Top > Search of Japanese Patents > SOUND WAVE SENSOR

SOUND WAVE SENSOR

Patent code P150012602
File No. S2014-0711-N0
Posted date Nov 26, 2015
Application number P2014-057865
Publication number P2015-184021A
Date of filing Mar 20, 2014
Date of publication of application Oct 22, 2015
Inventor
  • (In Japanese)佐藤 寧
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title SOUND WAVE SENSOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a sound wave sensor that can reliably detect the presence or absence of paper money very easily by employing sound waves.
SOLUTION: A sound wave sensor comprises: a sound generating body (2) that outputs a sound wave signal having a predetermined frequency; an echo body (3) that is provided in opposition to the direction in which the sound generating body (2) outputs the sound wave signal, the echo body being provided at a position in which the sound wave signal resonates at a predetermined frequency; a slit (5) that is provided between the sound generating body (2) and the echo body (3), and through which sheet-form paper money (4) passes; and a resonance determination unit (6) that determines the state of resonance of the frequency that is output from the sound generating body (2). The resonance determination unit (6) determines the state of resonance by detecting changes in the power consumption of the sound generating body (2).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

例えば、ATMなどでは紙幣の枚数をカウントする際に光センサを利用していることが多い。図9は、従来のATMにおける紙幣の検知方法を模式的に示したものである。図9(A)に示すように、従来の方式では、LEDの光が紙幣により遮断された場合に紙幣を検知する。この方式は非接触で紙幣の有無を検知できるため、広く一般的に利用されているものであるが、図9(C)に示すような外国の紙幣の場合に不具合が生じている。

すなわち、外国の紙幣は、近年耐久性を高めるためにポリマー紙幣が利用されるようになっており、図9(C)に示すようなデザイン性を重視した場合には、紙幣に透明な部分が存在し、誤検知されてしまうという問題が発生している。つまり、透明な部分はLEDからの光を通してしまうため、紙幣が存在しないものと誤認識してしまう場合がある。

そこで、このような誤検知を防止する方法として、抵抗測定方式が知られている(図9(B)を参照)。これは、電極間を接触させておいて、その接触した電極間に紙幣を通すことで電極の接続が遮断されたことを検出するものである。この方式は、上記のような透明部分が存在する紙幣であっても、その有無を確実に編出することができるが、紙幣と電極が接触する必要があるため、紙幣を痛めてしまうという問題がある。

また、超音波を利用して紙幣疲労の検出を行う技術として、例えば特許文献1に示す技術が開示されている。特許文献1に示す技術は、超音波をバースト波として発振する超音波送信素子(11)と超音波受信素子(12)と、受信感度検知部(22)とを備えた媒体疲労検出装置であり、素子(11),(12)は両者の間を通過する紙幣などのシート状媒体(5)を介して対向する位置に配置され、素子(11)から送信される超音波がシート状媒体(5)の主面に対して所定の入射角度θで入射し、シート状媒体(5)を透過した超音波の受信感度の変動を測定することで媒体(5)の疲労を検出するものである。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、音波の共振周波数の変化を利用してシート状の媒体を検出する音波センサに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
所定の周波数の音波信号を出力する発音体と、
前記発音体が前記音波信号を出力する方向に対向して配設され、当該音波信号が前記所定の周波数で共振する位置に配設される反響体と、
前記発音体と前記反響体との間にシート状の媒体が通過するスリットと、
前記発音体から出力される前記周波数の共振状態を判定する判定手段とを備えることを特徴とする音波センサ。

【請求項2】
 
請求項1に記載の音波センサにおいて、
前記判定手段が、前記発音体の消費電力の変動を検出して前記共振状態を判定することを特徴とする音波センサ。

【請求項3】
 
請求項1に記載の音波センサにおいて、
前記発音体の近傍に、当該発音体から出力された前記音波信号を受信するマイクを備え、
前記判定手段が、前記マイクにて検知された信号の音圧に基づいて前記共振状態を判定することを特徴とする音波センサ。

【請求項4】
 
請求項1ないし3のいずれかに記載の音波センサにおいて、
前記発音体を収納する第1筐体を備え、
前記第1筐体における前記発音体の配設面に対向する面に前記発音体から出力された前記音波を出力するための出力孔が形成されていることを特徴とする音波センサ。

【請求項5】
 
請求項4に記載の音波センサにおいて、
前記第1筐体の前記出力孔が形成された面に対向して配設され、前記出力孔から出力された前記音波が入力される入力孔が形成された面を含み、前記反響体として機能する第2筐体を備えることを特徴とする音波センサ。

【請求項6】
 
請求項1ないし5のいずれかに記載の音波センサにおいて、
前記音波が超音波であることを特徴とする音波センサ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
  • 2G105AA01
  • 2G105BB02
  • 2G105CC03
  • 2G105DD03
  • 2G105EE01
  • 2G105FF06
  • 2G105FF16
  • 2G105HH04
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014057865thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close