Top > Search of Japanese Patents > EVALUATION INDEX FOR CULTIVATION PRODUCT OF STEM CELL AND USE OF THE SAME

EVALUATION INDEX FOR CULTIVATION PRODUCT OF STEM CELL AND USE OF THE SAME

Patent code P160012736
File No. S2014-0628-N0
Posted date Jan 28, 2016
Application number P2014-040952
Publication number P2015-166694A
Patent number P6474549
Date of filing Mar 3, 2014
Date of publication of application Sep 24, 2015
Date of registration Feb 8, 2019
Inventor
  • (In Japanese)山本 朗仁
  • (In Japanese)松原 弘記
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人徳島大学
Title EVALUATION INDEX FOR CULTIVATION PRODUCT OF STEM CELL AND USE OF THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an index useful for evaluation of the culture supernatant of a stem cell and the use of it.
SOLUTION: As a method for evaluating the culture supernatant of a stem cell, a measuring process is executed for measuring one type or two or more types of elements selected from a group made up of the following elements of the culture supernatant of the stem cell: a first element which is protein having monocyte chemotactic promoting factor-1 (MCP-1) activity; a second element which is protein having out-of-cell domain activity of sialic acid coupling immunoglobulin lectin-9; and a third element which is at least one type of chondroitin sulfuric acid and chondroitin sulfuric acid proteoglycan. Measuring such elements enables evaluation of usability of the stem cell culture supernatant for therapeutic use.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

幹細胞は種々のサイトカインを産生していることが知られている。例えば、歯髄幹細胞の培養上清は損傷部の治療有用であることが知られている(特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)

本明細書は、幹細胞の培養産物の評価指標及びその利用に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
幹細胞の培養上清の評価方法であって、
幹細胞の培養上清中の以下の成分;
単球走化性促進因子-1(MCP-1)である第1の成分、及び、
シアル酸結合イムノグロブリン様レクチン-9(Siglec-9)の細胞外ドメインである第2の成分
を測定する測定工程、
を備える、評価方法。

【請求項2】
 
前記第1の成分は、配列番号2で表されるアミノ酸配列と90%以上の同一性を有するアミノ酸配列を有する、請求項1に記載の評価方法。

【請求項3】
 
前記第2の成分は、配列番号4で表されるアミノ酸配列と90%以上の同一性を有するアミノ酸配列を有する、請求項1または2に記載の評価方法。

【請求項4】
 
コンドロイチン硫酸及びコンドロイチン硫酸プロテオグリカンの少なくとも一種である第3の成分を測定する工程をさらに含む、請求項1~3のいずれかに記載の評価方法。

【請求項5】
 
前記測定工程は、測定しようとする成分に特異的な抗体を用いて前記成分を測定する工程である、請求項1~4のいずれかに記載の評価方法。

【請求項6】
 
前記幹細胞は歯髄幹細胞である、請求項1~5のいずれかに記載の評価方法。

【請求項7】
 
幹細胞の培養上清のスクリーニング方法であって、
スクリーニング対象である幹細胞の培養上清中の以下の成分;
単球走化性促進因子-1(MCP-1)である第1の成分、及び、
シアル酸結合イムノグロブリン様レクチン-9(Siglec-9)の細胞外ドメインである第2の成分
を測定する測定工程、
を備える、スクリーニング方法。

【請求項8】
 
コンドロイチン硫酸及びコンドロイチン硫酸プロテオグリカンの少なくとも一種である第3の成分を測定する工程をさらに含む、請求項7に記載のスクリーニング方法。

【請求項9】
 
医薬組成物のスクリーニング方法であって、
スクリーニング対象が幹細胞の培養上清であり、前記培養上清中の以下の成分;
単球走化性促進因子-1(MCP-1)である第1の成分、及び、
シアル酸結合イムノグロブリン様レクチン-9(Siglec-9)の細胞外ドメインである第2の成分
を測定する測定工程、
を備える、スクリーニング方法。

【請求項10】
 
コンドロイチン硫酸及びコンドロイチン硫酸プロテオグリカンの少なくとも一種である第3の成分を測定する工程をさらに含む、請求項9に記載のスクリーニング方法。

【請求項11】
 
前記医薬組成物は、炎症性疾患の予防又は治療用である、請求項9または10に記載のスクリーニング方法。

【請求項12】
 
前記医薬組成物は、糖尿病の予防又は治療用である、請求項9または10に記載のスクリーニング方法。

【請求項13】
 
前記医薬組成物は、損傷組織の予防又は治療用である、請求項9または10に記載のスクリーニング方法。

【請求項14】
 
幹細胞の培養上清を有効成分とする医薬組成物の品質評価方法であって、
評価対象が幹細胞の培養上清であり、前記培養上清中の以下の成分;
単球走化性促進因子-1(MCP-1)である第1の成分、及び、
シアル酸結合イムノグロブリン様レクチン-9(Siglec-9)の細胞外ドメインである第2の成分
を測定する測定工程、
を備える、品質評価方法。

【請求項15】
 
コンドロイチン硫酸及びコンドロイチン硫酸プロテオグリカンの少なくとも一種である第3の成分を測定する工程をさらに含む、請求項14に記載の品質評価方法。

【請求項16】
 
前記医薬組成物は、炎症性疾患の予防又は治療用である、請求項14または15に記載の品質評価方法。

【請求項17】
 
前記医薬組成物は、糖尿病の予防又は治療用である、請求項14または15に記載の品質評価方法。

【請求項18】
 
前記医薬組成物は、損傷組織の予防又は治療用である、請求項14または15に記載の品質評価方法。

【請求項19】
 
医薬組成物の生産方法であって、
幹細胞の培養上清につき、以下の成分;
単球走化性促進因子-1(MCP-1)である第1の成分、及び、
シアル酸結合イムノグロブリン様レクチン-9(Siglec-9)の細胞外ドメインである第2の成分
を測定する測定工程と、
前記成分の測定結果に基づいて前記培養上清の品質について評価する工程と、
前記培養上清を有効成分として医薬組成物を生産する工程、
を備える、生産方法。

【請求項20】
 
前記測定工程において、コンドロイチン硫酸及びコンドロイチン硫酸プロテオグリカンの少なくとも一種である第3の成分を測定する工程をさらに含む、請求項19に記載の生産方法。

【請求項21】
 
前記幹細胞が、以下の成分;
単球走化性促進因子-1(MCP-1)である第1の成分、及び
シアル酸結合イムノグロブリン様レクチン-9(Siglec-9)の細胞外ドメインである第2の成分
の発現を増強するように遺伝子改変された形質転換体である、請求項19または20に記載の生産方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close