Top > Search of Japanese Patents > PACIFIER TYPE SENSOR

PACIFIER TYPE SENSOR

Patent code P150012615
File No. S2014-0596-N0
Posted date Nov 26, 2015
Application number P2014-038494
Publication number P2015-160079A
Patent number P6377369
Date of filing Feb 28, 2014
Date of publication of application Sep 7, 2015
Date of registration Aug 3, 2018
Inventor
  • (In Japanese)開 一夫
  • (In Japanese)石井 健太郎
  • (In Japanese)尾形 正泰
  • (In Japanese)今井 倫太
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京大学
Title PACIFIER TYPE SENSOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a pacifier type sensor that has a novel configuration.
SOLUTION: A first sensor 42 and a second sensor 44 configured as reflective photoregistors, are wrapped by a cotton batting-like member 46, and are disposed in a tip part and the central part of the inside of a nipple-like part 58. When an external force does not act on the nipple part 58, a density of the cotton batting-like member 46 is adjusted so that detected voltages by the first sensor 42 and the second sensor 44 become the maximum voltages. When the nipple part 58 is deformed by the action of an external force, the density of the cotton-like member 46 is changed and amounts of lights received by the first sensor 42 and the second sensor 44 are changed, so that the detected signals of the first sensor 42 and the second sensor 44 are changed. Accordingly, a complex form of deformation of the nipple part 58 due to lip movement of a person wearing it can be identified more properly.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、この種のおしゃぶり型センサとしては、おしゃぶり部分の圧力を検出するものが提案されている(例えば、特許文献1参照)。このセンサでは、シリコンゴムにより形成された中空のおしゃぶり部分と、このおしゃぶり部分の中空部に一端が連通するビニールチューブと、ビニールチューブの他端側に配置された空気圧センサと、を備えており、おしゃぶり部分の空気圧の変化をビニールチューブを介して空気圧センサにより検出している。そして、このおしゃぶり型センサは、空気圧センサからの出力信号を音生成器に入力し、空気圧の変化に応じた音を出力する音具に用いられている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、おしゃぶり型センサに関し、詳しくは、乳首部の外力による変形の程度を検出するおしゃぶり型センサに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
乳首部の外力による変形の程度を検出するおしゃぶり型センサであって、
前記乳首部の内側に配置された伸縮変形自在の伸縮変形自在部材と、
前記伸縮変形自在部材の内部に配置された反射型フォトセンサと、
を備え
前記伸縮変形自在部材は、前記乳首部に外力が作用していないときに前記反射型フォトセンサによる受光量が最大近傍となる密度に調整されており、
前記反射型フォトセンサは、前記乳首部の長手方向に複数配置されている、
おしゃぶり型センサ。

【請求項2】
 
請求項1記載のおしゃぶり型センサであって、
前記乳首部を有するおしゃぶり本体と、
前記反射型フォトセンサに給電するバッテリと、
信号を無線送信する無線送信手段と、
前記反射型フォトセンサからの検出信号を入力すると共に入力した検出信号に基づいて送信信号を調整し、該送信信号が送信されるよう前記無線送信手段を制御する制御手段と、
前記おしゃぶり本体に着脱自在に取り付けられ、前記バッテリと前記無線送信手段と前記制御手段とを収納する収納部材と、
を備えるおしゃぶり型センサ。

【請求項3】
 
請求項2記載のおしゃぶり型センサであって、
前記収納部材に取り付けられ、外側形状が前記乳首部の内側形状と略同一となるよう形成され、前記伸縮変形自在部材と前記反射型フォトセンサとを内部に収納し、前記乳首部に着脱自在に嵌挿されて前記乳首部への外力の作用に伴って変形するセンサ収納部、
を備えるおしゃぶり型センサ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014038494thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)東京大学TLOでは、東京大学における知的財産の管理・運営を行なっています。上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close