Top > Search of Japanese Patents > DIAGNOSTIC DEVICE AND DIAGNOSTIC METHOD

DIAGNOSTIC DEVICE AND DIAGNOSTIC METHOD UPDATE_EN meetings

Patent code P150012583
File No. S2015-0947-N0
Posted date Nov 25, 2015
Application number P2015-078096
Publication number P2016-195748A
Patent number P6592836
Date of filing Apr 6, 2015
Date of publication of application Nov 24, 2016
Date of registration Oct 4, 2019
Inventor
  • (In Japanese)田邉 将之
  • (In Japanese)松尾 淳子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人熊本大学
Title DIAGNOSTIC DEVICE AND DIAGNOSTIC METHOD UPDATE_EN meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a diagnostic device, etc., capable of evaluating a state of feces inside the large intestine using information of an ultrasonic echo signal obtained from the large intestine using an ultrasonic wave, and to also provide a diagnostic device, etc., capable of evaluating a state of soft feces using an ultrasonic image.
SOLUTION: A diagnostic device 1 is a diagnostic device for evaluation a state of feces inside the large intestine. A probe unit 3 can generate an ultrasonic wave and detect an echo signal from the large intestine, and a state-of-feces evaluation unit 7 can distinguish normal feces, hard feces, feces with gas accumulation, and soft feces using the echo signal. Furthermore, a soft feces evaluation unit 25 can evaluate whether or not the feces are soft feces using an ultrasonic image generated by an image generation unit 5.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

排便コントロールは、高齢者や療養者のケアとして行う頻度が高く、共に看護師など医療者各自の判断がケアに直結している。例えば、便秘を訴える高齢者の多くが、下剤や浣腸など薬物治療を必要としている。

大腸がんの診断のために超音波で大腸そのものの状態を確認することはあるが、臨床では、大腸に滞留する便の状態を可視化することは行われていない。現在、その適応を判断するための手法として触診や聴診が行われているが、その適応を判断する大腸内部の状態を定量的に評価できる指標は存在せず、ケアを行う者の熟練度に依存している。

大腸内部の状態は、1)正常便、2)硬便(直腸性便秘)、3)ガス蓄積、4)軟便(弛緩性便秘)の4つに大別できる。発明者らは、超音波画像を分析して、輝度値の減衰による硬便の評価(非特許文献1)を、並びに、自己相関関数によるガス蓄積及び輝度変化量による正常の評価(非特許文献2)を提案した。

Field of industrial application (In Japanese)

本願発明は、診断装置及び診断方法に関し、特に、大腸の内部の便の状態を評価する診断装置等に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
大腸の内部の便の状態を評価する診断装置であって、
エコー信号検出手段と、便状態評価手段を備え、
前記エコー信号検出手段は、前記大腸を伝搬方向とする超音波を発生して前記大腸からのエコー信号を検出
前記便状態評価手段は、
前記エコー信号を前記伝搬方向とは垂直方向に統計処理を施した後に、
前記伝搬方向に対して、2次多項式の近似曲線を用いて前記大腸の内部の便の状態が硬便であるか否かを評価する、診断装置。

【請求項2】
 
大腸の内部の便の状態を評価する診断装置であって、
エコー信号検出手段と、便状態評価手段を備え、
前記エコー信号検出手段は、前記大腸を伝搬方向とする超音波を発生して前記大腸からのエコー信号を検出し、
前記便状態評価手段は、
前記エコー信号において、前記大腸を含む部分に対してフーリエ変換を行って高周波成分を確認すること、並びに/又は、前記大腸の内部の滞留物のサイズ及び/若しくは個数を検出することにより、前記大腸の内部の便の状態が軟便であるか否かを評価する、診断装置。

【請求項3】
 
大腸の内部の便の状態を評価する診断装置であって、
コー信号を用いて前記大腸の超音波画像データを得る画像取得手段と、
前記超音波画像データにおいて、超音波画像の前記大腸を含む部分に対して2次元フーリエ変換を行い、軟便判定値よりも高周波成分を確認し、並びに/又は、前記大腸の内部の滞留物のサイズ及び/若しくは個数を検出し、並びに/又は、前記超音波画像データにおいて、前記大腸の内部の動きを検出して、前記大腸の内部の便の状態が軟便であるか否かを評価する便状態評価手段を備える診断装置。

【請求項4】
 
前記便状態評価手段は、前記超音波画像の前記大腸を含む部分に対して2値化処理を行い、膨張収縮処理を行うことによって基準個数以上の粒状の滞留物を検出する、請求項3記載の診断装置。

【請求項5】
 
大腸の内部の便の状態を評価する診断装置における診断方法であって、
前記診断装置が備える画像取得手段が、エコー信号を用いて前記大腸の超音波画像データを得るステップと、
前記診断装置が備える便状態評価手段が、前記超音波画像データにおいて、超音波画像の前記大腸を含む部分に対して2次元フーリエ変換を行い、軟便判定値よりも高周波成分を確認し、並びに/又は、前記大腸の内部の滞留物のサイズ及び/若しくは個数を検出し、並びに/又は、前記超音波画像データにおいて、前記大腸の内部の動きを検出して、前記大腸の内部の便の状態が軟便であるか否かを評価するステップを含む診断方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015078096thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or telephone if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close