無線信号を送受信する期間を予約するため前記第1の無線装置に対してチャネル予約信号を送信するチャネル予約信号送信手段を備える第3の無線装置とによって構成し、無線信号を送信するためのアクセス制御を行うアクセス制御システムにおいて、前記第1の無線装置として動作する無線通信装置であって、
前記チャネル予約信号を受信した後に、キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させるキャリアセンス期間制御手段と、
チャネルが予約された期間が満了した後に、前記増加した期間に渡ってキャリアセンスを行い、無線信号が検出されない場合に、信号を送信する信号送信手段とを備え、
前記第1の無線方式に帰属するアクセスポイント装置が、前記第3の無線装置により送信された前記チャネル予約信号を受信した際に、前記キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させるための制御信号を送信する制御信号送信手段を備え、
前記キャリアセンス期間制御手段は、前記第1の無線装置が、前記制御信号を受信した際に前記キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させることを特徴とする無線通信装置。

【請求項10】
 
キャリアセンスによりアクセス制御を行う第1の無線方式に帰属する第1の無線装置と、前記第1の無線方式と同一の周波数帯を用いる第2の無線方式に帰属する第2の無線装置と、前記第1の無線方式及び前記第2の無線方式の双方に帰属し、前記第2の無線装置が無線信号を送受信する期間を予約するため前記第1の無線装置に対してチャネル予約信号を送信するチャネル予約信号送信手段を備える第3の無線装置とによって構成し、無線信号を送信するためのアクセス制御を行うアクセス制御システムにおいて、前記第1の無線装置として動作する無線通信装置であって、
前記チャネル予約信号を受信した後に、キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させるキャリアセンス期間制御手段と、
チャネルが予約された期間が満了した後に、前記増加した期間に渡ってキャリアセンスを行い、無線信号が検出されない場合に、信号を送信する信号送信手段とを備え、
前記第3の無線装置が、前記キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させるための制御信号を送信する制御信号送信手段を備え、
前記キャリアセンス期間制御手段は、前記第1の無線装置が、前記制御信号を受信した際に前記キャリアセンスを行う期間を確率的に増加させることを特徴とする無線通信装置。

【請求項11】
 
前記チャネルが予約された期間が満了した後に、自身のパケットの再送確率を測定し、該パケットの再送確率の値が所定のしきい値以下の場合に、前記キャリアセンスを行う期間を増加させる確率を元に戻すことを特徴とする請求項8から10のいずれか1項に記載の無線通信装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012092332thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close