Top > Search of Japanese Patents > DISCHARGE METHOD OF GAS IN DIE, AND DISCHARGE METHOD-APPLIED MOLDING DIE

DISCHARGE METHOD OF GAS IN DIE, AND DISCHARGE METHOD-APPLIED MOLDING DIE meetings

Patent code P150012601
File No. S2014-0440-N0
Posted date Nov 26, 2015
Application number P2014-018687
Publication number P2015-145098A
Patent number P6274408
Date of filing Feb 3, 2014
Date of publication of application Aug 13, 2015
Date of registration Jan 19, 2018
Inventor
  • (In Japanese)是澤 宏之
  • (In Japanese)楢原 弘之
  • (In Japanese)大穂 泰正
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title DISCHARGE METHOD OF GAS IN DIE, AND DISCHARGE METHOD-APPLIED MOLDING DIE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a discharge method of gas in a die, in which the gas is discharged while restraining the gas from flowing into a cavity, and to provide a molding die to which the discharge method of gas in the die is applied.
SOLUTION: A die internal space 15 comprising a material supply line 13 on which an injection port 12 of a molding material 11 and a gas discharge port 30 are arranged and a cavity 14 connected to the material supply line 13, is divided along a flow of the molding material 11 in a shielding position on the downstream side of the gas discharge port 30 and on the upstream side of the cavity 14 so that the molding material 11 is injected into the material supply line 13 from the injection port 12 and the gas in the material supply line 13 on the upstream side of the shielding position is not made to flow into the cavity 14 but is sent to the outside through the gas discharge port 30. Then, the divided state of the die internal space 15 in the shielding position is released so that the molding material 11 is made to flow in the cavity 14.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

成形用金型を用いて成形を行う際には、金型内の空間からガスを排出して、ショートショットやガス焼け等の発生を抑制している。ガスの排出は、成形用材料の充填の際に行われ、その具体例が、特許文献1、2に記載されている。
特許文献1には、キャビティ内のガス圧が所定の圧力を超えたときにガス抜き孔を開いてガスを排出する技術が記載され、特許文献2には、キャビティ内に突出可能に設置された突き出しピンに切欠き部を設けてガスを排出する旨が記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、溶融金属や溶融樹脂等からなる成形用材料が注入される金型内空間からガスを排出する金型内ガス排出方法及びその方法を適用した成形用金型に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
成形用材料の注入口及びガス排出口が設けられた材料供給路と、前記材料供給路に連結されたキャビティとからなる金型内空間を、前記成形用材料の流れに沿って、前記ガス排出口の下流側、かつ、前記キャビティの上流側の遮蔽位置で分割する工程Aと、
前記注入口から前記材料供給路内に前記成形用材料を注入し、前記材料供給路内の前記遮蔽位置より上流側のガスを、前記キャビティに流入させず、前記ガス排出口を介して外部に送り出す工程Bと、
前記金型内空間を前記遮蔽位置で分割した状態を解除して、前記成形用材料を前記キャビティ内に流入可能にする工程Cとを有し、
前記ガス排出口は、前記金型内空間を分割する開閉手段に形成されており、
前記開閉手段は、前記成形用材料が該開閉手段に接触して該成形用材料から力を受けることにより移動して、前記金型内空間を分割した状態を解除することを特徴とする金型内ガス排出方法。

【請求項2】
 
請求項1記載の金型内ガス排出方法において、前記ガス排出口は、前記材料供給路内の前記キャビティへの連結領域に設けられていることを特徴とする金型内ガス排出方法。

【請求項3】
 
成形用材料の注入口が設けられた材料供給路と、前記材料供給路に連結されたキャビティとからなる金型内空間を備えた成形用金型において、
前記材料供給路にガス排出口が設けられ、
前記金型内空間を、前記成形用材料の流れに沿って、前記ガス排出口の下流側、かつ、前記キャビティの上流側の遮蔽位置で分割し、前記注入口からの前記成形用材料の注入によって、前記材料供給路内の前記遮蔽位置より上流側のガスが、前記キャビティに流入せず、前記ガス排出口を介して外部に送り出される状態にする開閉手段を備え、
前記ガス排出口は、前記開閉手段に形成されており、
前記開閉手段は、前記成形用材料が該開閉手段に接触して該成形用材料から力を受けることにより移動して、前記金型内空間を前記遮蔽位置で分割した状態を解除し、前記遮蔽位置まで達した前記成形用材料を前記キャビティ内に流入させることを特徴とする成形用金型。

【請求項4】
 
請求項3記載の成形用金型において、前記ガス排出口は、前記材料供給路の前記キャビティへの連結領域に設けられていることを特徴とする成形用金型。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014018687thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close