Top > Search of Japanese Patents > SPHERICAL POLYMER PARTICLES AND OPTICAL ELEMENT

SPHERICAL POLYMER PARTICLES AND OPTICAL ELEMENT meetings

Patent code P150012630
File No. S2014-0106-N0
Posted date Nov 26, 2015
Application number P2014-009724
Publication number P2015-137312A
Patent number P6344756
Date of filing Jan 22, 2014
Date of publication of application Jul 30, 2015
Date of registration Jun 1, 2018
Inventor
  • (In Japanese)山本 洋平
  • (In Japanese)田畑 顕一
  • (In Japanese)アクセル ロルケ
  • (In Japanese)ダニエル ブラーム
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人筑波大学
Title SPHERICAL POLYMER PARTICLES AND OPTICAL ELEMENT meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide spherical polymer particles and optical elements which can show whispering gallery mode oscillation without using luminescent materials such as pigments.
SOLUTION: Spherical or substantially spherical microparticles are formed by using luminous polymers such as π conjugated polymers. When irradiated with excitation light such as laser beams, the spherical microparticles cause whispering gallery mode oscillation inside. The spherical microparticles can be used for optical elements of an optical resonator or an optical amplifier.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

ナノサイズやマイクロサイズの微粒子を集積して作製するコロイド結晶は、新たな光機能を示す三次元フォトニック結晶の観点から、注目されている。例えば、従来、単分散球状メソポーラスシリカのメソ細孔内に発光性の有機色素、有機金属配位化合物、高分子発光材料又は半導体ナノ粒子などを導入したコロイド結晶が提案されている(特許文献1参照)。

また、ポリスチレンなどのポリマービーズに色素を添加したり、発光性有機分子や発光性高分子を塗布したりすることによって、ウィスパリング・ギャレリー・モード(Whispering Gallery Mode:WGM)発振を発現させる研究も行われている(例えば、非特許文献1~3参照。)。そして、このような発光特性を有する球状粒子は、光共振器、光増幅器及びセンサーなど種々の光学デバイスへの応用が期待されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、球状ポリマー粒子及びこれを用いた光学素子に関する。より詳しくは、発光性高分子を用いて形成されたマイクロ球状粒子及びその発光特性を利用した光学素子に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
発光性高分子からなる球状又は略球状の粒子であり、
電子顕微鏡により測定した粒子径が2μm以上であり、かつ、
励起光の照射により内部でウィスパリング・ギャレリー・モード発振が生じる、ウィスパリング・ギャレリー・モード発振発現用球状ポリマー粒子。

【請求項2】
 
前記発光性高分子は、π共役系交互共重合体である請求項1に記載のウィスパリング・ギャレリー・モード発振発現用球状ポリマー粒子。

【請求項3】
 
蒸気拡散法により形成されたものである請求項1又は2に記載のウィスパリング・ギャレリー・モード発振発現用球状ポリマー粒子。

【請求項4】
 
C60、Au、Cu、Ti、及びAlからなる群のいずれか1以上の高屈折率材料が真空蒸着法により蒸着された請求項1~3のいずれか1項に記載のウィスパリング・ギャレリー・モード発振発現用球状ポリマー粒子。

【請求項5】
 
請求項1~4のいずれか1項に記載のウィスパリング・ギャレリー・モード発振発現用球状ポリマー粒子を用いた光学素子。

【請求項6】
 
励起光を照射して、ウィスパリング・ギャレリー・モード発振を球状ポリマー粒子の内部に生じさせる方法であって、
前記粒子は、発光性高分子からなる球状又は略球状の粒子であり、かつ、電子顕微鏡により測定した粒子径が2μm以上である方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014009724thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close