Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)調光素子の調光方法

(In Japanese)調光素子の調光方法

Patent code P160012768
File No. (S2012-0767-N0)
Posted date Feb 10, 2016
Application number P2014-518678
Patent number P6256881
Date of filing May 28, 2013
Date of registration Dec 15, 2017
International application number JP2013064761
International publication number WO2013180125
Date of international filing May 28, 2013
Date of international publication Dec 5, 2013
Priority data
  • P2012-120501 (May 28, 2012) JP
Inventor
  • (In Japanese)小林 範久
  • (In Japanese)坪井 彩子
  • (In Japanese)中村 一希
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人千葉大学
Title (In Japanese)調光素子の調光方法
Abstract (In Japanese)透過型でも使用が可能であり、高いコントラスト比を可能としる高品質な鏡状態を有し、更に、多色表示を可能とする調光素子の調光方法を提供する。このため本発明に係る調光素子の調光方法は、一対の基板と、一対の基板の対向する面に形成される一対の電極と、一対の電極の間に挟持され、銀を含むエレクトロクロミック材料及びメディエータを含む電解質層と、を有する調光素子に対し、一対の電極間に印加する印加電圧を、一の調光期間において変化させる。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

透過する光量を調節する素子は、例えば表示装置、調光フィルタ等として現在市販されている。

テレビやパソコンモニタ、携帯電話ディスプレイを始めとした情報を表示するための装置(表示装置)は、近年の情報化社会において欠かすことのできない装置である。また、外部から入射する光量を調節する調光フィルタ、防眩ミラー等の調光装置は、屋内、車、航空機等の空間において、外部からの光を調節することができるためカーテン等と同様の効果を有し、生活において非常に役立つものである。

上記のうち、表示装置の表示方式は、一般に反射型、透過型、発光型の3つに大きく分けることができる。表示装置を製造する者は、表示装置の製造において、表示装置の置かれる環境を想定して好ましい表示方式を選択するのが一般的である。

ところで近年の表示装置の小型化、薄膜化により表示装置の携帯性が向上し、様々な明るさの環境に携帯移動して表示装置を使用する機会が非常に多くなってきており、ユーザーのニーズも多様化してきている。表示装置のモードとして、例えば、明暗の表示だけでなく、表示画面を鏡面状態にするニーズ等も求められてきている。この点は、調光フィルタ等においても同様である。

公知の技術として、例えば、下記特許文献1には、一対の基板の一方にミラー層が形成されているエレクトロクロミックミラーが開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、調光素子の調光方法に関し、より詳細には、エレクトロクロミック材料を含み、エレクトロクロミック材料の光物性を変化させることで調光する素子、例えばディスプレイなどの表示装置、外部から入射する光量を調節する調光フィルタ、防眩ミラー等の調光方法に好適なものに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一対の基板と、
前記一対の基板の対向する面に形成される、一方がナノオーダーの凹凸のある透明導電性粒子修飾電極であり、他方の一方が平滑な透明電極である一対の電極と、
前記一対の電極の間に挟持され、銀を含むエレクトロクロミック材料及び銅(II)イオンを含むメディエータを含む電解質層と、を有する調光素子に対し、
前記一対の電極間に印加する印加電圧を、一の調光期間において一定の電圧を印加することで、前記銀を前記平滑な透明電極上に形成した鏡状態、又は、前記銀を前記凹凸のある透明導電性粒子修飾電極上に形成した黒状態を実現し、
前記一対の電極間に印加する印加電圧を、一の調光期間において変化させて印加させることで、前記銀を平滑な透明電極上に一定の大きさで揃わせて形成して着色状態を実現し、かつ、調光期間毎に、一の調光期間において印加電圧を段階的に変化させ、前記電極に析出する銀の微粒子径を異ならせて表示させる色を異ならせ、
前記一対の電極間の印加電圧を解除することで、前記銀を銀イオンとして前記電解質層に溶解させることで透明状態を実現する調光素子の調光方法。

【請求項2】
 
前記調光素子の前記凹凸のある透明電極は、最大高さと最小高さの差が100nm以上500nm以下の範囲にある請求項1記載の調光素子の調光方法。

【請求項3】
 
前記調光素子の前記凹凸のある透明電極は、触針式による表面粗さが、50nm以上400nm以下の範囲にある請求項1記載の調光素子の調光方法。

【請求項4】
 
前記調光素子の前記メディエータの銅(II)イオンのモル濃度は、前記エレクトロクロミック材料の銀イオンのモル濃度を10とした場合、1以上3以下の範囲である請求項1記載の調光素子の調光方法。

【請求項5】
 
前記調光素子の前記電解質は、前記電解質層に含まれる前記エレクトロクロミック材料のモル濃度の3倍以上6倍以下の範囲である請求項1記載の調光素子の調光方法。

【請求項6】
 
前記調光素子の前記電解質は、増粘剤を含む請求項1記載の調光素子の調光方法。

【請求項7】
 
前記調光素子の前記凹凸のある透明電極は、ITO、IZO、SnO2及びZnOの少なくともいずれかを含む請求項1記載の調光素子の調光方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014518678thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close