Top > Search of Japanese Patents > TOOL FOR PREVENTING CROWN FROM BEING ACCIDENTALLY SWALLOWED

TOOL FOR PREVENTING CROWN FROM BEING ACCIDENTALLY SWALLOWED

Patent code P150012568
File No. S2014-0787-N0
Posted date Nov 20, 2015
Application number P2014-075685
Publication number P2015-195981A
Patent number P6433138
Date of filing Apr 1, 2014
Date of publication of application Nov 9, 2015
Date of registration Nov 16, 2018
Inventor
  • (In Japanese)岩▲崎▼ 智憲
  • (In Japanese)山▲崎▼ 要一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
Title TOOL FOR PREVENTING CROWN FROM BEING ACCIDENTALLY SWALLOWED
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a tool for preventing a crown from being accidentally swallowed, which improves safety in the attachment of the crown of a deciduous tooth and the like by preventing a medical accident such as accidental swallowing, and which is excellent in manufacture, usability and the like.
SOLUTION: A tool 1 for preventing a crown from being accidentally swallowed prevents the crown 10 from being accidentally swallowed in the attachment of the crown 10 for covering an object tooth. A ring-shaped tool body 2 for preventing the crown from being accidentally swallowed is joined in such a manner as to be orthogonal to a base plate 3. The tool body 2 for preventing the crown from being accidentally swallowed is detachably fixed in a predetermined attitude to a predetermined position of the crown 10 via the base plate 3, and froth 4 is inserted through a ring inner hole 2a of the tool body 2 for preventing the crown from being accidentally swallowed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

歯冠、例えば特に乳歯冠は銀歯を乳歯に被せることで、虫歯の進行を止め、あるいは永久歯の歯並びを守る等の利点があり、我が国では毎年10万歯使用されている。一般に小児(3歳から5歳程度)では歯科恐怖症のため、号泣や体動のために乳歯冠装着時に誤飲あるいは誤嚥のリスクが高い。乳歯冠のうち1%もしくは0.1%(つまり1000から100症例)は、誤飲・誤嚥の事態が生じていると予想される。

なお、この種の歯冠に関する技術として例えば特許文献1には、特に小児歯科において大きな虫歯病変を有する乳歯及び永久大臼歯の治療に有益な、大量生産で歯色付きの既製の歯冠が開示される。また、特許文献2には、永久歯や乳歯の臼歯に被せる既製冠及びその歯冠修復処置に関し,修復処置が簡単な歯冠が開示される。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、典型的には乳歯既製冠に適用して乳歯冠装着時の誤飲、誤嚥を防止する歯冠の誤飲防止具に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
対象歯に被せられる歯冠の装着時に当該歯冠の誤飲を防止するための誤飲防止具であって、
線径1mm以下の金属線材を、内径略2mmのリング状に形成してなる誤飲防止具本体と、薄金属板材を矩形形状に形成してなる基板とを含み、
リング状の前記誤飲防止具本体が前記基板に対して直交するように溶接により接合されてなり、
前記誤飲防止具本体が前記対象歯に対して近心寄りの部位に水平姿勢となるように、前記基板が前記歯冠に着脱可能に電気蝋着により固定され、
前記対象歯の咬合面よりも数mm離して、該対象歯の対合歯と咬合しない高さ位置で前記歯冠に固定され、
前記基板及び前記歯冠の結合強度は少なくとも、前記誤飲防止具本体及び前記基板の結合強度よりも弱く設定され、
そのリング面を水平にして頬内側となるように配置される前記誤飲防止具本体のリング内孔にフロスが挿通されることを特徴とする歯冠の誤飲防止具。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014075685thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close