Top > Search of Japanese Patents > RADIO COMMUNICATION SYSTEM, RADIO COMMUNICATION DEVICE AND RADIO COMMUNICATION CONTROL METHOD

RADIO COMMUNICATION SYSTEM, RADIO COMMUNICATION DEVICE AND RADIO COMMUNICATION CONTROL METHOD

Patent code P150012410
File No. 3721
Posted date Oct 16, 2015
Application number P2012-101205
Publication number P2013-229798A
Patent number P5757631
Date of filing Apr 26, 2012
Date of publication of application Nov 7, 2013
Date of registration Jun 12, 2015
Inventor
  • (In Japanese)大槻 暢朗
  • (In Japanese)布 房夫
  • (In Japanese)杉山 隆利
  • (In Japanese)守倉 正博
  • (In Japanese)三軒谷 勇貴
Applicant
  • (In Japanese)日本電信電話株式会社
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title RADIO COMMUNICATION SYSTEM, RADIO COMMUNICATION DEVICE AND RADIO COMMUNICATION CONTROL METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a radio communication system capable of suppressing the deterioration of uplink throughput of a radio terminal in a hidden terminal state if a portion of radio terminals have relationship of a hidden terminal with a base station.
SOLUTION: The radio communication system, constituted by a base station, a relay station connected to the base station, and a plurality of radio terminals, connected to the relay station, for communicating with the base station through the relay station, includes: hidden terminal detection means for detecting a radio terminal having hidden terminal relationship between the base station and the radio terminal; and control means for setting a first contention window for use in the base station and the relay station in a manner to be smaller than a second contention window for use in the radio terminal having the hidden terminal relationship, and for setting the second contention window in a manner to be smaller than a third contention window for use in a radio terminal not having the hidden terminal relationship.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、基地局(アクセスポイント)と無線端末の間に中継局を介在することで、エリアカバー率を向上させる無線LAN中継システムが注目されている。この無線LAN中継システムは、通常の使用環境において発生しうる、無線端末が複数台でかつ基地局と中継局とが1台のみという状況では、従来のCSMA/CAでは全ての無線機器(基地局,中継局、無線端末)は公平に送信権を獲得できるため、複数端末をまとめた無線端末群に比較して基地局と中継局の送信機会が小さくなってしまい、中継局がシステムスループットのボトルネックとなってしまうとともに、下りのトラヒックが上りと比較して極端に小さくなってしまうという問題がある。この問題を解決するために、基地局、中継局及び無線端末のCSMA/CAのバックオフ機能におけるミニマムコンテンションウィンドウ(CWmin)を無線端末の台数に応じて適応的に制御し、無線端末の送信確率を基地局、中継局に比べて相対的に下げ、無線端末群の送信確率と、基地局、中継局の送信確率とを近づけることで、システムスループットの劣化を抑制する技術が提案されている(例えば、非特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、基地局と複数の無線端末との間の無線通信を中継局により中継する無線通信システム、無線通信装置及び無線通信制御方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
基地局と、該基地局に接続する中継局と、該中継局に接続し該中継局を介して前記基地局と通信する複数の無線端末により構成される無線通信システムであって、
前記基地局と前記無線端末との間において隠れ端末の関係になっている前記無線端末を検出する隠れ端末検出手段と、
前記基地局及び中継局が使用する第1のコンテンションウィンドウが前記隠れ端末の関係になっている無線端末が使用する第2のコンテンションウィンドウよりも小さく、かつ、前記第2のコンテンションウィンドウが前記隠れ端末の関係になっていない無線端末が使用する第3のコンテンションウィンドウよりも小さくなるように設定する制御手段と
を備えたことを特徴とする無線通信システム。

【請求項2】
 
前記隠れ端末検出手段は、
隠れ端末を特定するために前記無線端末から送信した信号を前記基地局において受信した結果に基づいて前記基地局が認識できた前記無線端末を記載した認識端末リスト情報と、前記中継局の配下に所属する前記無線端末を記載した所属端末リスト情報とを比較した結果に基づき前記隠れ端末の関係になっている前記無線端末を検出することを特徴とする請求項1に記載の無線通信システム。

【請求項3】
 
基地局と、該基地局に接続する中継局と、該中継局に接続し該中継局を介して前記基地局と通信する複数の無線端末により構成される無線通信システムにおいて、前記中継局として動作する無線通信装置であって、
前記基地局と前記無線端末との間において隠れ端末の関係になっている前記無線端末を検出する隠れ端末検出手段と、
前記基地局及び中継局が使用する第1のコンテンションウィンドウが前記隠れ端末の関係になっている無線端末が使用する第2のコンテンションウィンドウよりも小さく、かつ、前記第2のコンテンションウィンドウが前記隠れ端末の関係になっていない無線端末が使用する第3のコンテンションウィンドウよりも小さくなるように設定する制御手段と
を備えたことを特徴とする無線通信装置。

【請求項4】
 
基地局と、該基地局に接続する中継局と、該中継局に接続し該中継局を介して前記基地局と通信する複数の無線端末により構成される無線通信システムにおいて、前記基地局として動作する無線通信装置であって、
前記基地局と前記無線端末との間において隠れ端末の関係になっている前記無線端末を検出する隠れ端末検出手段と、
前記基地局及び中継局が使用する第1のコンテンションウィンドウが前記隠れ端末の関係になっている無線端末が使用する第2のコンテンションウィンドウよりも小さく、かつ、前記第2のコンテンションウィンドウが前記隠れ端末の関係になっていない無線端末が使用する第3のコンテンションウィンドウよりも小さくなるように設定する制御手段と
を備えたことを特徴とする無線通信装置。

【請求項5】
 
基地局と、該基地局に接続する中継局と、該中継局に接続し該中継局を介して前記基地局と通信する複数の無線端末により構成される無線通信システムが行う無線通信制御方法であって、
前記中継局が、前記基地局と前記無線端末との間において隠れ端末の関係になっている前記無線端末を検出する隠れ端末検出ステップと、
前記中継局が、前記基地局及び中継局が使用する第1のコンテンションウィンドウが前記隠れ端末の関係になっている無線端末が使用する第2のコンテンションウィンドウよりも小さく、かつ、前記第2のコンテンションウィンドウが前記隠れ端末の関係になっていない無線端末が使用する第3のコンテンションウィンドウよりも小さくなるように設定する制御ステップと
を有することを特徴とする無線通信制御方法。

【請求項6】
 
基地局と、該基地局に接続する中継局と、該中継局に接続し該中継局を介して前記基地局と通信する複数の無線端末により構成される無線通信システムが行う無線通信制御方法であって、
前記基地局が、前記基地局と前記無線端末との間において隠れ端末の関係になっている前記無線端末を検出する隠れ端末検出ステップと、
前記基地局が、前記基地局及び中継局が使用する第1のコンテンションウィンドウが前記隠れ端末の関係になっている無線端末が使用する第2のコンテンションウィンドウよりも小さく、かつ、前記第2のコンテンションウィンドウが前記隠れ端末の関係になっていない無線端末が使用する第3のコンテンションウィンドウよりも小さくなるように設定する制御ステップと
を有することを特徴とする無線通信制御方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2012101205thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close