Top > Search of Japanese Patents > COMPOSITION FOR BIOLOGICAL TISSUE FIXATION, AND VESSEL CONTAINING COMPOSITION FOR BIOLOGICAL TISSUE FIXATION

COMPOSITION FOR BIOLOGICAL TISSUE FIXATION, AND VESSEL CONTAINING COMPOSITION FOR BIOLOGICAL TISSUE FIXATION

Patent code P150012587
File No. S2015-1412-N0
Posted date Nov 25, 2015
Application number P2015-090291
Publication number P2016-204326A
Patent number P6284241
Date of filing Apr 27, 2015
Date of publication of application Dec 8, 2016
Date of registration Feb 9, 2018
Inventor
  • (In Japanese)山下 和也
Applicant
  • (In Japanese)学校法人北里研究所
Title COMPOSITION FOR BIOLOGICAL TISSUE FIXATION, AND VESSEL CONTAINING COMPOSITION FOR BIOLOGICAL TISSUE FIXATION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a spill-resistant composition for biological tissue fixation in which the scattering of formaldehyde and liquid spill are suppressed, and further, to provide a vessel stored with the composition for biological tissue fixation.
SOLUTION: Provided is a vessel containing a composition for biological tissue fixation provided with: a composition for biological tissue fixation containing: a gelling agent; water; and formaldehyde as effective components, and also provided is a vessel containing a composition for biological tissue fixation provided with; vessel; a first layer made of the composition for biological tissue fixation; and a barrier layer laminated on the upper face of the first layer.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

病院や研究機関等では、生体組織標本の固定が日常的に行われている。生体組織標本の固定には、一般的に、3~5%パラホルムアルデヒド溶液又はホルマリン液が使用される。

ホルマリン液としては、日本薬局方で定められた局方ホルマリン液を5~10倍程度に希釈したものが一般的に用いられている。局方ホルマリンとは、35~38w/v%ホルムアルデヒド水溶液に、安定化剤(にごり防止)として5~13w/v%程度のメタノールが加えられたものである(非特許文献1を参照)。局方ホルマリンを10倍希釈したものは10%ホルマリン液と呼ばれる。10%ホルマリン液中のホルムアルデヒドの濃度は3.5~3.8w/v%程度である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、生体組織固定用組成物及び生体組織固定用組成物入り容器に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
容器と、前記容器内に収容された、生体組織固定用組成物からなる第1の層と、前記第1の層の上面に積層されたバリア層と、を備え、前記生体組織固定用組成物は、ゲル化剤、水及びホルムアルデヒドを有効成分として含有するものである、生体組織固定用組成物入り容器。

【請求項2】
 
前記生体組織固定用組成物は、前記ホルムアルデヒドの濃度が2~50w/v%である、請求項1に記載の生体組織固定用組成物入り容器。

【請求項3】
 
前記バリア層の前記第1の層とは反対側の面上に、色素を含有する流体からなる第2の層を更に備える、請求項1又は2に記載の生体組織固定用組成物入り容器。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close