Top > Search of Japanese Patents > CROSS-MODAL PERCEPTION ANALYSIS SYSTEM, PRESENTATION INFORMATION DETERMINATION SYSTEM, INFORMATION PRESENTATION SYSTEM, CROSS-MODAL PERCEPTION ANALYSIS PROGRAM, PRESENTATION INFORMATION DETERMINATION PROGRAM, AND INFORMATION PRESENTATION PROGRAM

CROSS-MODAL PERCEPTION ANALYSIS SYSTEM, PRESENTATION INFORMATION DETERMINATION SYSTEM, INFORMATION PRESENTATION SYSTEM, CROSS-MODAL PERCEPTION ANALYSIS PROGRAM, PRESENTATION INFORMATION DETERMINATION PROGRAM, AND INFORMATION PRESENTATION PROGRAM UPDATE_EN

Patent code P160012797
File No. S2015-1784-N0
Posted date Feb 24, 2016
Application number P2015-139322
Publication number P2017-021613A
Patent number P6656570
Date of filing Jul 13, 2015
Date of publication of application Jan 26, 2017
Date of registration Feb 7, 2020
Inventor
  • (In Japanese)蔡 東生
  • (In Japanese)浅井 信▲吉▼
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人筑波大学
  • (In Japanese)公立大学法人会津大学
Title CROSS-MODAL PERCEPTION ANALYSIS SYSTEM, PRESENTATION INFORMATION DETERMINATION SYSTEM, INFORMATION PRESENTATION SYSTEM, CROSS-MODAL PERCEPTION ANALYSIS PROGRAM, PRESENTATION INFORMATION DETERMINATION PROGRAM, AND INFORMATION PRESENTATION PROGRAM UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technology to quantitatively analyze perception of a user, and specify and present information according to the perception of the user.
SOLUTION: A cross-modal data storage part 11 stores cross-modal data formed by associating a first perception value relating to a first-type perception with perception value distribution information indicating a state of distribution of a plurality of second perception values relating to a second-type perception, which generates synesthesia with the first-type perception. A behavior information acquisition part 12 acquires behavior information of a user, the behavior information including information indicating the perception value relating to the second-type perception. A behavior analysis part 13 obtains, from the behavior information, user perception value distribution information indicating a state of distribution of the second perception values. A cross-modal data specification part 14 compares the perception value distribution information with the user perception value distribution information to specify, as user cross-modal data, cross-modal data suitable to the behavior information.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、インターネットを介したニュース等の情報の閲覧やショッピングの場面において、情報の提供者が利用者の興味を推定して、情報を提示することが行われている。例えば、協調性フィルタリング技術では、閲覧履歴が利用者の嗜好を反映していると考え、利用者の閲覧履歴と類似する閲覧履歴を有する他の利用者の嗜好に基づいて、提示する情報を決定している。

また、利用者に提示する情報を選択する際に、利用者の感性等を用いる提案も行われている。例えば、特許文献1の技術では、利用者に対して質問を行い、それに対する回答に基づいて利用者の感性グループを判定し、その感性グループに応じた情報を提供している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、利用者の感覚をクロスモーダルに分析する技術および利用者の感覚に応じた情報を特定し、提示する技術に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
第1種別の感覚に関する第1感覚値と、当該第1感覚値との間で共感覚を生じる第2種別の感覚に関する複数の第2感覚値の分布状態を示す感覚値分布情報と、を関連付けたクロスモーダルデータを記憶するクロスモーダルデータ記憶部と、
前記第2感覚値を示す情報を含む、利用者の行動情報を取得する行動情報取得部と、
複数の前記行動情報の各々ら前記第2感覚値を取得し、複数の当該第2感覚値の分布状態を示す利用者感覚値分布情報を求める行動解析部と、
前記感覚値分布情報と前記利用者感覚値分布情報とを比較することにより、前記行動情報に適合する前記クロスモーダルデータを利用者クロスモーダルデータとして特定するクロスモーダルデータ特定部と、を備えたクロスモーダル感覚分析システム。

【請求項2】
 
請求項1記載のクロスモーダル感覚分析システムと、
複数の提示候補情報を複数のカテゴリの少なくともいずれかに分類して記憶するとともに、当該カテゴリ毎に、各々のカテゴリに分類された当該提示候補情報に対して、当該提示候補情報の各々から取得された前記第2感覚値の分布状態を、当該カテゴリの提示情報カテゴリ感覚値分布情報として、関連付けた提示情報カテゴリデータを記憶する提示情報記憶部と、
前記利用者クロスモーダルデータの前記感覚値分布情報と前記提示情報カテゴリ感覚値分布情報とを比較することにより、前記利用者への提示情報として利用する前記提示情報カテゴリデータを決定する提示情報決定部と、を備えた提示情報決定システム。

【請求項3】
 
前記第2種別の感覚は色に関する感覚であり、
前記提示候補情報は画像データを含み、
請求項2記載の提示情報決定システムと、
前記画像データに対して前記利用者クロスモーダルデータに応じた画像処理を施す画像処理部と、
表示装置と、
画像処理が施された前記画像データを含む前記提示候補情報を前記表示装置に表示させる表示制御部と、を備えた情報提示システム。

【請求項4】
 
第1種別の感覚に関する第1感覚値と、当該第1感覚値との間で共感覚を生じる第2種別の感覚に関する複数の第2感覚値の分布状態を示す感覚値分布情報と、を関連付けたクロスモーダルデータを記憶するクロスモーダルデータ記憶部から情報を取得するクロスモーダルデータ取得機能と、
前記第2感覚値を示す情報を含む、利用者の行動情報を取得する行動情報取得機能と、
複数の前記行動情報の各々ら前記第2感覚値を取得し、複数の当該第2感覚値の分布状態を示す利用者感覚値分布情報を求める行動解析機能と、
前記感覚値分布情報と、前記利用者感覚値分布情報と、を比較することにより、前記行動情報に適合する前記クロスモーダルデータを利用者クロスモーダルデータとして特定するクロスモーダルデータ特定機能と、をコンピュータに実現させるクロスモーダル感覚分析プログラム。

【請求項5】
 
複数の提示候補情報を複数のカテゴリの少なくともいずれかに分類して記憶するとともに、当該カテゴリ毎に、各々のカテゴリに分類された当該提示候補情報に対して、当該提示候補情報の各々から取得された前記第2感覚値の分布状態を、当該カテゴリの提示情報カテゴリ感覚値分布情報として、関連付けた提示情報カテゴリデータを記憶する提示情報記憶部から情報を取得する提示情報取得機能と、
請求項4記載のクロスモーダル感覚分析プログラムによって特定された前記利用者クロスモーダルデータの前記感覚値分布情報と、前記提示情報カテゴリ感覚値分布情報と、を比較することにより、前記利用者への提示情報として利用する前記提示情報カテゴリデータを決定する提示情報決定部機能と、をコンピュータに実現させる提示情報決定プログラム。

【請求項6】
 
請求項5記載の提示情報決定プログラムによって決定された前記提示情報カテゴリデータに基づいて利用者に情報を提示する情報提示プログラムであって、
前記第2種別の感覚は色に関する感覚であり、
前記提示候補情報は画像データを含み、
前記画像データに対して前記利用者クロスモーダルデータに応じた画像処理を施す画像処理機能と、
画像処理が施された前記画像データを含む前記提示候補情報を表示装置に表示させる表示制御機能と、をコンピュータに実現させる情報提示プログラム。
IPC(International Patent Classification)
  • G06F  16/906   
  • G06F  16/908   
  • G06F  16/90    
  • G06Q  50/10      Services
F-term
  • 5L049CC20
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015139322thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close