Top > Search of Japanese Patents > PROCESSING METHOD OF INCINERATION ASH

PROCESSING METHOD OF INCINERATION ASH

Patent code P160012691
File No. 152
Posted date Jan 13, 2016
Application number P2014-099996
Publication number P2015-217314A
Patent number P6579732
Date of filing May 13, 2014
Date of publication of application Dec 7, 2015
Date of registration Sep 6, 2019
Inventor
  • (In Japanese)山田 一夫
  • (In Japanese)市川 恒樹
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人国立環境研究所
Title PROCESSING METHOD OF INCINERATION ASH
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for suppressing the elution of lead and the foaming of metallic aluminum from incineration ash containing lead and metallic aluminum.
SOLUTION: In a processing method of incineration ash, after the incineration ash containing calcium chloride (CaCl2) and/or calcium hydroxychloride (CaClOH), calcium hydroxide (Ca(OH)2) and lead and/or metallic aluminum, water and cement are mixed to obtain a mixture, a liquid portion in the mixture is collected. When a pH value of the liquid portion is more than 12, calcium chloride is added to the mixture to make the pH value of the liquid portion become 12 or lower.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

焼却灰は、表1に示すように、一般に、両性金属である鉛や金属アルミニウムを含むほか、焼却炉の排ガス中の塩化水素を中和するために吹き込まれた消石灰やその中和生成物である塩化カルシウムを含む。そして、焼却灰の液性は、未反応のままで残存する消石灰のため、一般に水酸化カルシウムの溶解平衡から最大pH12.7程度のアルカリ性を示す。

【表1】
(省略)

鉛は両性金属であるから、鉛の溶解度は、非特許文献1の図1に示すように、pH12以下では低いがpH12を超えると急に高くなる。また、金属アルミニウムは、下記反応式に示すように、アルカリ性の液中では水を還元して水素ガスが発生する。
2Al+6OH+6H2O → 2Al(OH)3+6OH+3H2
ただし、前記反応により生成する水酸化アルミニウムは難溶性であるため、弱アルカリ性では、金属アルミニウムの表面に難溶性被膜が形成されて前記反応は停止する。しかし、pH12を超える強アルカリ性では、水酸化アルミニウムが水溶性のアルミン酸に変わるため、前記反応は停止することなく水素ガスが発生し続ける。

通常、焼却灰は、防塵や減容化のため、焼却灰の質量の数%~50%程度のセメントを用いて固型化処理した後、最終処分場内に埋め立て処分されている。
そして、前記セメントの種類や添加量により、セメント固型化物のpHは13を超える場合がある。該pHでは、図1に示すように鉛の溶解度は10-2Mを超え、また、セメントの凝結の初期段階から水素ガスが多量に発生して、焼却灰とセメントの混練物が膨張し、硬化体の組織が脆くなる。さらに、水素ガスの発生が甚だしい場合、前記混練物は1個の硬化体を形成することなく発泡したり、崩壊して大小の脆弱な塊状物になり、該塊状物からの鉛の溶出は増加することが予想される。ちなみに、水質汚濁防止法に規定する鉛の排水基準は0.3mg/L(1.4×10-6M)である。

そこで、特許文献1では、焼却灰をアルカリまたは酸で処理して金属アルミニウムを除いた後に、セメントを用いて固型化する方法がいくつか提案されている。具体的には、請求項1の発明は、金属アルミニウム等が残存する焼却灰をアルカリ水溶液で処理し、金属アルミニウム等を水酸化物にした後、脱水し、セメントを加えて固型化する方法である。また、請求項2の発明は、前記焼却灰を酸で処理し、金属アルミニウム等をアルミニウム塩とした後、中和して脱水し、セメントを加えて固型化する方法である。さらに、請求項3の発明は、セメントを加えて固型化する際に、重金属イオン固定剤を加える方法である。
しかし、請求項1の発明は、焼却灰をアルカリ水溶液で処理するから、鉛の溶解度がより高くなって鉛が溶出し易くなり、その分、重金属イオン固定剤の添加量が増加してコスト高になると予想される。
また、焼却飛灰は1~40質量%もの未反応の水酸化カルシウムを含むから、前記請求項2の発明では、本来、金属アルミニウム等を塩にする目的で添加した酸の大部分は、目的外の水酸化カルシウムとの反応に消費されるため、多量の酸の添加が必要な場合があり、実用性に乏しいと考える。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、焼却灰に含まれる金属アルミニウムの発泡を抑制するために、焼却灰のpHを低減する焼却灰の処理方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
塩化カルシウム(CaCl2)および/または水酸化塩化カルシウム(CaClOH)と、水酸化カルシウム(Ca(OH)2)とを含み、さらに、金属アルミニウムを含む焼却灰と、水およびセメントとを混合した後、該混合物にさらに塩化カルシウムを添加して、該混合物中の液分のカルシウムイオン濃度が0.7M以上、かつ該液分のpHを11.1~12にする、焼却灰中の金属アルミニウムの発泡抑制方法。

【請求項2】
 
前記pHが11.1~12になった混合物から固液分離して得られた塩化カルシウムを含む液分を、前記塩化カルシウムの全部または一部としてリサイクルする、請求項1に記載の焼却灰中の金属アルミニウムの発泡抑制方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close