Top > Search of Japanese Patents > POROUS CARBON MATERIAL AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

POROUS CARBON MATERIAL AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME UPDATE_EN meetings

Patent code P160012781
File No. P14-039
Posted date Feb 17, 2016
Application number P2015-045093
Publication number P2016-164107A
Patent number P6551827
Date of filing Mar 6, 2015
Date of publication of application Sep 8, 2016
Date of registration Jul 12, 2019
Inventor
  • (In Japanese)生越 友樹
  • (In Japanese)吉越 久美子
  • (In Japanese)山岸 忠明
  • (In Japanese)西原 洋知
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
  • (In Japanese)国立大学法人東北大学
Title POROUS CARBON MATERIAL AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME UPDATE_EN meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing a porous carbon material that can produce a porous carbon material whose pore size is controlled by a simpler technique and to provide a porous carbon material.
SOLUTION: The method for producing a porous carbon material has a calcination step of calcinating either one product of a product X produced by oxidizing a pillararene A including a repeating unit represented by formula (1) and a product Y produced by mixing a pillararene A including a repeating unit represented by formula (1) and a pillararene B including a repeating unit represented by formula (2) to produce a porous carbon material. (in formula (1), RAs each independently represent a hydrogen atom or an alkyl group which may have a substituent.)
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

炭素材料は、優れた耐熱性や高温強度を有し、導電性および化学的安定性も高く、各種工業材料として使用されている。特に、炭素材料を多孔質化した多孔質炭素材料は軽量であり、フィルター、断熱材または電気化学的工業用部材などとして有用されている。
多孔質炭素材料の製造方法としては種々の方法が提案されているが、例えば、特許文献1においては、ゼオライトなどの多孔質材料を鋳型として用いて多孔質炭素材料を合成する方法が報告されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、多孔質炭素材料およびその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
式(3)で表されるピラーアレーンを酸化して得られる生成物Xを焼成して、多孔質炭素材料を得る焼成工程を有する、多孔質炭素材料の製造方法であって、
前記生成物Xが、式(5)で表される化合物を含む、多孔質炭素材料の製造方法。
【化1】
 
(省略)
(式(3)中、RAは、水素原子を表す。wは、5または6を表す。)
【化2】
 
(省略)
(pは、5または6を表し、qは、pより小さく、かつ、0超6.0未満を表す。)

【請求項2】
 
炭素原子の含有量が90質量%以上であり、
モレキュラープローブ法により得られる細孔径分布曲線において、最大ピークを示す細孔径が0.3~2.0nmであり、ピーク半値幅が0.1nm以下である、多孔質炭素材料であって、
ファイバー状であり、
ラマン散乱分光測定を行った際に、200~500cm-1の領域にピークを示す、多孔質炭素材料。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close