Top > Search of Japanese Patents > MAGNETIC RESONANCE IMAGING APPARATUS AND IMAGE PROCESSING APPARATUS

MAGNETIC RESONANCE IMAGING APPARATUS AND IMAGE PROCESSING APPARATUS

Patent code P150012439
File No. 4299
Posted date Oct 16, 2015
Application number P2013-170529
Publication number P2015-039407A
Patent number P6422637
Date of filing Aug 20, 2013
Date of publication of application Mar 2, 2015
Date of registration Oct 26, 2018
Inventor
  • (In Japanese)伏見 育崇
  • (In Japanese)坂下 尚孝
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
  • (In Japanese)キヤノンメディカルシステムズ株式会社
Title MAGNETIC RESONANCE IMAGING APPARATUS AND IMAGE PROCESSING APPARATUS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a magnetic resonance imaging apparatus and an image processing apparatus capable of analyzing a contrast effect with oxygen in a cerebrospinal fluid (CSF).
SOLUTION: A magnetic resonance imaging apparatus comprises a sequence control unit 120 and an analyzer 133b. The sequence control unit 120 collects magnetic resonance signals of an imaging target region having a cerebrospinal fluid flowing therethrough, in plural time phases within a period of oxygen inhalation by a subject. The analyzer 133b analyzes the magnetic resonance signals collected in the plural time phases.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

磁気共鳴イメージング(MRI:Magnetic Resonance Imaging)は、静磁場中に置かれた被検体の原子核スピンをそのラーモア(Larmor)周波数のRF(Radio Frequency)パルスによって磁気的に励起し、この励起に伴って発生する磁気共鳴信号から画像を生成する撮像法である。

この磁気共鳴イメージングの分野においては、酸素による造影効果というものが知られている。例えば、反転パルスを印加してから脳脊髄液(CSF:cerebrospinal fluid)の縦磁化成分が0になるまでの時間をTI(Inversion Time)として設定するFLAIR(Fluid Attenuated Inversion Recovery)法と呼ばれる撮像法がある。酸素供給下でこのFLAIR法を用いて撮像した場合に、CSFのコントラストに変化が生じることが報告されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明の実施形態は、磁気共鳴イメージング装置及び画像処理装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
脳脊髄液が流れる撮像対象部位の磁気共鳴信号を、酸素吸入下でない脳脊髄液のT1値に応じて設定されたパルスシーケンスを用いた磁気共鳴イメージングによって、被検体による酸素吸入期間内の複数の時相にて収集するシーケンス制御部と、
前記複数の時相にて収集された磁気共鳴信号を解析する解析部とを備え、
前記酸素吸入期間は、酸素吸入前の期間、酸素吸入中の期間、及び酸素吸入後の期間のうち少なくとも2つを含み、
前記解析部は、前記少なくとも2つの期間の各期間に含まれる複数の時相の磁気共鳴画像群に対して所定の処理を施し、処理後の磁気共鳴画像同士の差分画像を算出し、算出した差分画像を表示部に表示する
ことを特徴とする磁気共鳴イメージング装置。

【請求項2】
 
前記解析部は、酸素吸入が停止される前の時相に対応する磁気共鳴画像と、酸素吸入が開始される前の時相に対応する磁気共鳴画像との差分画像を算出し、算出した差分画像を表示部に表示することを特徴とする請求項1に記載の磁気共鳴イメージング装置。

【請求項3】
 
前記解析部は、酸素吸入が停止された後の時相に対応する磁気共鳴画像と、酸素吸入が停止される前の時相に対応する磁気共鳴画像との差分画像を算出し、算出した差分画像を表示部に表示することを特徴とする請求項1に記載の磁気共鳴イメージング装置。

【請求項4】
 
脳脊髄液が流れる撮像対象部位の磁気共鳴信号を、酸素吸入下でない脳脊髄液のT1値に応じて設定されたパルスシーケンスを用いた磁気共鳴イメージングによって、被検体による酸素吸入期間内の複数の時相にて収集するシーケンス制御部と、
前記複数の時相にて収集された磁気共鳴信号を解析する解析部とを備え、
前記解析部は、酸素吸入が停止された後の時相に対応する磁気共鳴画像と、酸素吸入が停止される前の時相に対応する磁気共鳴画像との差分画像を算出し、算出した差分画像を表示部に表示することを特徴とする磁気共鳴イメージング装置。

【請求項5】
 
前記シーケンス制御部は、酸素吸入中における脳脊髄液の信号値の時間的な変化を解析可能な時間分解能により、前記磁気共鳴信号を複数の時相にて収集することを特徴とする請求項1~4のいずれか一つに記載の磁気共鳴イメージング装置。

【請求項6】
 
前記解析部は、各時相にて収集された磁気共鳴信号を用いて再構成された各磁気共鳴画像から、脳脊髄液が存在する脳脊髄液領域を更に細分化した個別領域を抽出し、抽出した領域毎に、解析を行うことを特徴とする請求項1~5のいずれか1つに記載の磁気共鳴イメージング装置。

【請求項7】
 
前記解析部は、前記個別領域として脳溝部の領域と脳室部の領域とを抽出し、抽出した領域毎に、解析を行うことを特徴とする請求項6に記載の磁気共鳴イメージング装置。

【請求項8】
 
前記解析部は、前記個別領域毎に脳脊髄液の信号値の統計値を算出し、算出した統計値を時系列にプロットしたグラフを生成し、生成したグラフを表示部に表示することを特徴とする請求項6又は7に記載の磁気共鳴イメージング装置。

【請求項9】
 
酸素吸入下でない脳脊髄液のT1値に応じて設定されたパルスシーケンスを用いた磁気共鳴イメージングによって、被検体による酸素吸入期間内の複数の時相にて収集された、脳脊髄液が流れる撮像対象部位の磁気共鳴信号、又は、前記磁気共鳴信号から再構成された磁気共鳴画像を記憶する記憶部と、
前記磁気共鳴信号又は前記磁気共鳴画像を解析する解析部とを備え、
前記酸素吸入期間は、酸素吸入前の期間、酸素吸入中の期間、及び酸素吸入後の期間のうち少なくとも2つを含み、
前記解析部は、前記少なくとも2つの期間の各期間に含まれる複数の時相の磁気共鳴画像群に対して所定の処理を施し、処理後の磁気共鳴画像同士の差分画像を算出し、算出した差分画像を表示部に表示する
ことを特徴とする画像処理装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013170529thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close