Top > Search of Japanese Patents > Aβ PEPTIDE OXIDANT

Aβ PEPTIDE OXIDANT meetings

Patent code P150012516
File No. E112P03P1
Posted date Nov 5, 2015
Application number P2013-239622
Publication number P2015-017082A
Patent number P6324032
Date of filing Nov 20, 2013
Date of publication of application Jan 29, 2015
Date of registration Apr 20, 2018
Priority data
  • P2013-125797 (Jun 14, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)金井 求
  • (In Japanese)相馬 洋平
  • (In Japanese)谷口 敦彦
  • (In Japanese)佐々木 大輔
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title Aβ PEPTIDE OXIDANT meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an agent for inhibiting the aggregation and an agent for lowering the toxicity of Aβ peptide, as well as an agent for the prevention and treatment of Alzheimer's disease.
SOLUTION: This invention relates to an Aβ peptide oxidant wherein one or more amino acid residues that constitute Aβ peptide are oxidized (excluding an Aβ peptide oxidant wherein only Met is oxidized).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

アルツハイマー病は神経細胞の変性、脱落と共に老人斑の形成と神経原線維変化の病理学的特徴を有する神経変性疾患である。アルツハイマー病は記憶、認識、思考、判断等が進行的に損失する認知症状を引き起こし、最終的に死に至らせる。
脳内に沈着した老人斑を構成する主たる物質はアミロイドβペプチド(Aβペプチド)であり、39-43個のアミノ酸から成る。Aβペプチドは細胞毒性を示し、これによりアルツハイマー病が引き起こされると考えられている(非特許文献1)。細胞から分泌されるAβペプチドは主に40個或いは42個のアミノ酸から成るポリペプチドであり、特に42個から成るAβペプチドはより凝集性が強く早期に脳内に沈着すること、及び細胞毒性が強いことが知られている(非特許文献2)。従って、Aβペプチドの産生を阻害する薬剤及びAβペプチドの凝集を阻害する薬剤は、アルツハイマー病予防治療薬として期待されている。
Aβペプチドの産生を阻害する薬剤としては、Aβペプチド産生酵素であるβ-セクレターゼ及びγ-セクレターゼを阻害する薬剤が研究されている。また、Aβペプチドの分解酵素促進剤や抗Aβペプチド抗体、さらにAβペプチドの凝集を阻害する薬剤等が研究されている。

一方、AβペプチドのMet酸化体(AβペプチドのMet残基の硫黄原子が酸化(O)された酸化体)が生体内に少量存在すること、及び当該Met酸化体はAβペプチドに比べて凝集性が低いことが報告されている(非特許文献3~5)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、Aβペプチド酸化体及びこれを有効成分とするアルツハイマー病の予防治療剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
Aβを構成する少なくとも13位のヒスチジン残基又は14位のヒスチジン残基が酸化され、当該ヒスチジン残基酸化体がデヒドロ-2-イミダゾリン環又はヒドロキシ-2-イミダゾロン環を有するAβペプチド酸化体。

【請求項2】
 
さらに、チロシン残基及び/又はメチオニン残基が酸化されている請求項1記載のAβペプチド酸化体。

【請求項3】
 
請求項1又は2記載のAβペプチド酸化体を有効成分とするAβペプチド凝集抑制剤。

【請求項4】
 
請求項1又は2記載のAβペプチド酸化体を有効成分とするAβペプチド毒性低減剤。

【請求項5】
 
請求項1又は2記載のAβペプチド酸化体を有効成分とするアルツハイマー病の予防及び/又は治療剤。

【請求項6】
 
Aβペプチドを酸化することを特徴とする、請求項1又は2記載のAβペプチド酸化体の製造法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) ERATO KANAI Life Science Catalysis AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close