Top > Search of Japanese Patents > CHROMATIN STRUCTURE CONTROL AGENT

CHROMATIN STRUCTURE CONTROL AGENT UPDATE_EN

Patent code P160012724
File No. (S2014-0471-N0)
Posted date Jan 27, 2016
Application number P2015-024352
Publication number P2015-164420A
Patent number P6551825
Date of filing Feb 10, 2015
Date of publication of application Sep 17, 2015
Date of registration Jul 12, 2019
Priority data
  • P2014-022956 (Feb 10, 2014) JP
Inventor
  • (In Japanese)川上 浩良
  • (In Japanese)朝山 章一郎
  • (In Japanese)小▲鯖▼ 翔
  • (In Japanese)浅羽 祐太郎
  • (In Japanese)野口 太甫
  • (In Japanese)大内 みさき
  • (In Japanese)草津 舞
Applicant
  • (In Japanese)公立大学法人首都大学東京
Title CHROMATIN STRUCTURE CONTROL AGENT UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a chromatin structure control agent that is excellent in the control ability of a chromatin structure.
SOLUTION: The present invention relates to the chromatin structure control agent that comprises a specific amphoteric polymer, a specific polyanion polymer, or a specific complex carrier. The amphoteric polymer is an amphoteric polymer (for example, ethylenediamine modified polyacrylic acid, maltotetraose modified polyacrylic acid, and the like) that is formed by introducing a cationic group to a part of the carboxyl group terminals in an anionic polymer having a carboxyl group in a side chain. The polyanion polymer is β-CD modified polyanion polymer. The complex carrier is formed by enclosing a vector or an inhibitor in biodegradable polymer particles, and the surface of the biodegradable polymer is coated with cationic polymer. The chromatin structure control agent has the structure which is combined with DNA by the cation present on the surface.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

我々の遺伝情報を担うゲノムDNAは、ヒストンと呼ばれる塩基性タンパク質に巻き付いたクロマチンと呼ばれる構造を取ることにより、10μmの1つの細胞核内に2mものDNAが収納されている。遺伝子発現制御において重要な役割を果たしているクロマチンの高次構造は、ヒストンやDNA修飾により制御されており、ユークロマチンとして知られている凝縮度の低い転写許容領域と、ヘテロクロマチンとして知られている凝縮度の高い転写抑制領域に分別される(図1参照)。

難治性疾患の場合、クロマチン構造の凝縮が観察されるケースが多く、クロマチン構造の弛緩技術を開発することができれば難治性疾患の新たな治療法の提案に繋がる。また、クロマチン構造が弛緩することによりDNAへのアクセシビリティが向上するため、効率的な遺伝子治療や抗がん治療への応用も期待できる。

このような観点から本発明者らは、特許文献1及び非特許文献1において、クロマチン構造を制御し得る高分子化合物について提案してきた。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明はクロマチン構造を弛緩させてDNAやヒストンの修飾・保護を容易にするクロマチン構造制御剤に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
クロマチン構造制御剤であって、以下のi)からiv)
i)ヒストンアセチル化阻害剤;
ii)ヒストン脱アセチル化阻害剤;
iii)ヒストンメチル化阻害剤;および
iv)ヒストン脱メチル化阻害剤;
からなる群より選択される阻害剤、生分解性高分子粒子、カチオン性脂質またはカチオン性高分子、および外来的に発現させる遺伝子を含むDNA、を含む複合体キャリアを含み、
ここで当該複合体キャリアは、当該阻害剤が当該生分解性高分子粒子内に封入されてなり、該生分解性高分子粒子表面がカチオン性脂質またはカチオン性高分子で被覆され、そして該表面に存在するカチオンにより該DNAと複合化される構造を有する、
前記クロマチン構造制御剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close