Top > Search of Japanese Patents > ADSORPTION MECHANISM

ADSORPTION MECHANISM

Patent code P150012589
File No. S2015-1445-N0
Posted date Nov 25, 2015
Application number P2015-101997
Publication number P2016-217433A
Patent number P6518507
Date of filing May 19, 2015
Date of publication of application Dec 22, 2016
Date of registration Apr 26, 2019
Inventor
  • (In Japanese)高橋 智一
Applicant
  • (In Japanese)学校法人関西大学
Title ADSORPTION MECHANISM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a pressure type adsorption mechanism which has excellent facility applicability, which can achieve improvement of an adsorption force and which can avoid occurrence of various troubles by sucking dust and oil adhered to an object.
SOLUTION: An adsorption mechanism includes an adsorption body 3 for adsorbing an object. The adsorption body 3 includes: an elastically deformable adsorption film for coming into contact with an object 1; pressure fluid supply means 4 for supplying a pressure fluid for deforming the adsorption film; and adsorption film deformation means for deforming the adsorption film by the pressure fluid from the pressure fluid supply means 4. The adsorption film, in a contact state with the object 1, is deformed to the side separating from the object by the pressure fluid being supplied from the pressure fluid supply means 4 to the adsorption film deformation means, and by the deformation of the adsorption film, a sealed space which is further decompressed than the outside is formed between itself and the object, and the adsorption body adsorbs the object.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

かかる吸着機構は、対象物を吸着する吸着ヘッドを備え、この吸着ヘッドは、排気ポンプにより減圧される一次減圧室を形成するための吸着ヘッド部と、一次減圧室を外部に連通させる連通孔が形成され吸着ヘッド部と共に一次減圧室を形成する吸着板と、この吸着板の吸着面側の外面に気密状態に固定される薄板状の弾性部材とを備えている。従って、弾性部材を対象物に当てた状態で、一次減圧室を排気ポンプで減圧することによって、弾性部材における吸着板の連通孔に対応する部分が一次減圧室側に変形する。これによって、弾性部材と対象物との間に外部よりも減圧された密閉空間(二次減圧室)が形成されて吸着ヘッドが対象物を吸着する(例えば、特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、対象物を吸着するための吸着体を備えた吸着機構に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
対象物を吸着するための吸着体を備え、
前記吸着体が、対象物に当接する弾性変形可能な吸着膜と、該吸着膜を変形させる加圧流体を供給する加圧流体供給手段と、該加圧流体供給手段から加圧流体が供給されることによって前記吸着膜を変形させる吸着膜変形手段とを備え、
前記吸着膜は、対象物との当接状態において前記加圧流体供給手段から前記吸着膜変形手段に加圧流体が供給されることにより対象物から離間する側へ変形され、該吸着膜の変形により対象物との間に外部よりも減圧された密閉空間が形成されて前記吸着体が対象物を吸着することを特徴とする吸着機構。

【請求項2】
 
前記吸着膜変形手段は、前記吸着膜の対象物との当接面とは反対側の面に一端が連結され、該吸着膜の外径よりも小さな外径を有し、かつ、軸方向及び径方向に弾性変形可能な筒状体と、前記加圧流体供給手段から加圧流体が前記筒状体の内部に供給された時、該筒状体を軸方向への伸縮を規制して径方向外側へ変形させることで、該筒状体の軸方向長さを短縮する筒状体変形手段とを備えていることを特徴とする請求項1に記載の吸着機構。

【請求項3】
 
前記筒状体変形手段が、前記筒状体を挟むように対向して設けられ、該筒状体よりも軸方向の伸縮性の乏しい材料から構成された一対の板体を備えることを特徴とする請求項2に記載の吸着機構。

【請求項4】
 
前記筒状体変形手段が、前記筒状体の外面に周方向に間隔を置いて設けられ、該筒状体の軸方向に沿って延びるとともに該筒状体よりも軸方向の伸縮性の乏しい材料から構成された複数の線材を備えることを特徴とする請求項2に記載の吸着機構。

【請求項5】
 
前記筒状体変形手段が、前記筒状体に外嵌され、該筒状体よりも軸方向の伸縮性の乏しい繊維状の材料を編み込んで筒状にしたスリーブ部材を備えることを特徴とする請求項2に記載の吸着機構。

【請求項6】
 
前記筒状体変形手段が、前記筒状体の外面に該筒状体の軸方向に沿って形成され、かつ、周方向に溝を介して並ぶように形成された複数の厚肉部を備えることを特徴とする請求項2に記載の吸着機構。

【請求項7】
 
前記吸着膜の外縁には、該吸着膜の当接面とは反対側の側方を覆うための側壁部を備え、該側壁部の内側面と前記筒状体の外側面との間に内部空間を形成し、前記吸着膜を対象物側へ突出変形させるよう、前記内部空間に加圧流体を供給する吸着膜復帰用加圧流体供給手段を備えることを特徴とする請求項2~6のうちのいずれか1項に記載の吸着機構。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015101997thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close