Top > Search of Japanese Patents > SOLAR CELL

SOLAR CELL

Patent code P150012440
File No. 4523
Posted date Oct 16, 2015
Application number P2014-036097
Publication number P2015-162529A
Patent number P6305105
Date of filing Feb 27, 2014
Date of publication of application Sep 7, 2015
Date of registration Mar 16, 2018
Inventor
  • (In Japanese)平岡 和志
  • (In Japanese)松田 一成
  • (In Japanese)王 飛久
  • (In Japanese)宮内 雄平
  • (In Japanese)毛利 真一郎
Applicant
  • (In Japanese)日立造船株式会社
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title SOLAR CELL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a solar cell capable of improving photoelectric conversion efficiency by exerting an advantageous action to a structure peculiar to carbon nanotubes, in a solar cell using carbon nanotubes.
SOLUTION: In a solar cell, a power generation layer 4 is arranged between a metal electrode 2, as a negative electrode and a metal electrode piece 3, as a positive electrode, provided on a transparent substrate 5 and allowing light to transmit therethrough. The power generation layer 4 comprises: an n-type conductive substrate 6 arranged on the metal electrode 2 side; p-type carbon nanotubes 7 arranged in layers at predetermined thickness on a surface of the n-type conductive substrate 6; and molybdenum oxide 8 filled to cover the entire of the layered carbon nanotubes 7 to coat a surface of each carbon nanotube 7.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

カーボンナノチューブ(CNT)を用いた太陽電池として、n型若しくはp型のカーボンナノチューブとp型若しくはn型のカーボンナノチューブとを積層させてpn接合を得るようにしたもの、またはn型若しくはp型のカーボンナノチューブとp型若しくはn型の導電性基板とでpn接合を得るようにしたものが提案されている(例えば、特許文献1および特許文献2参照)。

上記各特許文献に記載された太陽電池では、pn接合を得るために、少なくとも、一方の導電性材料としてカーボンナノチューブそのものが用いられているが、より発電効率が、すなわち光電変換効率が高いものが求められている。

本発明者等は、カーボンナノチューブを用いた太陽電池において、光電変換効率を高める方策として種々検討を加えた結果、酸化モリブデン(MoO3)をカーボンナノチューブに被覆すると、キャリアが増加するなどの有利な知見を得た。

ところで、酸化モリブデンを太陽電池に適用したものとしては、有機薄膜太陽電池のp型有機半導体層またはn型有機半導体層の少なくとも一方の半導体層と電極との間にバッファ層を設けるとともに、このバッファ層として酸化モリブデンを用いたものが提案されている(例えば、特許文献3参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、カーボンナノチューブを用いた太陽電池に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
pn接合を形成するためのp型導電部材およびn型導電部材の少なくともいずれかの導電部材にカーボンナノチューブを用いるとともに、
このカーボンナノチューブの表面を酸化モリブデン、酸化ニッケル、酸化タングステンおよび酸化バナジウムのいずれか、またはこれらの任意の組み合わせに係る金属酸化物材料で被覆したことを特徴とする太陽電池。

【請求項2】
 
p型導電部材およびn型導電部材とも、カーボンナノチューブを用いたことを特徴とする請求項1に記載の太陽電池。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014036097thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close