Top > Search of Japanese Patents > PRODUCTION METHOD OF LUMINESCENT MATERIAL

PRODUCTION METHOD OF LUMINESCENT MATERIAL meetings

Patent code P150012498
Posted date Oct 28, 2015
Application number P2014-175855
Publication number P2015-063679A
Patent number P6396121
Date of filing Aug 29, 2014
Date of publication of application Apr 9, 2015
Date of registration Sep 7, 2018
Priority data
  • P2013-180315 (Aug 30, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)平栗 健二
  • (In Japanese)佐藤 慶介
  • (In Japanese)北澤 駿
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京電機大学
Title PRODUCTION METHOD OF LUMINESCENT MATERIAL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a production method of a luminescent material allowing relatively inexpensive and simple mass-synthesis of a high quality luminescent material.
SOLUTION: A production method of silicon compound nano/micro particles (luminescent material) emitting fluorescence in a visible region comprises: an arrangement step (S01) of arranging a silicon powder 1, a fluonitric acid solution 2 and a silicon substrate 3 in sections of a sealed container 7; a sealing step (S02) of sealing the sealed container 7 inside which the silicon powder 1, the fluonitric acid solution 2 and the silicon substrate 3 are arranged in the arrangement step; a keeping step (S03) of keeping the sealing state in the sealed container 7 sealed in the sealing step for a prescribed time; and a collection step (S04) of collecting silicon compound nano/micro particles produced on the silicon substrate 3 on the sealed container 7 after the keeping step.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、例えば環境材料の1つであるシリコンナノ粒子(Si-NPs)など、可視領域で蛍光発光する発光材料が注目されており、医療、工業、太陽電池分野などでの応用が期待されている。このような発光材料の製造方法としては、ドライプロセスによる製造方法や、ウェットプロセスによる製造方法が知られている(例えば特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、発光材料の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
可視領域で蛍光発光する発光材料の製造方法であって、
シリコン原料と、シリコンを溶解可能なエッチング媒体と、前記シリコンを含む材料により形成される基板とを、密閉空間内に区分して収容する収容ステップと、
前記収容ステップにおいて前記シリコン原料、前記エッチング媒体及び前記基板が収容された前記密閉空間の密閉状態を所定時間保持する保持ステップと、
前記保持ステップの後に前記密閉空間内の前記基板上に生成された前記発光材料を採取する採取ステップと、
を含むことを特徴とする発光材料の製造方法。

【請求項2】
 
前記収容ステップが、
前記シリコン原料、前記エッチング媒体、及び前記基板を、容器内に区分して配置する配置ステップと、
前記配置ステップにおいて前記シリコン原料、前記エッチング媒体及び前記基板を内部に配置した前記容器を密閉して前記密閉空間を形成する密閉ステップと、
を含むことを特徴とする、請求項1に記載の発光材料の製造方法。

【請求項3】
 
前記シリコン原料がシリコン粉末であり、前記エッチング媒体がフッ硝酸溶液であり、前記基板がシリコン基板である、請求項1または2に記載の発光材料の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014175855thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close