Top > Search of Japanese Patents > ARYNE POLYMERIZATION METHOD

ARYNE POLYMERIZATION METHOD

Patent code P160012750
File No. S2014-0937-N0
Posted date Feb 5, 2016
Application number P2014-096570
Publication number P2015-214610A
Patent number P6370601
Date of filing May 8, 2014
Date of publication of application Dec 3, 2015
Date of registration Jul 20, 2018
Inventor
  • (In Japanese)内山 真伸
  • (In Japanese)巳上 幸一郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京大学
Title ARYNE POLYMERIZATION METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method of producing polyorthoarene by the polymerization of aryne.
SOLUTION: The present invention provides a method of producing polyorthoarene represented by general formula (3), the method including the step in which a polyorthoaryne compound represented by general formula (1) is polymerized in the presence of at least one catalyst selected from a univalent copper compound, a divalent copper halide compound, a gold compound, zinc cyanide, alkali metal cyanide, and alkaline earth metal cyanide.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

芳香環同士を直接連結してポリマーを合成する技術は求核部位と求電子部位を有するモノマーに触媒を作用させる方法が知られている(非特許文献1~3)。非特許文献4では、重合度が48のオルトフェニレンオリゴマーが報告されているが、従来の技術では芳香環を直接隣接する部分(オルト位)同士で多数連結したポリマーを得ることは困難であった。それは、重合が進行するとともに反応性が低下すること、また重合が逐次的に進行するため分子内反応を抑制することが困難であったことが原因と考えられる。
また、ポリオルトアレーンを得るためのモノマーとしてオルトアラインが候補として考えられるが、重合反応が進行しないことが2005年に報告されていた(非特許文献5)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、アラインの重合によるポリオルトアレーンの製造方法およびポリオルトアレーンに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
次の一般式(1):
【化1】
 
(省略)
〔一般式(1)中、R1はアルキル基、アルコキシ基、アリール基、アリールオキシ基、水素原子、ヒドロキシル基、カルボキシル基、ニトロ基、またはアミノ基を示す。また、各R1はそれぞれ同一であっても、異なっていてもよく、2つのR1は互いに結合して環を形成していてもよい。〕
で表される化合物を、1価銅化合物、2価ハロゲン化銅化合物、金化合物、シアン化亜鉛、シアン化アルカリ金属及びシアン化アルカリ土類金属から選ばれる少なくとも1種の触媒の存在下で重合させることを特徴とする、
一般式(3):
【化2】
 
(省略)
〔一般式(3)中、R1は一般式(1)におけるR1と同じものを示し、R2およびR3はそれぞれ独立に末端基を示し、nは2~1000の整数を示す。〕
で表される重合体の製造方法。

【請求項2】
 
次の一般式(1’):
【化3】
 
(省略)
〔一般式(1’)中、R1はアルキル基、アルコキシ基、アリール基、アリールオキシ基、水素原子、ヒドロキシル基、カルボキシル基、ニトロ基、またはアミノ基を示す。また、各R1はそれぞれ同一であっても、異なっていてもよく、2つのR1は互いに結合して環を形成していてもよい。TMSはトリメチルシリル基を示し、Tfはトリフルオロメチルスルホニル基を示す。〕
で表される化合物に塩基を作用させることにより、一般式(1):
【化4】
 
(省略)
〔一般式(1)中、R1は一般式(1’)中のR1と同じものを示す。〕
で表される化合物を得、これを1価銅化合物、2価ハロゲン化銅化合物、金化合物、シアン化亜鉛、シアン化アルカリ金属及びシアン化アルカリ土類金属から選ばれる少なくとも1種の触媒の存在下で重合させることを特徴とする、一般式(3):
【化5】
 
(省略)
〔一般式(3)中、R1は一般式(1’)におけるR1と同じものを示し、R2およびR3はそれぞれ独立に末端基を示し、nは2~1000の整数を示す。〕
で表される重合体の製造方法。

【請求項3】
 
1価銅化合物触媒が、次の一般式(2):
CuX (2)
〔一般式(2)中、Xはハロゲン化物イオン、シアン化物イオン、または1価炭化水素基を示す。〕
で表されるものである請求項1又は2記載の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)東京大学TLOでは、東京大学における知的財産の管理・運営を行なっています。上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close