Top > Search of Japanese Patents > METHODS FOR PRODUCING HIGH VALUE-ADDED LIPIDS

METHODS FOR PRODUCING HIGH VALUE-ADDED LIPIDS

Patent code P150012605
File No. 13077
Posted date Nov 26, 2015
Application number P2014-066844
Publication number P2015-188342A
Patent number P6351328
Date of filing Mar 27, 2014
Date of publication of application Nov 2, 2015
Date of registration Jun 15, 2018
Inventor
  • (In Japanese)秋 庸裕
  • (In Japanese)中島田 豊
  • (In Japanese)岡村 好子
  • (In Japanese)松村 幸彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人広島大学
Title METHODS FOR PRODUCING HIGH VALUE-ADDED LIPIDS
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing high value-added lipids such as docosahexaenoic acid, astaxanthin, squalene by microbial fermentation of mannitol derived from a brown algae (e.g., kelp) extract.
SOLUTION: The method for producing high value-added lipids of the invention comprises: culturing Gluconobacter bacteria in a culture medium comprising a mannitol source such as a kelp extract and a nitrogen source; and when the conversion rate of mannitol to fructose becomes 50% or more, adding sodium chloride to the culture medium to a final concentration of 1-4%(w/v) with inoculation of a microorganism of the genus Aurantiochytrium (KH105, Accession number: FERM AP-22267).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ドコサヘキサエン酸(DHA)、アスタキサンチン、スクアレン等の高付加価値脂質の需要が高まっている。しかし、これらの高付加価値脂質は、天然から安全に且つ安定的に得ることが難しいことから、微生物によって高付加価値脂質を発酵生産する方法が検討されている。

例えば、引用文献1には、グリセロール、マンニトール、ソルビトール、サッカロース等のポリオール類を有する培地で、クリプテコディニウム・コーニー等の海洋性微細藻類を培養することによって、藻体が安定して増殖し、藻体の脂質中のドコサヘキサエン酸(DHA)の含量が顕著に上昇することが記載されている。

高付加価値脂質の発酵生産に利用する微生物として、高付加価値脂質の生産能力に優れることから、ラビリンチュラ類オーランチオキトリウム(Aurantiochytrium)属微生物が注目されている。

例えば、引用文献2には、オーランチオキトリウム属微生物等の従属栄養微生物を、窒素および炭素の含有量が異なる2種類の培地を用いて段階的に培養することによって、従属栄養微生物に効率よく油脂を生産させることができ、より短期間で大量に油脂を生産することができることが記載されている。引用文献3には、オーランチオキトリウム属微生物等の従属栄養微生物を、糖類およびグリセリンの含有量が異なる2種類の培地を用いて段階的に培養することによって、より短期間で大量に油脂を生産できることが記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は高付加価値脂質の生産方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(a)マンニトールと窒素源とを少なくとも含有している培養培地に、フルクトース生成微生物とオーランチオキトリウム属微生物とを植菌して培養するか、または(b)当該培養培地に当該フルクトース生成微生物を植菌し培養した後に、当該オーランチオキトリウム属微生物を植菌し培養する、培養工程と、
塩化ナトリウムを上記培養培地に添加する、塩化ナトリウム添加工程と、
を包含し、
上記フルクトース生成微生物は、マンニトールをフルクトースに変換し、且つ当該フルクトースを菌体外に分泌可能な微生物であり、
上記塩化ナトリウム添加工程は、上記培養培地中の上記マンニトールのフルクトースへの変換率が50%以上になったときに行われ、
上記塩化ナトリウムは、上記培養培地における最終濃度が、上記オーランチオキトリウム属微生物が生育可能な濃度で、且つ上記フルクトース生成微生物の生育を阻害する濃度となるように、上記培養培地に添加されることを特徴とする、高付加価値脂質の生産方法(ここで、上記高付加価値脂質は、エイコサペンタエン酸、ドコサペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、アラキドン酸、ジホモ-γ-リノレン酸、アスタキサンチン、フェニコキサンチン、カンタキサンチン、エキネノン、β-カロテン、リコペン、スクアレン、または、ステロールである。)

【請求項2】
 
上記フルクトース生成微生物は、グルコノバクター属細菌であることを特徴とする、請求項1に記載の高付加価値脂質の生産方法。

【請求項3】
 
上記塩化ナトリウム添加工程では、上記塩化ナトリウムは、上記培養培地における最終濃度が1~4%(w/v)となるように、上記培養培地に添加されることを特徴とする、請求項2に記載の高付加価値脂質の生産方法。

【請求項4】
 
上記フルクトース生成微生物に作用する抗生物質を上記培養培地に添加する抗生物質添加工程をさらに包含し、
上記抗生物質添加工程は、上記培養培地中の上記マンニトールのフルクトースへの変換率が50%以上になったときに行われることを特徴とする、請求項1から3の何れか1項に記載の高付加価値脂質の生産方法。

【請求項5】
 
上記培養工程において、マンニトールと窒素源とを少なくとも含有している培養培地において前培養された、フルクトース生成微生物を培養培地に植菌することを特徴とする、請求項1から4の何れか1項に記載の高付加価値脂質の生産方法。

【請求項6】
 
上記培養工程における培養培地は、マンニトールのみを炭素源として含有していることを特徴とする、請求項1から5の何れか1項に記載の高付加価値脂質の生産方法。

【請求項7】
 
上記培養培地は、褐藻綱藻類抽出物を含有していることを特徴とする、請求項1から6の何れか1項に記載の高付加価値脂質の生産方法。

【請求項8】
 
上記褐藻綱藻類は、コンブ科藻類であることを特徴とする、請求項7に記載の高付加価値脂質の生産方法。

【請求項9】
 
上記培養工程が(b)である場合において、
上記塩化ナトリウム添加工程後に、上記オーランチオキトリウム属微生物を上記培養培地に植菌することを特徴とする、請求項1に記載の高付加価値脂質の生産方法。

【請求項10】
 
上記培養工程が(b)である場合において、
上記フルクトース生成微生物の培養上清に、上記オーランチオキトリウム属微生物を植菌し培養することを特徴とする、請求項1から9の何れか1項に記載の高付加価値脂質の生産方法。

【請求項11】
 
上記オーランチオキトリウム属微生物は、オーランチオキトリウム(Aurantiochytrium sp. KH105、受領番号:FERM AP-22267)であることを特徴とする、請求項1から10の何れか1項に記載の高付加価値脂質の生産方法。

【請求項12】
 
上記前培養における培養培地は、上記培養工程における培養培地と同じ組成であることを特徴とする、請求項5に記載の高付加価値脂質の生産方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close